福岡求人情報誌STAR(スター)。音楽や映画などのエンタメ情報や、読者インスタ情報なども掲載。福岡中洲求人を中心に、天神エリア求人や熊本エリア求人・キャバクラ求人・チャット求人・ホスト求人・BAR求人などを掲載

インタビュー!

アーティストのインタビューをご紹介

スターVol.35に話題のシンガー塩ノ谷 早耶香が登場!

スターVol.35に話題のシンガー塩ノ谷 早耶香が登場!

塩ノ谷 早耶香、待望の2作目のオリジナル・アルバムのリリース!

▼2016年は6thシングル「SMILEY DAYS」や7thシングル「魔法」をリリースして新たな塩ノ谷 早耶香像が提示できた1年だったと思います。改めて2016年を振り返ると、ご自身のアーティスト人生でどんな時間だったと思いますか?

塩ノ谷 早耶香「2016年は私にとって挑戦の年だったと思います。2月にフィンランドで行なわれた共同作曲キャンプ〈A-pop Castle〉に参加したことも、とても大きな経験になりました。かっこつけず、今の塩ノ谷 早耶香のありのままを表現することにチャレンジできた1年だったと思います」

▼そんな流れの中で作られていった待望の2ndアルバム『Mist-ic』は、どのような想いで制作をスタートさせたのでしょうか?

塩ノ谷 早耶香「2016年に入ってから楽曲制作をずっと続けてきたので、常にアルバムに対する意識は持っていました。前作「魔法」をリリースしてからすぐのタイミングで2ndアルバムを発表することになりましたが、私にとってはいつか形になればいいなと思っていた楽曲が届けられるので、凄く幸せな気持ちでいっぱいです。今回のアルバムは恋愛ソングという軸があって、様々な角度から恋愛を捉えて楽曲にしていきました。好きな人と初めて出会ったドキドキ感、笑顔や涙、ひとりの恋する女の子のいろんな瞬間を切り取ったアルバムになっていると思います」

▼アルバムの曲順、流れにもこだわったそうですね?

塩ノ谷 早耶香「はい! ひとりの女の子をイメージしながら聴いてもらえると嬉しいです。「BELIEVING」がオープニング曲、2曲目の「Miracle」から9曲目の「魔法」までが本編で、「キミの側で」をエンディング曲のようなイメージで作っています」

▼では、早速収録曲についてお話をうかがっていきましょう。リード曲でもある1曲目の「BELIEVING」は、映画『イタズラなKiss THE MOVIE 2 ~キャンパス編~』の主題歌として書き下ろした楽曲だそうですが、どのように制作を進めていったのでしょうか?

塩ノ谷 早耶香「この曲はプロデューサーのErik Lidbomが来日した時に一緒に作った曲で、90年代のR&Bテイストというリクエストを伝えてトラックを作っていただきました。その時はまだ映画のお話をいただく前だったんですが、私が思い描いていたダサかわいい世界観と映画のヒロインである琴子ちゃんが偶然にもマッチしていたんです。それを溝口監督にも気に入っていただき、映画のコンセプトを受けて、過去に何度か歌詞を書いていただいている岡嶋かな多さんと一緒に映画の世界観に寄り添わせながら歌詞を書き下ろしました」

▼リリック面で特に気に入っている歌詞があれば教えてください。

塩ノ谷 早耶香「〈私だって いつかギュッと 愛されるはずよ 今日も 信じているから…〉という表現に、すべてが込められていると思います。〈愛されるはずよ〉っていう言葉からは、今は愛されていないこともわかるし。未来への期待もありながら、不安もあり、でも強がっているところもあって、そういった女の子像をこの歌詞から感じ取っていただけると思います」

▼今作のMVではダンス・パフォーマンスを初披露しているそうですが、どんな気持ちで臨んだのでしょうか?

塩ノ谷 早耶香「幼稚園から高校3年生までジャズダンスをやっていたこともあって、MVにダンス・パフォーマンスを取り入れるのはどのタイミングかなぁって、以前からスタッフのみなさんと話していたんです。そうして、この『Mist-ic』で2017年のスタートが切れることが決まった瞬間、「ここしかない!」と思ったんです。みなさんに驚きを届けられるMVにしたかったので、「BELIEVING」で初披露することにしました。大好きな彼と一緒にパーティへ行くまでのお話を描いていて、一生懸命お化粧したり、かわいいお洋服を選んだりとか、ストーリー性のあるMVに仕上がっていると思います。一緒に踊っているダンサーのひとりは、実はEXPGの福岡校で一緒にがんばっていた友達なんです! いつか一緒にMVを録ろうねって話していた夢が、ここで叶いました」

▼3曲目の「YOU & ME」は新曲ですが、どのような想いで制作していった楽曲なのでしょうか?

塩ノ谷 早耶香「80年代テイストを取り入れた遊び心満載の曲で、デビュー曲の「Dear Heaven」を一緒に作ってくださったマシコタツロウさんと妄想を広げながら作った曲です。ダサかわいい女の子が遊園地で初デートするっていう設定で妄想を始めて、いつもは履かないヒールで背伸びしちゃったり、スカートをはいてみたりして一生懸命お化粧もしている女の子がイメージ像。おすまし顔だけど、内心ドッキドキっていう(笑)。マシコさんも遊園地っぽいサウンドにしようってたくさんアイディアをくださって、メリーゴーランドの音を入れたり、いろいろ遊んでくださいました。妄想を音楽で実現させる作業だったので、凄く楽しかったです。音楽って人と音を楽しみながら作るものなんだなぁって改めて感じることができました」

▼5曲目の「GOOD BOY」は収録曲の中でも一番最後に作った楽曲だそうですが、何か狙いがあって制作した楽曲なのでしょうか?

塩ノ谷 早耶香「アルバム全体を曲順に並べてみた時に「SMILEY DAYS」と「奇跡」の間に入る5曲目として、作品の流れを作る曲にしたかったんです。90年代のR&B感のあるトラックを選んで、楽曲の世界観も「YOU & ME」と比べると少し大人な感じ。言うならば、目覚めの朝にパジャマのままブラックコーヒーを飲んでいるイメージというか。でも、本当はまだちょっとムリしながらブラックコーヒーを飲んでいるっていう(笑)。あたふたした恋ではなく、大人の恋愛に憧れる女の子をイメージした曲です」

▼改めておうかがいしますが、アルバムのタイトル『Mist-ic』に込めた想いとは?

塩ノ谷 早耶香「ミストとミュージックをかけ合わせた造語です。自分の声ってどういうものなのかと考えた時に、〈ミスト・ヴォイス〉っていう言葉が浮かんだんです。切なさも楽しさもじんわりと届けられるような歌を歌う、そういう音楽性を追求していきたいという想いを込めて、『Mist-ic』というタイトルをつけさせていただきました」

▼初回限定版盤TYPE-Aには2016年7月に開催した自身初のワンマン・ライヴ『塩ノ谷 早耶香 LIVE 2016 ~always with you~』の映像が収録されるそうですね。ご本人だから語れる見どころを教えてください。

塩ノ谷 早耶香「ステージに登場した私は満面の笑みですけど、実は自分でもびっくりするくらい緊張しちゃってました。あまり緊張するタイプではないんですけど、ステージ裏に到着した瞬間に手がブルブル震え出しちゃったんです。本当に予期せぬド緊張(笑)。でもステージに出て歌い始めたら、どんどん楽しくなってほぐれてきて。それは、私の想像を超えるくらいみなさんが盛り上がってくれたから。ワンマン・ライヴはまだ東京と福岡でしか開催できていないので、まだライヴを観たことがない方にはぜひDVDを観て私の新たな一面を知っていただきたいです」

▼初回限定版盤TYPE-Bには最新映像「BELIEVING」を含む、「魔法」、「SMILEY DAYS」、「流れ星」のMV集を収録。この4曲のMVが並ぶと、どんな楽しみ方ができそうですか?

塩ノ谷 早耶香「塩ノ谷 早耶香の進化を感じていただけると思います。「SMILEY DAYS」、「魔法」、「BELIEVING」は2016年の私ですけど、「流れ星」は2014年の曲なので自分でMVを見直してもまだ子供だったなと思います。塩ノ谷 早耶香も成長しているんだなぁって感じていただけると思います(笑)」

▼さらに、そのTYPE-Bには別冊フォトブックが封入されますが、どんな想いで実現させたのでしょうか?

塩ノ谷 早耶香「リード曲「BELIEVING」のMVと関連づいていて、いろんなスタイリングを披露していてぜんぶで11ポーズも撮らせていただきました。ロックな塩ノ谷 早耶香から女子大生風な塩ノ谷 早耶香までポーズごとにキャラクターを変えているので、そこも楽しみにしていただきたいです」

▼ここまで振り返ってきて、今作『Mist-ic』はどんな作品に仕上がったと思いますか?
塩ノ谷 早耶香「基本的には恋愛ソングのアルバムですが、出会って、恋人同士になる前のドキドキ感など、今まさにその状況の方でも、結婚して子供が生まれてドキドキ感が最近ないかも…と思っている方にも、ときめきを思い出していただいたりできると思います。幸せな結末になったり、叶わぬままで終わったり、最後にそっと寄り添う歌詞の曲があったり、頭から終わりまでの流れで聴いていただいてもいいなと思います。今置かれている状況によって、例えば辛い片想い中だったら「魔法」から聴いていただいたり、幸せのまっただ中にいる方なら「奇跡」から聴いていただいたりなどなど、1冊の少女マンガを読んでいるかのようなストーリー性のあるアルバムに仕上がったと思います。『Mist-ic』に収録した曲には、すべて意味があります。ひとりの女の子の恋愛ドラマを観ているかのような、そんな楽しみ方をしていただきたいです」

▼2017年は、どんな1年にしたいですか?

塩ノ谷 早耶香「2016年が挑戦の年だったので、2017年は広げる年にすることがテーマだと思っています。自分の幅や可能性を広げていきたいですし、自分の思考もまだまだ狭いので広げていきたいです」

▼最後に、2ndアルバムを楽しみに待ってくれていたファンのみなさんにメッセージをお願いします。
塩ノ谷 早耶香「リリースのタイミング的にも、塩ノ谷 早耶香ってこんな一面もあったの? という意味でも、今回のアルバムはびっくりすることが多かったと思います。私が活動する時に意識していることは、みなさんを驚かせること。びっくりがないと面白くないじゃないですか。これからもみなさんの生活に刺激を与えられるように、自分自身の人間性を高めていきたいですし、自分がやれることも増やしていきたいと思っています。これからも、もっともっとみなさんをびっくりさせられるようにがんばっていきたいです」


【INFORMATION】
塩ノ谷 早耶香、待望の2作目のオリジナル・アルバムのリリース!

2017年1月25日(水)発売
『Mist-ic』

≪発売形態≫
初回限定盤TYPE-A [CD+DVD] ¥4,000 (tax in)
※DVDには2016年7/31に渋谷wwwで行われた 「塩ノ谷 早耶LIVE 2016~always with you~」のライブ映像を収録。
初回限定盤TYPE-B [CD+DVD+Photo Book] ¥3,500 (tax in)
※DVDにはMV集を収録.(BELIEVING/魔法/SMILEY DAYS/流れ星)
通常盤 [CD Only] ¥2,500 (tax in)

【公式HP】
www.shionoya-sayaka.jp/

CD収録内容
1. BELIEVING
2. Miracle
3. YOU & ME
4. SMILEY DAYS 
5. GOOD BOY  
6. 奇跡 
7. 流れ星
8 .こんなにも愛してたんだ
9. 魔法
10.キミの側で(Mist-ic ver.)

  • 三愛システム

Copyright © 福岡フリーペーパーSTAR. All Rights Reserved.