福岡求人情報誌STAR(スター)。音楽や映画などのエンタメ情報や、読者インスタ情報なども掲載。福岡中洲求人を中心に、天神エリア求人や熊本エリア求人・キャバクラ求人・チャット求人・ホスト求人・BAR求人などを掲載

インタビュー!

アーティストのインタビューをご紹介

今HOTな“美しすぎる女性DJ”独占インタビュー!

今HOTな“美しすぎる女性DJ”独占インタビュー!

その美貌と、パフォーマンスで人気を集める彼女の最新作はBGMに最適!
こんな女性DJに踊らされたい!!

―まずはC'kさんがDJを志したきっかけを教えて頂けますか?
DJ C'k以下C)2006年からSHANADOOというユニットを組んでヨーロッパでアーティスト活動を行っていました。
その時に歌っていた楽曲がダンスミュージックをベースにして作ったものでした。
その二年後くらいに日本で再デビューしたのですが、その時に出したファーストアルバムが、それぞれCLUBシーンで活躍しているDJさんプロデュースの曲をまとめたアルバムでした。
その曲をCLUBのステージでLIVEしまわっていた頃が2010年です。
メンバーの中に一人DJがいたら面白いんじゃないかという話になり
私自信お仕事以外でCLUBに遊びにいったりしたことはなかっなのですが、ジャンル問わず音楽にすごく興味がありましたし、DJを学ぶ事でCLUB音楽シーンでの活躍の幅も広がるんではないかと思い手を上げてDJを始めたのがきっかけです!


―DJをするにあたって、影響を受けた人はいますか?
C)DJ KAORIさんです。
やはり世間一般で知ってるDJさんといえば誰?ってなったときに大半の子がDJ KAORIと答えていたし
DJ界で有名になって名前を覚えてもらうって大変なことだと感じていたので、自分がDJとしてどうしたいかって考えたらDJ KAORIさんのように活躍したいなと思っていました。

―普段はどんな選曲でDJをされていますか?
C)House,TOP40,EDM,を織り交ぜて選曲しています。

―女性DJの男性にはない良さとは、華やかさだと思うのですが、ブースに立つ際にはやはりファッションやメイクも意識されてますか?
C)メイクは結構いつもガッツリしています(笑)
衣装などを色物で派手にとかはしないけど、その時の気分で衣装は決めてるし
自分の気が引き締まるコーデを選んでいます(笑)

―DJをやっていて良かった事、大変だった事をそれぞれ教えて頂けますか?
C)良かった事はDJをやる前よりも音楽に興味深くなった事。
自分らしくいれる事。
あとは友達が増えた事(笑)
今C’kを支えてくれてる仲間も出来た事。

大変だった事はDJデビューしてまだ浅い頃ですかね。
現場にもなれてないしDJブースであたふたしたり、緊張がとまりませんでした(笑)

―DJを目指している人に一言アドバイスするなら?
C)曲をよく聞き込んでコツコツ機材を触りましょう!



―現在発売中の「sick EDM vol.2」はシリーズ第2弾となりますが、今作はどんな内容になっていますか?
C)EDMをこれから知る人もヘヴィー・リスナーが聴いても楽しめるよう、新旧バランスをとった選曲でEDMの良さを伝えられるような一枚になっています。

―選曲の基準にした事はどんな事でしょう?
C)前回のvol.1に比べ曲数は少ないですが、ヒット曲と新曲を織り交ぜてよりEDMをわかりやすく選曲しました。


―ミックスではどんなことを意識されましたか?
C)ビートの叩き、曲を変えるきっかけやポイントに気をつけました。

―「sick EDM vol.2」の聴きどころ、また、C'kさんが特に気に入っているトラックを教えて下さい。
C)今フロアーで流すと盛り上がる『Booyh』から『No Good』の流れは特にEDMっぽさが伝わるはずです。
今回人気クリエーターのOHCと作ったトラック『Inpulse』が気に入ってます。
エレクトリックなトラックで疾走感の溢れたシンセメロになっています。

―C'kさんが思うEDMの魅力について教えて下さい。
C)私はもともとElectoro Houseが好きだったので音圧の重い、かっこいいトラックが好きです。
なのですぐにEDMを好きになりました。
ボーカルの入ったキャッチーなものもあればメロディアスなものもあるしEDMというジャンルを幅広く楽しめるなって魅力を感じています。


―今作をリスナーにどのように楽しんでほしいと考えられていますか?
C)ドライブ中に聴いたり、Partyで流したり、気分上げたい時に聴いて楽しんでもらえたら嬉しいです。
CLUBが好きな人はフロアーで踊れるように予行練習で普段聴いたり(笑)
そういうのも嬉しいです!

―今後の目標、活動予定について教えて下さい。
C)来年はトラック作りにも力を入れていく予定です。
もちろん現場は、東京に限らず地方でも沢山まわれるように頑張っていきたいと考えています。

ー12月25日は福岡のイベントに参加されますが、福岡の印象や好きな店などあれば教えて下さい。
C)実は福岡は何度も行った事があるんです!
人が優しいし親切だし元気だし楽しい(笑)
あと、とにかく食事が美味しい。何食べても美味しかったよー。
もつ鍋っていうイメージが強いけど実はお魚料理もめっちゃ美味しいし。
12/25も楽しみ!!クリスマスだしねーー♪
皆遊びにきてねーー♪


―最後に読者へメッセージをお願いします。
C)来年も福岡のCLUBシーンを沢山盛り上げに行けるよう、頑張ります!
応援よろしくおねがいしまーーーす!


EDMって何?
コレを聴けばわかる!
アガる!アガる!どこまでもアガル!!
ベストヒットEDM完全収録!

大好評発売中!

『sick EDM vol.02 mixxed by C’k』
価格 2000円(税込)

1. ブーヤ (オリジナル・ミックス)
2. トゥールース (トミー・トラッシュ・リミックス)
3. アニマルズ (オリジナル・ミックス)
4. エリジウム (オリジナル・ミックス)
5. ゲット・ダウン (オリジナル・ミックス)
6. テイク・オーヴァー・コントロール (エクステンデッド・ボーカル・ミックス)
7. ウィキッド (オリジナル・ミックス)
8. レディ・フォー・アクション (オリジナル・ミックス)
9. エヌ・アール・ジー (オリジナル・ミックス)
10. ストップ・イン・マイ・マインド (オリジナル・ミックス)
11. ノー・グッド (エクステンデッド・ミックス)
12. セレブレーション (オリジナル・ミックス)]
13. ギャラクシー
14. チャージャー (オリジナル・ミックス)
15. ウォッチ・ミー (オリジナル・ミックス)
16. アウト・オブ・マイ・マインド (ラジオ・エディット)
17. コスミック
18. ステラ (エクステンデッド・クラブ・ミックス)
19. スナイパー feat.Shizuka (オリジナル・ミックス)
20. キャッスル
21. インパルス
22. ゲット・ルーズ (ティエスト・リミックス)
23. ウィ・アー・イン・ヘヴン
24. パーティ・オン
25. ヨゾラ



DJ C'k PLOFILE
2006年より女性ボーカルグループ『SHANADOO』のメンバーのひとりとして
ヨーロッパを中心に活躍後、兼ねてから興味があったDJを2010年から本格的にスタート。
ELECTROを中心に様々なジャンルを織り交ぜるクロスオーバーな選曲は定評があり、都内に限らず、全国のクラブシーンでも活躍の場を広げている。
2014年には自身初となるコンピレーションCD『SiCK EDM dreamusic』のmixを担当。
ヴィジュアル面でも定評がありクラブ層には特に人気が高い。
ボーカリスト×DJ×ヴィジュアルと音楽面でオールラウンドでの活躍は女性アーティストの中でも最注目の一人である。

  • ジャパン整体アカデミー
  • マッスルスリム
  • 三愛システム

Copyright © 福岡フリーペーパーSTAR. All Rights Reserved.