福岡求人情報誌STAR(スター)。音楽や映画などのエンタメ情報や、読者インスタ情報なども掲載。福岡中洲求人を中心に、天神エリア求人や熊本エリア求人・キャバクラ求人・チャット求人・ホスト求人・BAR求人などを掲載

インタビュー!

アーティストのインタビューをご紹介

ザンハオ完全復活の4thアルバム解禁! 止まった秒針が再び動き出す。

ザンハオ完全復活の4thアルバム解禁! 止まった秒針が再び動き出す。

長ぇ眠りから今目が覚めたぜMy bro.―
言わずと知れた九州、シタキリナインからの刺客、ザンハオ完全復活の4thアルバム
解禁!止まった秒針が再び動き出す・・・

―リリースおめでとうございます。前作「DYING MESSAGE」から約2年半ぶりのリリースになりますが、このタイミングでリリースしようと思ったきっかけはなんでしょうか?

あざす。
きっかけというよりは、伝えたい事を描写した楽曲が出来たのが今。ってだけかな。
創作したい、と創作しなければならない、とはとてつもなく大きな違いがあるやん?
しばらく頭の中がぐっちゃぐちゃで整理出来てなかった。
ノートに向かってペンをとる事にも嫌気が差して、まあ、クソほど酒も飲んだよ。笑


―リリースまでの2年半はご自身にとって、どんな期間でしたか?

今までの人生の中でも特に濃いかったね。
なかなか負の連鎖を断ち切れんやった。現実の厳しさを痛感した時間やったね。
だから、次の制作をしよう。と決めて書き始めた歌というよりは、体験した様々な出来事を日記のように綴って完成したアルバムになったかな。


―今作のタイトルに「REVIVAL」と名付けた由来を教えて下さい。

まさに、復活、再生やね。
無気力な日々の中で朝から晩までスロットのレバーを叩きながら痛感したよ。
ああ、俺のいるべき場所はここじゃない、音楽シーンなんだな。って。
本当に沢山の喜劇や悲劇を経て俺が伝えるべき事が明確になってきた。
人間は失敗を重ねる生き物、そして成長する生き物って事。
こんな社会のクズ野郎だからこそSTREET LIFEに根付いた喜びや苦悩を代弁出来るんじゃねえかな。
全ての経験に感謝して、また俺のクソなSHOWをみんなに届けるよ。
一人の不器用な男の失敗だらけの人生を感じてくれ。笑

―制作の全てを福岡で行われていますが、これはどういった想いから?

今までは俺自身のステップアップや経験、全国への更なる露出を常に意識してきた。
それが、この九州のシーンにおいて俺が出来る事の一つだという事を信じて自負してきたから。そんな中、この福岡に根付いて着実にスキルを磨いてるクリエイター達との新たな出会いもあり、現地点のレベルがどうではなくて、一緒に経験を積んで全国に、そして世界に福岡、九州ヤベーだろ?って、一つのカルチャーとして認めさせたいて想いが強くなったね。それが俺たちの本来のスタイルやけんさ。
まずは、少なからず全国に名前を売った事は今になって活かされたと思ってるよ。


―「CHAOS」のMVはまるで映画のワンシーンのようですね。今だから話せる撮影でのエピソードなどあれば聞かせてもらえますか?

前記事のクリエイターの話に続くんやけど、今回依頼した撮影会社はワンダーランドって会社で初めての仕事やったんやけど、まずは俺のこの独特な世界観をどう理解してもらうか、って所からの話し合いね。当然、これまでの人生で見てきた物も感じてきた物も趣味嗜好も価値観も全然違うわけやから、そこが一番大変。撮影側は撮影側の戦ってる場所がある、俺も俺の戦ってる場所がある。両者、全く譲らんでさ。笑
壮絶な話し合いの結果、MVを別バージョンで2パターン作るって事で互いに合意したよ。もう、まさに個性と個性のケンカね。笑
監督達が自分の作品のように主張し意思を貫くその姿に、これは俺個人だけの作品ではなくて関わったみんなの作品なんだって事を改めて学べた。チームとして今後もお願いしたいと思ってます。


―ご自身的に今作で特にお気に入りのリリックを教えて頂けますか?

小悪魔みてえなネイルでまさぐる俺のスネーク。笑


―改めて、今作を作っての手応えはいかがですか?

めちゃめちゃ手応え感じとうね。
前作に比べてもスキルアップしとう事は自分で聴いてても明確やし、音源制作全般を請け負ってくれたSTSスタジオの協力により、何よりずっとやりたかったギターサウンド等を生音に差し替えたりバンドスタイルでMVを撮る事も出来た。もう、すでに次の創作意欲に溢れとうよ。2年半の長い眠りは何一つ無駄じゃなかったね。


―今作をリリースし、改めて活動を続けていくにあたって、意識の変化などはありまし
たか?

意識も何もかも大きく変わったね。最近の俺の流行語は全部やべー。やけん。
なんかこれまでの活動や人間関係も全部繋がった気がしてさ、酒の席では、もはやサビのように会話の節々で言いよるよ。笑 人にはそれまでの人生で積んだ経験がある。俺が半生において積んできた経験は公私共に間違いなくこの音楽やけん、
それを活かせる場所がここには沢山あるって事に感謝。


―最後に、リリースを待っていたファンへメッセージを頂けますか?

本当、待たせたね。
そのベッタベッタに付着した先走り液に応えるアルバムが完成したけんさ、是非チェックしてくれ!そして、アルバム「REVIVAL」ツアーも九州を中心に現在計画中!
現場でパーティーを一緒に楽しもうZ!YouTubeだけで満足するオナニー野郎じゃつまらんゾ!あと、FM FUKUOKA 80.7MHzにて毎週月曜深夜1時から、「ザンハオの廃車置き場のラジオブース」 ON AIR中!
詳細はブログ、Twitter、Facebook、Instagramなんかで随時UPしとうけん、カタカナでザンハオで検索宜しく!アディオス!


<INFORMATION>
「REVIVAL」
価格¥2,300(税込)
トラックリスト
01. REVIVAL
02. DIABROS
03. CHAOS
04. RESISTANCE feat. “E”qual
05. ケダモノ
06. ハニートラップ
07. とある世界の終わりを告げるラジヲ
08. ジキルとハイド feat. LUNA(Mary Jane)
09. Empire feat. AK-69
10. skit feat. 〜,COZALU,〜,NOSKE,ZANKI,TOKAREV
NOSKE, ZANKI, TOKAREV
11. 驚天動地 feat. D.C
12. REVENGER~社会不適合者~
13. THA LAST DANCE
14. RAVEN SONG



【プロフィール】
言わずと知れた九州の核。04年/DS455「Summer sweets」への客演参加を皮切りに、M.O.S.A.D.,
DJ PMX, DJ RYOW, EL LATINO, RICHEE等数々の作品へ参加。09年/ AK-69「THE
CARTEL FROM STREETS」にて客演を務めた"A to Z"でその名を広める事となった。10年/7
月 MS Entertainmentよりデビューアルバム『SIN』をリリース。福岡で行われたリリースツ
アーファイナルではチケット即日ソールドアウトするなど、九州エリアで注目を集めるアーティ
ストの1人である。その後は11年/9月に2ndアルバム『YELLOW BLOOD』、12年/6月に3rd
アルバム『DYING MESSAGE』を立て続けにリリース。九州に留まらず、一気に全国のシーン
にその名を知らしめた。そして約2年半振りに4thアルバムのリリースが決定。タイトルは
『REVIVAL』。今年2月にはレーベルメイトであるAK-69の史上最大規模の全国ホールツアー
「HALL TOUR 2015 FOR THE THRONE」 福岡公演にスペシャルゲストとして参加。約2,000
人の観客の前で、微塵もブランクを感じさせぬ圧巻のステージを披露してみせた。
長い眠りから覚め、九州から再び全国のシーンのど真ん中にZANG HAOZIの飾らないストレ
ートなメッセージを撃ち込む。

  • ジャパン整体アカデミー
  • マッスルスリム
  • 三愛システム

Copyright © 福岡フリーペーパーSTAR. All Rights Reserved.