福岡求人情報誌STAR(スター)。音楽や映画などのエンタメ情報や、読者インスタ情報なども掲載。福岡中洲求人を中心に、天神エリア求人や熊本エリア求人・キャバクラ求人・チャット求人・ホスト求人・BAR求人などを掲載

インタビュー!

アーティストのインタビューをご紹介

2014年9月12日に新木場スタジオコーストで行われた“武者修行ファイナル”から丸4年。 待望の1st ALBUM「THE RAMPAGE」発売!

2014年9月12日に新木場スタジオコーストで行われた“武者修行ファイナル”から丸4年。 待望の1st ALBUM「THE RAMPAGE」発売!

INFORMATION

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 1st Album
「THE RAMPAGE」
【2CD+2DVD】¥7,980(本体価格)+税
【2CD+2BD】¥8,980(本体価格)+税
【2CD+DVD】¥4,980(本体価格)+税
【2CD+BD】¥5,480(本体価格)+税
【2CD】¥3,500(本体価格)+税
【CD】※5形態共通

[Disc1/Downtown Side]
1. Lightning
2. LA FIESTA
3. Fandango
4. HARD HIT
5. 100degrees
6. Knocking Knocking
7. New Jack Swing
8. SWAG IT OUT
9. FRONTIERS
10. GO ON THE RAMPAGE

[Disc2/Uptown Side]
1. Dirty Disco
2. DREAM YELL
3. Can't Say Goodbye
4. Over
5. ELEVATION
6. The Typhoon Eye
7. Dream On
8. BREAKING THE ICE
9. Shangri-La
10. Only One

【DVD/Blu-ray】
[Disc3]※映像付4形態共通

<MUSIC VIDEO>
1. Lightning
2. FRONTIERS
3. Dirty Disco
4. 100degrees
5. Fandango
6. HARD HIT
7. LA FIESTA

<DOCUMENTARY> SOUL SURVIVOR ~4年間の軌跡~


[Disc4]※【2CD+2DVD】【2CD+2BD】2形態のみ
「THE RAMPAGE LIVE TOUR 2017-2018 “GO ON THE RAMPAGE”」
1. OPENING
2. Lightning
3. GO ON THE RAMPAGE
4. Unbreakable
5. Dream On
6. DREAM YELL
7. Shelter
8. Knocking Knocking
9. Can't Say Goodbye
10. Impromptu Song
11. Lost Moments ~置き忘れた時間~
12. 君がいるから
13. Get Ready to RAMPAGE (Battle Remix)
14. New Jack Swing
15. Fandango
16. Dirty Disco
17. ELEVATION
18. Shangri-La
19. FIND A WAY <ENCORE>
20. 13 SAVAGE (Live Remix)
21. RAMPAGE ALL DAY (Stomp Remix)
22. 100degrees
23. FRONTIERS
24. GO ON THE RAMPAGE

●記念すべき1stアルバム『THE RAMPAGE』が完成しました。初めてのアルバム制作になりましたが、どのような青写真を描いて制作に取りかかったのでしょうか?

LIKIYA「武者修行を経てデビューを果たして、そこから今までリリースしてきた楽曲を見直してみて、THE RAMPAGEの色が存分に伝わる1枚にしたいと思って制作に取りかかりました。自分たちらしいHIP HOPテイストの楽曲から、お客さんの背中を押すEXILE TRIBEらしい楽曲まで、THE RAMPAGEならではのアプローチや幅の広さを詰め込むことができたと思っています。映像特典にはデビュー前から現在までの4年間を追ったドキュメンタリー・ムービーも収録しているので、THE RAMPAGEの道のりや想いも感じていただけると思います」

●2枚組の今作は、DISC-1が〈Downtown Side〉、DISC-2は〈Uptown Side〉という構成になっています。どのような意図が込められているのでしょうか?

陣「1枚目の〈Downtown Side〉はTHE RAMPAGEの芯となる、縦軸を表現する楽曲が揃っています。2枚目の〈Uptown Side〉はTHE RAMPAGEの横軸というか、表現の幅の広さを感じていただける構成になっています」

吉野北人「DISC-1はTHE RAMPAGEの勢いを感じられて、DISC-2はみなさんが親しみやすいホップな楽曲をセレクトしています。その日の気分によって聴く1枚を選ぶことができますし、それぞれの楽しみ方ができるのも今作の魅力だと思います。たくさんの方に聴いていただきたいです」

●DISC-1収録の新曲「LA FIESTA」は、どのような想いで制作していったのでしょうか?

LIKIYA「ラテン調のトラックで、一聴するとセクシーな楽曲に聴こえるかもしれないんですけど、歌詞は自分たちの強い想いを伝える内容です。この先にある道に対して〈ひとつになって進んでいこう〉という強い意志を感じていただけると思います。初めて音サビに挑戦したこともあり、ひとつ新しい勝負ができた楽曲になりました」

●今作のパフォーマンスはLIKIYAさんがディレクションしたそうですが、どのように振りを考えていったのでしょうか?

LIKIYA「メロディの部分は、ボーカル3人の色気がかなり出ていたので、今までにないちょっと大人っぽいTHE RAMPAGEを見せようと思って振りを考えました。この曲で初挑戦となった音サビの部分は、あまりキャッチーになりすぎずに、自分たちの色を残した振りを考えていた時に、レゲエのガンフィンガーを思いついたんです。レゲエの現場でイケてる曲がかかると、指を銃のようにして手を突き上げて「POW POW POW‼」と声をあげて盛り上がる文化があるんです。今回はガンフィンガーをサンプリングした振りを、音サビはもちろん、いろんな部分に取り入れました。THE RAMPAGEらしいキャッチーさが今回の振りに反映されているので、見ている人も面白がってもらえると思いますし、ファンのみなさんにはマネして一緒に盛り上がってもらえるんじゃないかなと思います」

●続いてDISC-1収録の新曲「New Jack Swing」についても解説をお願いします。

LIKIYA「EXILEさんのルーツにある「New Jack Swing」を、今この時代にTHE RAMPAGEが表現していきたいという想いで制作しました。継承感と言いますか、自分たちがEXILE TRIBE、そしてJr.EXILE世代として、この楽曲をカバーさせていただけることには意味があると感じています。パフォーマンスを含め、これからしっかりとTHE RAMPAGEの「New Jack Swing」を育てていきたいです」

●Jr.EXILE世代としての想いが込められた楽曲ですが、歌詞の世界観にはどんな感想を持ちましたか?

川村壱馬「クラブで起こる男女の駆け引きという、ちょっとセクシーな歌詞ですね」

RIKU「クラブで気になった女性に踊りながら近寄って、踊りで口説くような曲です」

吉野北人「歌っていてちょっと照れくさい部分もあるんですけど(笑)、大人の駆け引きが詰まった歌詞だと思います」

●楽曲が仕上がった今、リスナーにはどんな風に届いて欲しいと考えていますか?

陣「流行だけではなく、HIP HOPの歴史やカルチャー、何よりLDHの深みを感じてもらえる楽曲です。1stアルバムのタイミングで収録できたのは自分たちとしてもよかったですし、リスナーの方々にもTHE RAMPAGEの継承感が伝わると嬉しいです」

●DISC-2収録の新曲「Over」は、どのような楽曲にしようと制作に入ったのでしょうか?

LIKIYA「THE RAMPAGEとしてはあまりやったことのないアプローチの楽曲です。ストーリーとしてはバラードになっているんですけど、しっかりと自分たちの色を残せたと思っています。初の試みが多い曲ではありましたが、THE RAMPAGEのバラードの聴かせ方を提示できた楽曲になっていると思います」

川村壱馬「ボーカルとしても、この曲はめちゃくちゃ気に入っています。個人的には「LA FIESTA」と並ぶくらい、このアルバムで特に聴いて欲しい曲です」

●DISC-2収録の新曲「Only One」は、どのようなイメージをもって制作に入ったのでしょうか?

陣「ここまでのバラードはTHE RAMPAGEとしては初と言っていいと思います。バラードなんですけど、僕たちが伝えたい想いも表現できている曲です」

●今作の初回限定盤には全国ホール・ツアー『THE RAMPAGE LIVE TOUR 2017-2018 “GO ON THE RAMPAGE”』の東京NHKホールのライヴ映像も収録されるそうですが、見どころを教えてください。

陣「初の全国ツアーのライヴ映像を収録していただくことで、このアルバム自体の重みや厚みが倍増したと思います。16人がパフォーマンスしている映像があることで、楽曲だけでは伝わりきらないTHE RAMPAGEの魅力を感じていただけると思います。あと、特典映像には僕たちのデビュー前からの活動を追ったドキュメンタリーも収録しています。メンバーのこれまでの努力、経験してきたことがダイジェストで収録されています。ぜひドキュメンタリー映像を観てから、ライヴ映像を観ていただきたいです」

●改めてリーダーのふたりにうかがいます。2014年初の全国武者修行からここまでの約4年間を踏まえ、1stアルバムが完成した今の想いを聞かせてください。

LIKIYA「この1stアルバムに収録されている楽曲たちがTHE RAMPAGEの原点ですし、自分たちのスタイルを提示できる作品になったと思います。このアルバムを通してTHE RAMPAGEの今後の可能性を感じていただきたいですし、自分たちのことを知らない方がこの1枚を聴いても、この濃厚さに満足していただける内容に仕上がったと思います。これからも自信を持ってTHE RAMPAGEのスタイルを提示していきたいですし、この作品も大事にしていきたいです。何年か先にもっともっと成長して大きくなったTHE RAMPAGEになって今作を振り返った時に、いい作品だったなと思えるように目の前にあることに全力で取り組んでいきたいと思っています」

陣「デビュー2年目のタイミングで、これだけ濃い内容の1stアルバムを出させていただけたのは、本当にありがたいことです。HIROさんを始めEXILE TRIBEの先輩方、ファンの方々がいるからこそ完成した作品だと思っています。今までのTHE RAMPAGEの集大成とこれからの僕たちの可能性を同時に感じていただきたいです。タイトルを『THE RAMPAGE』と掲げた以上、もっともっとこのTHE RAMPAGEという名前にふさわしいグループになっていきたいなと改めて感じています」

●最後に、1stアルバムの完成を楽しみに待ってくれていたファンのみなさんにメッセージをお願いします。

LIKIYA「2年目にしてアルバムを出させていただけるのは、本当にレアなことだと思います。僕たちの活動に関わってくださっているすべてのスタッフの方々、LDHの先輩方、そして何よりファンの方々がいるから、こうして自分たちが力を出せるのだと思っています。このアルバムがTHE RAMPAGEのこれからの可能性を感じてもらえる作品であるように、パフォーマンスにもさらなる磨きをかけていきます」

吉野北人「このアルバムを通して、僕たちの歴史や成長、そして可能性を感じていただけると思います。ぜひみなさんには、僕らの感情も楽曲から感じていただきたいです」

  • 三愛システム

Copyright © 福岡フリーペーパーSTAR. All Rights Reserved.