福岡求人情報誌STAR(スター)。音楽や映画などのエンタメ情報や、読者インスタ情報なども掲載。福岡中洲求人を中心に、天神エリア求人や熊本エリア求人・キャバクラ求人・チャット求人・ホスト求人・BAR求人などを掲載

インタビュー!

アーティストのインタビューをご紹介

舞台や声優などでも活躍するイケメン双子ツインボーカル「TWiN PARADOX(ツインパラドックス)通称:ツイパラの メジャーデビュー作となる4thシングル!

舞台や声優などでも活躍するイケメン双子ツインボーカル「TWiN PARADOX(ツインパラドックス)通称:ツイパラの メジャーデビュー作となる4thシングル!

INFORMATION

舞台や声優などでも活躍するイケメン双子ツインボーカル「TWiN PARADOX(ツインパラドックス)通称:ツイパラのメジャーデビュー作となる4thシングル!
兄の二葉勇が作詞を担当し、双子の世界観を表現した「Gemini」、ダンサブルで新たなサウンドに挑戦した「モノクロのダンス」、二人がリスペクトするT.M.Revolutionのカバー曲「THUNDERBIRD」の全3曲を収録。俳優・バラエティ・MC・声優とマルチに活躍の場を広げる彼らの注目作!


2020.2.26 ON SALE
「Gemini」

●TYPE-A
CD+64フォトブックレット+三方背BOX ¥2,000(税込)

●TYPE-B
CD ONLY ¥1,000(税込)

<収録曲>
1.Gemini
2.モノクロのダンス
3.THUNDERBIRD

PROFILE
双葉 勇(ふたば ゆう・双子の兄)/双葉 勇(ふたば かなめ・双子の弟) 。大阪府出身 4月8日生まれ
●2014年 イナズマロックフェスのオーディションイナズマゲート2014ファイナリス(元:80/TRACK)
●2016年 RENOロックヴォーカリストオーディション準グランプリ
●2015年〜2019年6月までソニーミュージック主宰の劇団番町ボーイズ☆で俳優・バラエティ・MC・モデルなどマルチに活動
●二葉勇・二葉要によるツインボーカルユニットとして2017年〜活動開始し、現在はバンドで活動している。
8月に初ワンマンライブ「Departuers」を開催以降、ワンマンVol.2「ENCOUNTER」、ワンマンVol.3「BIRTHDAY」、
ワンマンVol.4「REVOLUTION」を成功させる。渋谷WWWにて行われた、9月16日のワンマンVol.5「DISCOVER」での集客は300人以上。12月14日六本木morphでのクリスマス限定LIVEはSOLD OUT。2019年4月にワンマンVol.6新宿LOFTにて。


SNS
●Official : http://www.twinparadox-web.com/
●Official ファンクラブ「TWiN’s Land」: https://twinparadox-fc.com/
●YouTube : https://www.youtube.com/channel/UC4nvhuflJgv2A8xbEYFCa5w
●Twitter : https://twitter.com/TWiN_PARADOX_yk

ーメジャーデビューおめでとうございます!2017年の始動から今までを振り返ってみていかがでしょうか?

A. ありがとうございます!音楽活動だけではなく、俳優としてのお仕事もやりながら駆け抜けてきた3年間だったので、本当にあっという間に感じます。そうやってがむしゃらに頑張ってきたことが、メジャーという結果に繋がったことにほっとしています。

ー歌手として活動したいと思ったのはいつ頃からだったのでしょうか?

A.(勇)うっすらそんな事が出来たらいいなぁって思ったのは高校生ですね。
でも、本気になったのは21歳くらいですね。
(要)18歳の頃からですね。それまでは、野球に打ち込んでいました。
歌はもともと好きでしたが、それまでは、ステージに立って歌うことは想像してませんでした。
18歳の時にバンドを組んで、それから僕の音楽活動は始動しましたね。
だから、ここにたどり着くまでは、結構下積みが長いんです。(笑)

ーそしてメジャーデビューシングルとなる4thシングルがリリースされますね。「Gemini」はどういった思いで制作した曲なのでしょうか?

A.(勇)タイトルでもある「Gemini」のインスピレーションは、有人宇宙船のジェミニからスタートしました。歌詞の中で「誰も知らない見たこともない世界へ誘ってよ」と書いてるのですが、僕達が聴く人にとっての「ジェミニ」になれればいいし、僕たちにとっても楽曲を聴いてもらえる皆さんが「ジェミニ」になっているという思いで書きました。

ーレコーディングの際に意識したこと、新たな挑戦になったことがあれば教えてください。

A. なるべく無機質に歌う事を意識したかも知れません。
あまり自分の色みたいなの出しすぎず、聴く人に色んな捉え方してもらえたらって気持ちで挑みました。それと、いつもそうですが、どうすればより聴く人の心を打つことができるかを意識しました。

ーダウンタウンDX」の1月〜2月度のエンディングテーマ曲に決まった時はどんなお気持ちでしたか?

A. 昔からずっと観てきた番組ですし、ダウンタウンさんはお二人とも、本当に大好きな大スターなので、その番組に決まったときは跳び跳ねる思いでした。(笑)
実際に放送を観ましたが、それでもまだ信じられないです(笑)

— お二人の世界観がカッコよく表現されているMVですが、ここだけの撮影秘話などあれば教えてください!

A.(要)僕らの顔に映像が映るシーンがあると思うのですが、あれ、プロジェクターをものすごい至近距離から顔に当てるので、めちゃくちゃ目が痛かったです(笑)

ー2曲目に収録の「モノクロのダンス」はお二人で作詞されていますね。どのように作り上げていったのでしょうか?

A.(勇)まずは僕が大まかな設定と、イメージを要に伝えてそこから二人であーだこーだ言って作っていきましたね(笑)
(要)ベースのテーマや内容はある程度、勇が考えてきて、それに音ハメの気持ちいい言葉や、印象的なワードみたいなものを僕が考えるというような作業でした。

— 歌詞の中で特に思い入れのフレーズがあれば教えてください。

(勇)一番のサビで言うと、後ろの部分で「highになるだけ」というフレーズの箇所があるのですが、ここのメロディに合わせて歌詞を書くのが凄く難しくて、苦戦した思い出があります(笑)なので、そこは思い入れがあります。
(要)「Look on baby i want you」という歌詞がサビの中でなんども出てくるのですが、あそこは、お客さんに歌ってもらいたいという意図があったので、あえてわかりやすく、ベタなワードにしました。

ー3曲目にT.M.Revolutionさんの「THUNDERBIRD」カヴァーを収録。この曲をカヴァーした理由を教えてください。

とても憧れていたアーティストだったので、この曲も大好きでした。
思い入れのある曲っていうのは、歌声にもその想いが表れ、伝わる歌が歌えると思ったので選ばせて頂きました。
同じ関西出身ですし、西川さんのようにマルチに活動出来るようなアーティストになりたいと思っています。

ーお二人はマルチに活躍されていますが、これから音楽活動をしていく中で表現したい事があれば教えてください。

A.
(勇)役者の仕事をしたときも感じた僕ら自身の喜びというものが、やっぱり誰かを元気にさせたり、誰かの勇気になったり、支えになれる瞬間というのが凄く幸せを感じる瞬間でした。
なので、そういう表現は続けてもっと刺さる言葉や想いを伝えていきたいですね。
(要)僕らの音楽は、楽曲もライブでもみんなに希望や夢であったりとポジティブな内容を伝えることが多いんです。ただ、それは底抜けに明るいものではなく、人生が色々あり、いいことばかりではない、時には傷つくし、落ち込む時もありますよね?そこに目を背くのではなく、僕らとファンの方が手を取り合って一緒に乗り越えていこうということをこれからも伝えていきたいと思っています。

ー舞台でのお仕事で培ってきたものが音楽活動に影響を与えていると感じる事はありますか?

A.瞬発力ですかね。アドリブとかも瞬発的な発想力とかが必要なので、MCなんかでも活きて来てるかも知れません。

ー2月からリリースイベントで全国各地を回られ、2/29にはワンマンライブも控えていますね。意気込みを聞かせてください!

A.(勇)リリースに関しては、僕たちのメジャーデビューシングルでもありますし、タイトルが「Gemini」という事も何か縁も感じるので、オリコントップ10入りは目指したいです!
(要)2/29に渋谷CLUB QUATTROでのワンマンライブはメジャーとして初ライブとなるので、いいスタートを切るためにも最高のライブにしたいと思います!

ー最後にファン、そして今作や今回のインタビューを通して初めて知っていただく方へメッセージをお願いします。


A.これまで応援してきてくれたみんな。やっとメジャーデビューシングルを出すことが出来ました。ありがとう。
今作もそうですが、僕たちの楽曲は自信持って沢山の方に聴いてもらいたいなって思っているので、ぜひ円盤になってない曲とかもライブに来て、生で僕たちの歌を聴いてくれる人が増えたらいいな、と思っています!

  • 三愛システム
  • マネージャードットコム

Copyright © 福岡フリーペーパーSTAR. All Rights Reserved.