福岡求人情報誌STAR(スター)。音楽や映画などのエンタメ情報や、読者インスタ情報なども掲載。福岡中洲求人を中心に、天神エリア求人や熊本エリア求人・キャバクラ求人・チャット求人・ホスト求人・BAR求人などを掲載

インタビュー!

アーティストのインタビューをご紹介

次代のニューヒロイン"Leola"シングル「Rainbow」遂にリリース!!

次代のニューヒロイン

“太陽の歌声” 2016年、注目のソロシンガーLeola(レオラ)が、満を持して4月27日に「Rainbow」でデビュー!ハワイ語でLeoは声、laは太陽。「太陽の歌声」が彼女の名前である。
「いつも優しく、ときに力強く、降り注ぐ太陽のように聴く人の心を晴天にしたい、あなたの心の太陽でいたい」という想いを込めて彼女自ら命名。大型オーディションでセミファイナリストまで進んだが落選を経験し、自らの音楽性と向き合うことで、独自の音楽観を芽吹かせて遂にデビューに至った。
デビューシングルは「Rainbow」。彼女のアーティストとしてのアイデンティティーを裏付けるように、悩みから抜け出せない歌詞の中の主人公に対して、「君の心は雨模様 晴らす事なんて出来ないけど せめてこの傘をどうぞ」「傷ついてそこで知った痛み それもいつか宝物」「向かい風も振り返れば 追い風に変わるよ」「It’s gonna be alright!」と語りかける、Leola独特のワードセンスと、どこまでもまっすぐ伸びていく太陽の光のような歌声が、悩んでいる”あなた”の肩にそっと手を置いてくれるような応援歌。また、サウンドは「ビーチミュージック」や「サーフミュージック」を根底に感じさせる、グルーヴィーでオーガニックな、心も身体も自然に動き出す楽曲に仕上がっている。
2016年、注目のソロシンガーLeola。聴く者の内に陽だまりを創り出す”太陽の歌声”に、次代(時代)のニューヒロイン誕生を予感させる。
【公式HP】 www.leolalala.com/

▼アーティスト名には、どんな想いが込められているのでしょうか?
Leola 「Leolaという名前は、心に雨は降らせたくないと願ってつけた造語なんです。ハワイ語で〈Leo〉は声、〈la〉は太陽を意味する言葉。自分の創り出す音楽、私の歌声が、聴いてくださるみなさんにとっての太陽であれたらという想いを込めています」
▼Leolaさんの音楽スタイルである〈ビーチ・ミュージック〉とは、具体的にどんな音楽なのでしょうか?
Leola 「ビーチ・ミュージックは自然の中にあって、あんまり人の手が加わっていないイメージ。なるべく素の声が届くシンプルなサウンドアプローチであったり、音の良さ、声の良さ、歌詞の良さがまっすぐ伝わる音楽ですね。私の声をたくさん聴いていただきたい、歌詞の中に落ちている小さなメッセージを拾ってもらいたいという想いからこのスタイルに辿り着きました」
▼そんなビーチ・ミュージックで表現したいものとは?
Leola 「小さい頃の原体験を通して、大自然の中では自分の存在なんてちっぽけだと教えられてきたけど、そんな非力な自分もそこにあるものを守るひとりでいたいんです。人は自然とともに存在しなければならなくて、かといって文明というか、新しいテクノロジーを取り入れていくべきものでもある。そう考えると、人を愛して、自然も愛して、発展していく社会も愛して、そのいずれへの愛も歌にして感じてもらえたら最高だと思います。人は自然を汚すとか壊すだけだという考え方もあるかもしれないけど、必ず共存できるはずだと信じたいんです。Leolaという歌い手が人と自然との架け橋になることができたら、この上なく幸せですね」
▼デビュー曲となる「Rainbow」はご自身で歌詞を書かれていますが、どういった想いを込めたのでしょうか?
Leola 「もともとデモ音源に仮歌詞がついていて、夢を追いかける人への応援ソング的な内容だったんです。で、自分ならどんな人を応援したいか考えた時に、友達の顔が浮かんだんです。その友人はいつもがんばっているんですけど、ちょっとしたことで落ち込んでしまったり、そこから抜け出せなくなってしまうタイプで…。でも、凄くヘコんだことがあっても「この経験があるから次がある」と思えたら、ネガティヴもポジティヴに変わることってある気がするんです。物事って捉えようだと思うんですよね。そんなことを考えながら、友達の顔を思い浮かべて歌詞を書いたので言葉も具体的なチョイスができたと思っています」
▼歌詞全体から、Leolaというアーティスト名に込めた想いも伝わってくるような気がしたのですが?
Leola 「わぁ、嬉しい!私も曲ができ上がってから「重なった!」と気づいたというか。不思議ですよね。私が歌うことで心が晴れたらいいなっていう想いは常に持っているので、それが歌詞にも表れたんだと思います。「Rainbow」というタイトルも、雨が降って太陽が差し込むことで虹はできるので、私が伝えたいメッセージとしてもハマるなぁと思って提案しました」
▼この「Rainbow」は、どのように聴いてもらえたら嬉しいですか?
Leola 「ちょっと精神的に疲れた時や、ハァーっとため息がもれる時に聴いて欲しいですね。ふと耳にして安心できたとか、肩の力が抜けたとか、心のお薬のように私の歌を聴いてもらえたら嬉しいです」
▼カップリングの「Sing for you」は、どのような想いで制作した曲なのでしょうか?
Leola 「この曲はLeolaとして一番最初に取り組んだ曲。ライヴで歌った後に「自分で書いた歌詞なの?」って聞かれるくらい、私の胸の内をすべて表現してくれています。サビの〈この歌が届く日まで 弱虫な私にバイバイ〉という歌詞は、歌う度に自分でもジーンときちゃいますね。私はこの曲を、自分が歩んでいくシンガー人生の選手宣誓だと思っています。ちなみに、この曲では私がアコースティック・ギターを担当させてもらいました」
▼3曲目の「Summer Time」ですが、サウンドアプローチとしては最もビーチ・ミュージックのイメージに近いですよね?
Leola 「はい!でも、ちょっとコアなアプローチに寄せたという意味では、挑戦の曲であり攻めの曲になったと思います。ベースラインが四つ打ちだと耳馴染みが良くなりますけど、この曲は展開をつけたり音を切る時間帯を作ったり、あまりポップスにはない構成なので。そういうところも音楽の素晴らしさなので、そこを怖がらずに挑戦できたのは良かったです。たくさんの人に、心地良さが届けられたら嬉しいです」
▼これから音楽活動をしていく中で表現したいことはありますか?
Leola 「私の音楽は詰め込みすぎないので、聴く人によっては物足りないって思われるかもしれないですけど、音の隙間にも想いのかけらは存在していて、それすらも愛おしく感じてもらえたらと思っています。曲間のちょっとしたブレイクだったり息使いにも、途切れず想いは続いている。表現方法としては、ずっと弾き語りをやってきたので、音源としても限りなくシンプルで息使いまで伝わるような曲も作ってみたいです」
▼ライヴもLeolaさんにとって大切な表現の場だと思います。理想のライヴ像や目指したいパフォーマンスの在り方ってありますか?
Leola 「聴いてもらいたいのは声とメッセージ。ライヴでみなさんの中に入ってくる音のすべてが心地よくあって欲しいです。もう少し言ってしまうと、日常からも、いやな出来事があったとしたらそこからもリセットされる場所にしていきたい。お客さんが私のライヴを観て帰られる時に、会場に入った時よりもハッピーな気持ちになれたり、私の声で心の曇りが晴れるようなパフォーマンスができるアーティストでありたいです」

ライター・NOBUHIKO MABUCHI


RELEASE INFORMATION
『Rainbow』/Leola
2016.4.27(WED)RELEASE

初回生産限定盤[CD+DVD]
※透明スリーブケース仕様:¥1,389(税別) 
《CD》 1.Rainbow / 2.Sing for you / 3.Summer time / 4.Rainbow instrumental
《DVD》 Rainbow Music Video

通常盤[CD]:¥926(税別)
《CD》 1.Rainbow / 2.Sing for you / 3.Summer time / 4.Rainbow instrumental / 5.Sing for you instrumental / 6.Summer time instrumental

期間限定生産盤[CD(1COIN)]:¥463(税別)
《CD》 1.Rainbow

  • 三愛システム

Copyright © 福岡フリーペーパーSTAR. All Rights Reserved.