福岡求人情報誌STAR(スター)。音楽や映画などのエンタメ情報や、読者インスタ情報なども掲載。福岡中洲求人を中心に、天神エリア求人や熊本エリア求人・キャバクラ求人・チャット求人・ホスト求人・BAR求人などを掲載

インタビュー!

アーティストのインタビューをご紹介

日本を代表するDJ/プロデューサー「DJ RYOW」による通算11作目のオリジナルアルバム。

日本を代表するDJ/プロデューサー「DJ RYOW」による通算11作目のオリジナルアルバム。

<INFORMATION>
NOW ON SALE
DJ RYOW 11th Album「DREAMS AND NIGHTMARES」

日本を代表するDJ/プロデューサー「DJ RYOW」による通算11作目のオリジナルアルバム。
今作も彼にしか集結させることの出来ない総勢24名の豪華メンツを迎えた“ドリームアルバム”となっている。

Red Bull Music Studios Tokyoで撮影されたPVも話題の「RUNUP feat. AKLO」をはじめ、RIRI初の客演参加曲 「Sky‘s the limit feat. RIRI, SALU, SOCKS」や、AbemaTV『オオカミくんには騙されない』に出演し人気の16歳 ラップアーティスト さなりを迎えた「Call Me feat. SARA-J, Ymagik, さなり」等の人気曲も多数収録。さらに新曲で は、VIGORMAN(変態紳士クラブ)×OZworld a.k.a. R’kumaや、NORIKIYO×PUSHIM等の初コラボ曲、そして注目は やはり、日本HIP HOP史上最高のラッパーと評されるTOKONA-Xが亡くなって15年となる今年、以前から企てていた というIllmariachiの名曲“博徒九十七”をサンプリングした「博徒2020 feat. “E”qual, SOCKS, ¥ELLOW BUCKS, AK-69, 般若, 孫GONG, R-指定」だろう。“ビートモクソモネェカラキキナ2016 REMIX”級に語り継がれる名曲にな るのは間違いなく、これだけのメンツと名曲を揃えたこのアルバムもまた名盤必至の最高傑作である。


価格¥3,000+税

<収録内容>
01. RUNUP feat. AKLO
02. no talk zone feat. JIN DOGG
03. 博徒2020 feat. “E”qual, SOCKS, ¥ELLOW BUCKS, AK-69, 般若, 孫GONG, R-指定
04. We Runnin feat. ¥ELLOW BUCKS
05. KAKUGARI feat. SOCKS
06. Celebration feat. Hideyoshi, Young Dalu, VILLSHANA
07. Dream Ship feat. Shurkn Pap, VILLSHANA
08. DANCE WITH ME feat. SOCKS, VILLSHANA
09. Call Me feat. SARA-J, Ymagik, さなり
10. 夢から醒めても feat. Jinmenusagi
11. エーマ feat. CHOUJI
12. Dream Melody feat. VIGORMAN, OZworld a.k.a. R'kuma
13. Sky's the limit feat. RIRI, SALU, SOCKS
14. DREAMS AND NIGHTMARES feat. NORIKIYO, PUSHIM

・参加アーティスト
AK-69, AKLO, CHOUJI, “E”qual, Hideyoshi, JIN DOGG, Jinmenusagi, NORIKIYO, OZworld a.k.a. R'kuma, PUSHIM, R-指定(Creepy Nuts), RIRI, SALU, SARA-J, Shurkn Pap, SOCKS, VIGORMAN(変態紳士クラブ), VILLSHANA, ¥ELLOW BUCKS, Ymagik, Young Dalu(Normcore Boyz), さなり, 孫GONG, 般若

—リリースおめでとうございます!直訳すると“夢と悪夢”。まずはアルバムタイトルに込めた想いを聞かせてください。

今までだったりこれからだったり、過去も未来も今も、夢と現実の中で生きてる中で新たな挑戦に向けた感じですね。

—制作期間はどれくらいだったのでしょうか?

約1年くらいですかね。自然とアルバムになった感じです。

—今作も豪華なゲスト陣が参加されていますが、客演陣でポイントに置いたことはありますか?

特にそこまで考えてはないですが、その時その時で出会ったタイミングだったり、自分が思いついたりって感じです。ただバランスは考えました。

—ジャケット撮影はNYで行われたとの事ですがコンセプトや撮影秘話があれば教えてください。

前作同様、NYのイケてるカメラマンKOKIに撮ってもらいました。アルバムタイトル等、説明した上で街をフラフラしながら自然に撮った感じです。大きく言えば、この街にも俺の音楽届いたらいいなって思ってます笑。

—リード曲「Call me feat. SARA-J,Ymagik,さなり」はFM福岡の10月のパワープレイソングにもなっていますね。若手アーティストと作業する事で新しい発見などありましたか?

新鮮だったり、懐かしかったり、色々ありますね。そして、逆に気づかされることもあるし。楽しいっすね。

—アルバムタイトル曲にもなっている「DREAMS AND NIGHTMARES」についても教えてください。

この曲は最後に完成したんですが、最強に好きな曲です。音もリリックもRAPも歌詞も内容も参加してもらった2人のアーティストも。いつ聴いても自分が勇気づけられる曲になりました。

—「博徒2020 DJ RYOW feat.”E”qual,SOCKS,¥ellow Bucks,AK-69,般若,孫GONG,R-指定」はILLMARIACHI “博徒九十七”サンプリング曲ですが、いつ頃から考えられていたのでしょう?

この曲のサンプリングBEATは、昔からいつかやりたいって思ってました。そして、今回BEATが完成した時に、このメンツも勝手に思いつきました。みんな最高。そして、トコナメさんが亡くなって15年経った今年にこの曲が出来たことも個人的に感情深いです。

—今作は全ての楽曲のMVを制作されると聞きました。費用も多くかかる中で制作を決めたのは?

一度やってみたかったのと、せっかく全部featアーティストが違う作品なので映像で伝えれたら、音だけではない世界観も伝えられるんじゃないかなって。実際、お金はかなりかかるんですが、そこはMS様に感謝です。。

—現在公開されている中で特にお気に入りのMVを教えてください。

featアーティストや監督等、それぞれ色んな人達で作ってるので、それぞれ違った良さがあって全部気に入ってます。

—今作を引っ提げてのリリースツアーも控えていますね!現場での反響も楽しみではないでしょうか?

かなり楽しみですね!

—長く続ける事は簡単ではないと思うのですが、DJ RYOWさんがこれまで続けてこれた理由や原動力についてご自身ではどう考えられていますか?

大変は大変ですが、楽しいっす。普段から夢ばっか見てるので。もうすぐ40歳ですが笑。

—常に夢を追いかけ新しい挑戦をされていますが、夢はあっても行動出来ない・・・という人も多いと思います。そう言う人たちへ何かアドバイスを頂けますか?

一回動いてみた方がいいとは思いますね。ダメならまた挑戦すればいいと思うし。僕もそう思いながら手探りで生きてます笑。

—最後にリリースを楽しみに待っていた方々へメッセージをお願いします。

是非このアルバム聴いて欲しいです。そして、現場で会えたら嬉しいです。

  • 三愛システム
  • マネージャードットコム

Copyright © 福岡フリーペーパーSTAR. All Rights Reserved.