福岡求人情報誌STAR(スター)。音楽や映画などのエンタメ情報や、読者インスタ情報なども掲載。福岡中洲求人を中心に、天神エリア求人や熊本エリア求人・キャバクラ求人・チャット求人・ホスト求人・BAR求人などを掲載

インタビュー!

アーティストのインタビューをご紹介

2017年6月21日アルバムリリース決定!!

2017年6月21日アルバムリリース決定!!

▼約3年振りのオリジナル曲となる今回のシングル「Here I Stand」は、どのようなイメージで制作に入ったのでしょうか?

JAY\'ED「まず、アルバムのテーマとして先にイメージしました。タイトルをそのまま日本語に訳すと〈僕はここに立っている〉という意味になるんですけど、どんな明日が待っていようともしっかり立ち向かっていくという強い意思を表現しました。僕が今こうして作品をリリースさせてもらたり、ステージで歌えているのは、今日まで支えてくださった人たちがいたからだと思っています。その想いを曲にしたいと思っていました」

▼JAY\'EDセカンド・シーズンの幕開けという意識もあったのでしょうか?

JAY\'ED「はい。僕の中では、第2のスタートという気持ちは強かったです。そもそものきっかけは、EXILE ATSUSHIさんが僕をLDH JAPANに誘ってくれたことです。それまでは正直くすぶっていた時期もありましたし、こんなチャンスは二度と来ないという想いで今の環境に飛び込ませていただきました。どれだけのキャリアがあるかなんて今はまったく関係ありませんし、新人アーティストの気持ちです」

▼ライヴで「Here I Stand」を披露したら、涙する方もいるとうかがっています。

JAY\'ED「ライヴで初めて歌った時、実は僕も泣きそうになっちゃって(笑)。今までバラードは何曲も歌ってきたんですけど、自分の曲で泣きそうになったのは初めての経験でした。この歌詞は、ATSUSHIさんから僕へのエールも込められていると思うんです。歌い手としての姿勢とか気持ちのあり方をメッセージしてくれているのかなと感じます。そこに僕は勇気づけられているし、気を引き締められてもいます。そうやって僕がもらえたパワーを歌に託して、少しでもリスナーのみなさんをポジティヴな気持ちにできたらと思って歌っています」

▼楽曲が仕上がった今、リスナーにどんな風に届いて欲しいですか?

JAY\'ED「悩んだ時に聴いたらポジティヴになれる曲だと思いますし、この曲から何かを感じ取って、悩みが解消されたり少しでもマインドシフトできたと言っていただけたら嬉しいです」

▼そして、6月21日には約3年振りとなるオリジナル・アルバムがリリースされるそうですね。このアルバムに関しても、EXILE ATSUSHIさんが共同サウンド・プロデューサーとして参加されてますね?

JAY\'ED「はい。今まで僕はひとりでアルバムを作ってきたので、ATSUSHIさんの視点は勉強になりました。客演のアイディアとか、いろいろなアドバイスをいただきました」

▼アルバムには、盟友とも言えるDOBERMAN INFINITYも参加していますね?

JAY\'ED「もともと同じクルーで活動していたわけですし、入るべくして入るアーティストです。ライヴでかかった瞬間に全員がやられるような曲にしたいよねって話から曲作りが始まりました。実はトラックメイカーのNAOtheLAIZAもD-ST.ENT.として一緒に活動していたので、昔の仲間と一緒にスタジオに入って制作するのは何か不思議な感覚を覚えました」

▼他にもPKCZ(R)を始め、今市隆二(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)さん、Crystal Kayさんらファミリーの客演も決定していますね。

JAY\'ED「きっかけを作ってくださったATSUSHIさんに本当に感謝です。今度は僕が恩返しをする番だと思っているので、できることはすべてやっていきたいと思っています」

▼クラブで育ったJAY’EDさんのルーツを垣間みる客演相手として、ラッパーのAKLOさんもクレジットされています。改めて彼との関係性と、今回フィーチャリングをオファーした経緯を教えてください。

JAY\'ED「彼のアルバムには毎回参加させてもらっていて、彼も僕のアルバムに参加しているので、AKLO×JAY’EDの曲だけでワンマンができるくらいの数があるんです。それくらいAKLOとは深い仲です。気持ちの熱い人で、以前僕が赤坂BLITZのライヴにAKLOくんを呼んだことがあって、そのお返しにとAKLOが昨年やった赤坂BLITZのライヴに早い段階からオファーしてくれていたんです。また一緒に同じステージに立ちたかったと言ってくれて、その言葉はとても嬉しかったです。こういうエピソードも、「Here I Stand」の〈歌うことしかない〉って歌詞につながってくるんです。あと、AKLOくんとの出会いは奇跡的で、高校時代にバスケの試合で対戦したことがあったらしいんです。当時僕はバスケ部ではなく、人数が足りないからという理由で1試合だけ参加したことがあったんです。その試合で対戦していたのがAKLOくんのチームだったと(笑)。そこから今は一緒に曲を作っているんだから、人生って面白いですよね」

▼そんなエピソードもあったんですね! あとは、「ずっと一緒」や「明日がくるなら」といった大ヒット曲のアレンジ・バージョンやセルフ・カバーも収録されます。今このタイミングで新たに届けられる楽曲についてはどのような感想を持っていますか?

JAY\'ED「過去の曲は、今まで僕が歩んできた道。今回のアルバムは、JAY’EDのこれまでをダイジェスト的に振り返ることができる要素も入っています。今の自分だからできる表現もあるので、そこはフレッシュに楽しんでいただければと思っています」

▼最後に、新曲を楽しみに待ってくれていたファンのみなさんにメッセージをお願いします。

JAY’ED「お待たせしてしまってごめんなさい! ライヴでも声をかけてくれたみなさんの気持ちを背負って、これからも歌い続けていきたいと思っています。常に次のリリースを見据えて新しい歌をみなさんに届けていきます。6月21日に発売予定のアルバムも楽しみにしていてください!」

【ライター】NOBUHIKO MABUCHI


【RELEASE INFORMATION】
New Single発売中!!
「Here I Stand」/JAY\'ED
NOW ON SALE
価格¥1,000(税別)
01.Here I Stand  (作詞:EXILE ATSUSHI 作曲:さかいゆう)
02.Everybody -PKCZ(R) Remix-
03.Here I Stand (Instrumental)

2017年6月21日(水)アルバムリリース決定!!
『Here I Stand』/JAY'ED
SOUND PRODUCE JAY'ED & EXILE ATSUSHI
2017.6.21(wed)RELEASE
初回限定盤(CD+DVD)¥3,800(税別)
通常盤(CD)¥3,000(税別)
先行シングル「Here I Stand」は勿論、豪華アーティストとのコラボレーション楽曲にくわえ、自身の人気曲「ずっと一緒」のニューアレンジバージョンや、2009 年に大ヒットを記録した「明日がくるなら」(JUJU with JAY’ED) のセルフカバーなど、盛りだくさんな内容でJAY’EDの新しいシンガーとしての確立と、今後のアーティストとしての決意と覚悟を感じさせる作品!
【公式HP】jayed-ldh.jp/

  • ジャパン整体アカデミー
  • マッスルスリム
  • 三愛システム

Copyright © 福岡フリーペーパーSTAR. All Rights Reserved.