福岡求人情報誌STAR(スター)。音楽や映画などのエンタメ情報や、読者インスタ情報なども掲載。福岡中洲求人を中心に、天神エリア求人や熊本エリア求人・キャバクラ求人・チャット求人・ホスト求人・BAR求人などを掲載

インタビュー!

アーティストのインタビューをご紹介

Cyntia「WOMAN」SPECIAL INTERVIEW!!

Cyntia「WOMAN」SPECIAL INTERVIEW!!

日本の新たなロックシーンを切り開くガールズバンドCyntiaがNEW ALBUMをリリース!3/13には LIVE TOUR 2015「PRETTY WOMAN」開催決定!!

ー前作「Limit Break」から1年ぶりとなる4枚目のアルバム「WOMAN」がリリースされますが、音が完成した時の手応えはいかがでしたか?

SAKI以下S/毎回アルバムを作り終えたときは達成感を感じているんですけど、今回は特にメンバーのやりきった感を感じました。
それというのも、今回のアルバムはバンド的に挑戦だったんです。音楽的にガラッと変化したので、作り上げていく過程で「コレ本当にアルバムになるのかな?」という不安もあったんですけど、プロデューサーのシライシ沙トリさんが「完成形というのは創っていけば分かるものだから、最初から完成形を求めなくていいんだよ。」と言って下さって、メンバーも心を落ち着かせる事ができたものあり、最後までやりきる事が出来ましたね。今はとても充実した気持ちです。

―収録曲をCyntiaの皆さんが手掛け、11曲のうち8曲をSAKIさんが作詞されていますが、どういった環境の中で作詞されるんですか?ふと思いついてメモを取ったり?それともデスクに向かってガーット書いたり?

S/基本的には歌詞は一人で書きたい方です。日常の中でこの言葉キレイとか、この言葉面白いなというものは常にメモしていて、いざ歌詞を書く際にメモから引っ張り出したりしてますね。

―時間も結構かかるものですよね?

S/ほんとまばらですね。今作の「リックリリック」は最短で1時間半で書けたんですけど、他の歌詞はシライシさんと何度もやり直ししているので何日もかかった曲もあります。意外と、「リックリリック」みたいに遊べる曲で何のテーマも与えられず好きに書いていいよって言われて、思うままに書いたら褒めて頂いたりして自由に書くのもいいなって発見もあったり。

―歌詞を書いてる際に頭がパンクしそうになったりしないですか?

S/全然ありますよ!部屋の中グチャグチャにしては、直したり。(笑)

―メンバーの皆の意見を参考にしたりしますか?

S/今回バンド名義になっている曲はベーシックは私が書いて、その中にメンバーの意見を取り入れたりしましたね。
Cyntiaには作曲出来るメンバーが3人いるんですけど、それぞれ歌詞のオーダーも違うので難しい部分もありますね。

ー今作はORANGE RANGE、SCANDALなどを手掛けるシライシ沙トリさんをプロデューサーに迎えていますが、この組み合わせが実現した経緯を教えて下さい。

S/今までの何作かは清水昭雄さんというギターリストの方にお願いしていたんですけど、その清水サンとシライシさんがユニット
を組んでいてその関係でシライシさんを知りました。メンバーともプロデューサーを誰にお願いしようかと悩んでいた時に、シライシさんは私たちが信頼している清水さんと一緒にやっている方だった事や、ポップス・EDMサウンド・バンドサウンドまで何でも出来る方というのが魅力的で、お願いしました。

―制作中で大変だった事は?

S/バンドは基本的に他の楽器を録り終わってからボーカルがレコーディングする事が多いと思うんですけど、今回のレコーディングは違って、
最初メンバーが上げたデモがあって、アレンジも加わってない状態から私が本気で歌入れを何回も繰り返すっていう。
その後ギターが入ったら私が歌って、ベースが入ったら私が歌って、キーボードが入ったら私が歌って、みたいな感じで何回も歌を録る事が大変でもあり、勉強にもなりました。これはCyintia的には初めての試みだったので、各々のパートを何回もやり直したりした事が大変な事でしたね。

―製作期間はどれくらいだったのでしょうか?

S/アルバムコンセプトを考えていたのは去年の夏あたりだったんですけど、具体的にレコーディングにはいったのが去年の11月、12月とかだったので
丸々2ヶ月くらいですね。

―特に思い入れのある曲と理由を聞かせて頂けますか?

S/難しいですね。一番は選べないんですけど、制作中のエピソードとして、タイトルになっている曲「WOMAN」のレコーディングの際に歌詞がなかなか決まらなくて私も迷って書いていたんですけど、最後に自分でガラッと変えてレコーディングの当日に持って行ったんです。
OKになるかも分からないし、書き直しって言われる可能性もあったんですけど・・・。
この曲はキーボードのAYANOの曲なんですけど、持っていった歌詞をみて、「これまさに今日あった事なんだよね。ビックリした。」って言われて。
AYANOのその出来事と歌詞がリンクする部分があるのでAYANOもシンパシーを感じていて。そのおかげでレコーディングはすごく燃えました。

―リカットシングルとして発売された「暁の華」ですが、アニメ「暁のヨナ」の新オープニングテーマ曲ともなっていますよね。この曲はどういった曲に仕上がりましたか?

S/これはベースのAZUの曲で、別の歌詞を書いていたんですが、途中でタイアップが決まったんです。
「暁のヨナ」の監督さんが気に入って下さっていると聞いてとても光栄でした。
私自身「暁のヨナ」の単行本も読んでいたので、アニメのあらすじを読んでいるような歌詞を書きたいなと思いました。そして、「WOMAN」に入る曲だから
女性が成長していく過程を「暁のヨナ」とリンクさせたいと思って出来上がった曲です。

―SAKIさんが影響を受けたアーティストはいますか?

―私はもともとアイドルをしていて、大学卒業の年齢になる時に全部辞めてOLになろうとしてたんです。最後に女性編成のロックバンドのオーディションがあるのを聞いて、思い出作りにダメもとで受けて今に至るんですが、それまではCDショップに行って1位~30位までのJ-POPランキングをレンタルしてMDに入れて聴くみたいな生活をしていたので、オーディションを受ける事になってロックとは何だろう?と思ってyoutubeなどで勉強しようと思ったんです。
最初にSHOW-YAさんという女性のハードロックの方々の映像を観たんです。当時の映像なので私が生まれた頃くらいなので随分と前なのにすごく新しく感じました。ガールズロックバンドって、かわいい女の子達がPOPな曲をやってるってイメージだったんですが、SHOW-YAさんは男性顔負けの骨太の音でかっこいい女性が歌ってるのが衝撃的で「このバンドかっこいい!」と思いました。そしてオーディションに行ったら、課題曲がSHOW-YAさんの曲だったんです!運命を感じました。それからSHOW-YAさんのCDやDVDを自分で集めてCyintiaをやっていくくうちに共演もさせて頂いて。SHOW-YAさん主催のイベントにも呼んで頂けるようになって、今とても幸せですし、尊敬しています。

―常に挑戦し続けてSAKIさんの原動力になっているものはなんでしょう?

S/メンバー皆、自分のやりたい事に嘘をつきたくないんだと思います。例えばバンドが音楽性を変える事ってリスクを伴うし、賛否両論あると思うんですけど、
私たちはアルバムから次のアルバムまで1年あったとして、誰しも1年あったら色んな音楽に出会って泣いたり笑ったりして生きていると思うんです。
だから、1年の中で絶対変わるものってあると思うんです。そしてそれを表現するのが私たちの役割なんだと思っています。せっかく何かを発信出来る仕事をしているんだから自分の影響を受けたものをエゴでもいいから出して行こうってメンバーと話ました。自分たちに素直でいたくて、常に挑戦する事を諦めない姿勢でいようって。


―来月からスタートされるツアーですが、意気込みを聞かせて頂けますか?

S/「WOMAN」を引っ提げての「PRETTY WOMAN TOUR」ですが、アルバムを創る時ってLIVE を想定して創っているので今回お客さん達がどういうノリをしてくれるか楽しみです。
今回は自然と体が動くようなコンセプトで曲を作っているので今までとは違うショーになると思うし、皆が笑顔になれるような空間をつくれるよう私たちもリハーサルを頑張っています。絶対に後悔するようなライブにはしないので是非遊びに来てほしいと思います。

―今作「WOMAN」をリスナーにどう楽しんでほしいですか?

S/難しいことを考えず聴いてほしいです。今私たちが表したい事を表現したアルバムなので私たちは今までやってきた事を何も捨てたつもりはないし、
全部が一本の道になっていて、全部私たちで。1年後に私たちが何を表現したいか、何を表現しているかは誰にも分からない。
”イマ”を全て詰め込んだのが「WOMAN」なので、ただ、何も考えず、聴いてほしいですね。

―最後に。福岡のファンへメッセージをお願いします。

S/福岡は3月13にライブをさせて頂くんですが、今まで一度も福岡でライブをした事がないんです。
私たちメンバーもドキドキしていますが、絶対に後悔させないし、笑顔にさせるライブをするので同じ時間を共有する為に遊びに来て貰えると嬉しいです。
Cyintia PLOFILE
Dr. KANOKO、Gt. YUIを中心に結成。2011年4月インディーズレーベル【SPINNING - スピニング】からシングル「Run To The Future」をリリースし、タワーレコード渋谷 Be-1にてバンド初ライブを敢行。直後にベースAIRIが体調不良で脱退。1stアルバム「Endless  World」をリリースし、表参道GROUNDでの3カ月連続ライブはソールドアウトとなる。サポートメンバーとして参加していた元LAZYgunsBRISKYのベーシストAZUを正式メンバーとして迎え、新生Cyntiaがスタート。
音楽専門誌の『Player』読者人気投票の【BEST NEW ARTIST部門】で1位、『BURRN!』では【BRIGHTEST HOPE】部門でCHAMPIONを獲得。2013年1月のKARA東京ドーム公演でバックバンド(Gt:YUI、Ba:AZU、Dr:KANOKO、Key:AYANO)に大抜擢され、5万人を前に熱演。
3月20日セカンド・アルバム「Lady Made」でビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。
スタジアムロックを髣髴させるスケール感とキャッチーなメロディ、そしてVo. SAKIの描く独特な詞世界感。そして、圧巻の楽器プレイで客席を一体にするライブパフォーマンスは必見。日本の新たなロックシーンを切り開くガールズバンド。

CD詳細
NOW ON SALE
「WOMAN」
【通常盤】
価格2,800円(+TAX)
<CD収録曲>※通常・初回A・B全て共通
1. 暁の華
2. Woman
3. シニシズム
4. chapter/1
5. 君がいない世界
6. KISS KISS KISS
7. GIRL to WOMAN -prologue-
8. lucky☆star
9. 勝利の花束を-gonna gonna be hot!-
10. letter
11. リックリリック

テレビアニメ「暁のヨナ」オープニングテーマ「暁の華」をアルバム
「WOMAN」からのシングルカットとしてアニメジャケット盤でリリース!
NEW SINGLE「暁の華」
価格1,000(+TAX)
<収録曲>
1,暁の華<TV edit>
2.lucky☆star

  • ジャパン整体アカデミー
  • マッスルスリム
  • 三愛システム

Copyright © 福岡フリーペーパーSTAR. All Rights Reserved.