月刊IBは福岡の中洲・大名・天神・博多を中心に発行しているフリーペーパー。福岡求人star(スター)も近日オープン

Fukuoka City Area Information
カバーアーティスト

MTV ZUSHI FES13にN.O.B.U!!!の出演が決定!!/N.O.B.U!!!

MTV ZUSHI FES13にN.O.B.U!!!の出演が決定!!

「MTV ZUSHI FES 13 supported by RIVIERA」

■開催日時 : 8月9日(金)~8月11日(日)
■時間 : 10:30開場 / 12:00開演(予定)
■会場 : 神奈川・リビエラ逗子マリーナ特設会場(逗子市小坪5-23-16)
■出演者第一弾発表 : AMIAYA、 CREAM、 平井大、 加藤ミリヤ、 N.O.B.U!!!、 清水翔太
その他、最新情報はオフィシャルホームページで随時更新中!

ー気付けばつい口ずさんでしまう…そんな、夏が待ち遠しくなるような今作ですが、どんな経緯で誕生したのですか?
「フライパン」を「ライブハウス、クラブ」と置き換え、例えばフライパンで作るチャーハンは様々な具材がありそれを熱く炒めて一つの物を作り上げると言うのを夏のLIVEに置き換え制作しました。

ータイトルに「フライパン」と付けたのはどこから?
分かりやすく、誰も使ってなさそうだったので思い切って。(笑)
ー面白さもあるキャッチーな言葉達がすごく印象的です。サビの部分に強いインパクトがあるし、覚えやすくもあるし。どこからできていったんですか?
まずはTrack(バックの音楽)からでき、サビを中心に閃くまま歌詞にしました。

ー今作は多くのジャンルの要素を取り入れた楽曲との事で、すごく新鮮味を感じました。制作の面で苦労した事はありましたか?
僕の音楽の原点は「Rock」であり、そのRockに今の自分の音楽スタイルを融合したい気持ちから始まりビートの音色やリズムの移り変わりなど完成までに悩みに悩みを重ねました。

ーでは、ゲスト参加曲は、どういういきさつで作ることに?
featの「Matt Cab」君とは3年以上前からプライベートでも仲良くさせて頂いており前々から一緒に楽曲制作したいですねって話からやっと実現しました。

ー私が初めてLIVEを見たのは四年前だったのですが、会場の皆を巻き込むパワーに圧倒されたのを今でも覚えてます。N.O.B.U!!!君自身がオーディエンスと一緒に楽しむ事を目指している理由は?
音楽で必ず皆が一つになれる。それを証明したいからです。

ーN.O.B.U!!!君の歌は、世代も性別も問わず届くようなものだと思うんですが、そういったことも意識してますか?
もちろんです。音楽とはその言葉をメロディーに乗せてより輝かせる手段だと思っていますので年代を絞らず老若男女の一人一人の皆様の耳から心へ。

ー現在も精力的に活動されていますが、N.O.B.U!!!君の原動力といいますか、エネルギーはどこにあるのでしょう?
音楽をしてる瞬間の自分自身です。音楽そのものが僕を強くしてくれるんです。

ー今作のリリース待っているファンの皆さんに、どんなふうに届けたいですか?
ただただ自然体の心でこの楽曲を聴いて頂きたいです。普段の生活の中で歌詞の中に必ず通ずる場面場面があると思いますのでとにかくN.O.B.U!!!LIVEに来て共にこの歌で弾け飛びたいです。

ー今作を含め、まだまだN.O.B.U!!!君の引き出しにはいろんなスタイルがありそうですね!
まだまだ見せてないN.O.B.U!!!Musicの顔がありますので乞うご期待を。

ー最後に、今後の活動に向けてひと言お願いします。
N.O.B.U!!!と申します。これからも何も変わらず自身のスタイルN.O.B.U!!!Musicを貫きREALな感情を音楽で表現して参りますので、一緒に音楽と共に最高の人生を!!!
1988年生まれ、宮崎県小林市出身のシンガーソングライターN.O.B.U!!! 5歳からピアノを習い始め、1997年に兄弟とバンドを結成。まだ9歳だった彼はドラムを担当。その後バンド活動を続ける一方で14歳から作詞作曲をはじめ、18歳の時にバンドは解散し、ソロのシンガーソングライターとしての活動を開始。2008年には若手の登竜門として知られる真夏のライブオーディション「閃 光(せんこう)ライオット」に九州代表としてファイナルステージに参加。2012年 アルバム「POWER TO THE PEOPLE!!!」でメジャーデビュー。ライブではDJセッ トに加えて、アコースティックギターやピアノの弾き語り、時にはバンド編成を組んだりとバラエティに富んだ構成で、どんなステージでもオーディエンスといっしょに楽しめる事を目指している。

N.O.B.U !!! Official HP ▶ www.nobumusic.com
Facebook ▶ www.facebook.com/nobumiyazaki
twitter ▶ twitter.com/nobu_miyazaki
ブログ ▶ ameblo.jp/nobupeacemusic