福岡求人情報誌STAR(スター)。音楽や映画などのエンタメ情報や、読者インスタ情報なども掲載。福岡中洲求人を中心に、天神エリア求人や熊本エリア求人・キャバクラ求人・チャット求人・ホスト求人・BAR求人などを掲載

インタビュー!

アーティストのインタビューをご紹介

太陽の歌声Leolaがこの夏にピッタリのミニアルバム『LOVE, LIFE & LAUGHTER』をリリース!

太陽の歌声Leolaがこの夏にピッタリのミニアルバム『LOVE, LIFE & LAUGHTER』をリリース!

2018年夏を彩る“太陽の歌声=Leola(レオラ)”!!
昨年、1st Album「Hello! My name is Leola.」をリリースし、アルバムを引っ提げてのワンマンツアーを敢行!東京、大阪、福岡、広島、名古屋、熊本、新潟、神戸と全国8カ所を笑顔と涙に包んだ「太陽の声」Leola!昨年からのEXILE THE SECONDのツアーにもゲストコーラス&ヴォーカルとして帯同し その歌声の浸透力と知名度を右肩上がりにグングン上げており、最近では若者を中心に大流行しているショート音楽動画コミュニティ「TikTok」において2ndシングル「Let it fly」を使った動画が3万件以上投稿されていると言う異常事態に!ブレイク秒読み&必至なLeolaの2018年夏がいよいよ動き出します!今作は初のMini Albumと言う形態でのリリース!太陽光線のようにまっすぐ、そしてあたたかく聴く人の内側を照らしてくれる素敵な楽曲に仕上がっております。この夏のテーマソングと共に迷わずビーチへGO!!


<RELEASE INFORMATION>

Leola / Mini Album
2018.08.01 RELEASE
『LOVE, LIFE & LAUGHTER』

■初回生産限定盤(CD+DVD):¥2,800(税込)
【CD収録内容】 1. Magic Clap / 2. RIDE ONE TIME / 3. Sunshine & Happiness / 4. Just a Love song / 5. Beautiful day
【DVD収録内容】 Sunshine & Happiness Music Video / Sunshine & Happiness Music Video making movie

■通常盤(CDのみ):¥1,800(税込)
【CD収録内容】 1. Magic Clap / 2. RIDE ONE TIME / 3. Sunshine & Happiness / 4. Just a Love song / 5. Beautiful day Bonus Track / 6. Let it fly –remixed by Kai Takahashi from LUCKY TAPES-


<LIVE INFORMATION>
「26th Sunset Live 2018 -Love & Unity-」に出演が決定!!
2018年9月1日(土)・9月2日(日) / 開場11:00開演11:30 終演20:00予定 / 会場:芥屋海水浴場・キャンプ場 特設ステージ(福岡県糸島市志摩芥屋2589)
詳しくはこちらまで…http://sunsetlive-info.com/

▼今作の話をうかがう前に最近の活動を少し振り返っていただきたいんですが、冬のバラードとして届けられた前作「Puzzle」の反響についてどのように実感していますか?

Leola「山下健二郎(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)さん出演の映画『パンとバスと2度目のハツコイ』の主題歌に起用していただき、主演が深川麻衣さんだったこともあり、今までLeolaを知らなかった方にも映画と一緒に楽しんでいただけた楽曲だったと思います。Twitterでもコメントをいただきましたし、ライヴでも新たな反応をいただけました。私のバラードを楽しんでいただけたのは嬉しかったです」

▼その他にもショート音楽動画コミュニティTikTokにおいて、2ndシングル「Let it fly」を使った動画が3万件以上も投稿されているそうですね。この状況をご本人はどのように感じていますか?

Leola「凄いですよね!私もびっくりしています。いろいろな動画を投稿していただいているので、自分が予想もしていない形で「Let it fly」が広まっていることは、純粋に嬉しいですね」

▼そこから今回のミニ・アルバム『LOVE, LIFE & LAUGHTER』は、どのような想いで制作をスタートさせたのでしょうか?

Leola「この夏のテーマ・ソングで埋め尽くしたいという気持ちで制作したミニ・アルバムです。夏になると、いろいろな場所へお出かけしたくなりますし、お休みの時間もたくさん取れますよね。だから、音楽に触れたいと思う人もたくさんいるんじゃないかなと思ったんです。そんなみなさんの生活に寄り添えて、どこかへ一緒に連れて行ってもらえるような1枚にしたいと思って作りました」

▼タイトルの『LOVE, LIFE & LAUGHTER』に込めた想いも教えてください。

Leola「タイトルの『LOVE, LIFE & LAUGHTER』は、私が大切にしている“L”の言葉たち。このミニ・アルバムに収録した楽曲には、私が笑顔になるために必要な〈LOVE〉、〈LIFE〉、〈LAUGHTER〉が、それぞれの曲に散りばめられています」

▼リード曲「Sunshine & Happiness」はどのような想いで制作していったのでしょうか?

Leola「2ndシングル「Let it fly」のネクスト・ソングとして作り始めた曲です。永遠という一見いつまでも続きそうな言葉にも、時間の限りはあることを最近凄く感じていています。家族と過ごす時間や、学生時代に過ごしてきた時間を振り返ってみた時に、時間は有限であることを痛感したんです。だからこそ、幸せな時間は悔いなく過ごしていきたいですよね、というメッセージを歌詞に落とし込みました。幸せな2人を描いているんですけど、決して当たり前ではない幸せを逃さないように、私はあなたのことがずっと大好きだと想いを伝えます。そんなキュンとする歌詞を、さわやかで疾走感あるサウンドで聴いていただきたいと思って制作しました」

▼MVについてもお話を聴かせてください。

Leola「今回は手作り感のあるMVに挑戦しました。撮影の仕方に関しても、すべてスマホで撮って、アングルも自撮りしながら決めたりしました。リップシーンを自撮りしながらやったのも楽しかったです。映像が早送りになったりスローモーションになったり、時間の流れが1曲の中で変化があるので、まるで時空が歪んでいるかのような仕上がりも面白いところだと思います。あとは、最後まで見てもらうとひとつ仕かけに気づくと思うので、そこも大きな見どころだと思います」

▼他にも、HappinessのMIYUUさんによる振りつけで踊るLeolaさんも見どころのひとつですよね?

Leola「はい!(笑)普段はギター片手に歌うことが多く、なかなか振りをつけながら歌う機会が少ないので、この「Sunshine & Happiness」で挑戦してみたいと思ったんです。そこで、女の子の一途な気持ちを表現する振りをMIYUUちゃんにお願いしました。歌詞をじっくり読み込んで、女の子が踊ってかわいく見える仕草を考えてくれていて私も気に入っていますし、みなさんにも気に入っていただけると思います。ライヴでもギターを置いて、みなさんと一緒に踊れたらいいなと思います」

▼今作の1曲目に収録された「Magic Clap」は、どのような想いで制作していったのでしょうか?

Leola「歌詞は私がベースを考えて、それをもとにプロデューサーのEIGOさんとブラッシュアップしていくという作り方をしました。この「Magic Clap」は、アルバムのタイトルで言うと〈LIFE〉と〈LAUGHTER〉がテーマになっています。お仕事や学校、日々の生活の中で、うまくいかない時や焦ってしまった時に、自分ではそんな気もないのに普段より険しい顔で接してしまったり、ちょっと冷たい言い方をしてしまう瞬間は、誰でも経験があると思うんです。そんなときこそ、深呼吸して肩の力を抜いてみて欲しいというメッセージを、この楽曲に託しました。Aメロの最初に〈難しいこと今は忘れて It’s okay 答え合わせは後にして〉という歌詞があるんですが、今は楽しいことだけを考えてみたら?という想いで書きました。共感していただける方も多いんじゃないかなと思うので、この曲をたくさんの方にお届けできたら嬉しいです」

▼シティポップ感と言えば、今作には山下達郎さんの名曲カバー「RIDE ON TIME」が収録されていますね。どのような経緯で実現したのでしょうか?

Leola「山下達郎さんの楽曲は、この「RIDE ON TIME」以外にも大好きな曲がたくさんあります。日本のアーバンなシティ・ミュージックを牽引してきた方なので、私にとってはとても大きな存在です。山下達郎さんの楽曲は、声とメロディとアレンジが絶妙に合わさって、パーフェクト以上の曲になっていると思うんです。声が変わるだけでもまったく違う曲になってしまうと思ったので、カバーさせていただくに当たり、原曲が好きな方にも親しんでもらるアレンジにしたいと思いました」

▼続いて4曲目に収録された「Just a Love song」は、どのように制作していったのでしょうか?

Leola「今までもラヴソングは作ってきましたが、よりパーソナルな愛の歌を作ってみたいと思って制作した曲が「Just a Love song」です。今までは少し距離のある2人を主人公にしていましたが、この曲は愛する人に耳元でささやきながら歌っているような曲にしたいと思って作りました。恋から愛に変わる瞬間といったような、ちょっと大人なラヴソングになっていると思います」

▼5曲目に収録された「Beautiful day」には、Leolaさんのどのような想いが込められているのでしょうか?

Leola「この曲も、テーマは〈LIFE〉と〈LAUGHTER〉です。実は、作曲を手伝っていただいたsent tentの藤本藍ちゃんと2人で奄美大島へ女子旅に行った時に制作した曲なんです。奄美の穏やかな海を見ていたら、人生って波みたいだなと感じたんです。穏やかな時もあれば、波高くうねる時もある。そんな気づきから広がっていった楽曲なので、サビでは〈上がったり 下がったり そんな繰り返し〉と歌っていたり、Bメロでは〈雨があるから “晴れたらいいね”って〉と歌っていたり、負の要素も取り込んで幸せを感じたいなという想いをつづっています。ラフな気持ちで捉えて欲しかったので、藍ちゃんと一緒に緩やかなサウンド・アプローチで作曲しました。みんなでキャンプファイヤーを囲みながら、一緒に身体を揺らして歌ってもらえたら嬉しいです」

▼リスナーには、どのように風に届いて響いて欲しいですか?

Leola「小さな幸せを感じて欲しいです。例えば大好きな人が隣にいる瞬間、美味しいものを食べている瞬間、いい景色を見ている瞬間など、小さな幸せにも目を向けてもらえるきっかけになる曲になれば嬉しいです。歌い始めに〈風に揺れる街 夕焼けオレンジ〉という歌詞がありますが、オレンジの夕焼けを見るだけで人は幸せを感じると思うんです。そんな小さな〈Beautiful〉をたくさん見つけて欲しいと思います」

▼通常版のボーナス・トラックとして、「Let it fly」のリミックスが収録されるそうですね。どのようなリミックスになりましたか?

Leola「ひとつの楽曲で、いろんな楽しみ方をしてもらいたいという気持ちがあったので、今回は「Let it fly」のリミックスを収録しました。原曲とはまったく違うアレンジなので、リミックスは夜に楽しめるブラック・ミュージック感のある「Let it fly」になっています。リミックスをお願いしたのは、Kai Takahashi(LUCKY TAPES)さん。やりたいようにアレンジして欲しいとオファーしたら、本当に最高のリミックスに仕上げてくださいました。コード感も原曲と違うので、まったく新しい「Let it fly」をぜひオリジナルと聴き比べて欲しいです」

▼最後に、このインタビューを読んでくださった方へメッセージをお願いします。

Leola「表現の幅の広さを感じていただける作品になったと実感しているので、この先の可能性にも期待してもらえたらありがたいです。ミニ・アルバムだからこそ、今の自分の気持ちを構成する要素を分解して、1曲1曲に振りわけることができたと思っています。このアルバムのタイトル『LOVE, LIFE & LAUGHTER』を感じながら、ぜひ聴いていただきたいです」

  • 三愛システム

Copyright © 福岡フリーペーパーSTAR. All Rights Reserved.