福岡求人情報誌STAR(スター)。音楽や映画などのエンタメ情報や、読者インスタ情報なども掲載。福岡中洲求人を中心に、天神エリア求人や熊本エリア求人・キャバクラ求人・チャット求人・ホスト求人・BAR求人などを掲載

インタビュー!

アーティストのインタビューをご紹介

10月開催の“DANCE EARTH FESTIVAL 2017”での歌唱が楽しみな楽曲が詰まったNEWシングル!!

10月開催の“DANCE EARTH FESTIVAL 2017”での歌唱が楽しみな楽曲が詰まったNEWシングル!!

10月開催の“DANCE EARTH FESTIVAL 2017”での歌唱が楽しみな楽曲が詰まったNEWシングル!!

▼タイトル曲「POPCORN」は、どのような想いで制作した楽曲なのでしょうか?

EXILE ÜSA:もっともっと心を解放できて、タオルを回したりジャンプできるような曲が足りないよねってことで、この「POPCORN」を作りました。歌詞に〈Jump!右!右!左!左!左!〉ってフレーズがあったり、一緒に踊ってもらうことをテーマにした曲です。実はダンスの動きのひとつに〈POPCORN〉ってステップがあるんです。
EXILE TETSUYA:昔から馴染みのある、大好きなダンスの動きがタイトルになるのは嬉しかったですね。
EXILE ÜSA:「僕が人生で最初に覚えたステップも、実は〈POPCORN〉なんです。
EXILE TETSUYA:そうだったんですね!DANCE EARTH PARTYはダンスから連想される曲を制作していくことが多いので、そういうところもパフォーマー的に幸せです。
Dream Shizuka:DANCE EARTH PARTYの楽曲はパフォーマンスしている絵が浮かぶかどうかが凄く大事だと思っているので、そこを重点に置いてトラック選びをしました。
EXILE ÜSA:とにかく弾けたかったんですよ。だから、トラックもトリニダード・トバゴのソカの中でも一番早いパワーソカのBPMをベースにしています。これでステップ踏むのは大変なことなんですけど、振りつけもいい感じにハマッたので、早くみんなで踊りたいです。

▼これだけ早いBPMだと、Shizukaさんは歌うのに苦労したんじゃないですか?

Dream Shizuka:そうですね。BPMが早い曲なので、しっかりと言葉が聴こえるようにっていうところは大切にしました。あとは、Aメロは低いのにサビは凄く高かかったりレンジが広い曲なので、低いところを歌う時は重くなりすぎないようにあえて笑って歌ってみています。いろんなビートが入っている曲なので、メロディに合わせて自分自身の声色を変えたり、細かい部分での挑戦もたくさんありました。

▼今作のMVで描きたかった世界観、そのために意識したことを教えてください。

EXILE TETSUYA:弾けた感じを出したかったというのはもちろんなんですけど、今までのDANCE EARTH PARTYとは違う一面を出してみたいって考えもありました。今までのナチュラルでアースを感じるようなMVとは違った切り口だと思います。
EXILE ÜSA:曲のイメージ的には、パーッと開けた空をイメージさせるんですが、あえてインドア設定。弾けたくてしかたがない少年がいて、そんな彼が部屋から弾け出るようなイメージです。それにしても、あの部屋は飛び出したくなるほど狭かったね(笑)。
EXILE TETSUYA:狭かったですね。〈POPCORN〉のステップを本気でやると、手がぶつかっちゃうんです(笑)。
Dream Shizuka:曲自体に、一緒に楽しみたくなる力があるからこそできた表現方法だったと思います。曲を聴くと絶対に楽しくなっちゃうので、その気持ちを煽るMVになっていると思います。今までにない新しいDANCE EARTH PARTYの世界になっています。

▼リスナーにはどんな風に届いて欲しいですか?

Dream Shizuka:みなさんとライヴで一緒に楽しむことを想定して作った楽曲です。かけ声も盛り込んでいる曲なので、ここはライヴで一緒に歌えるなとか、自分なりの楽しみ方を見つけてもらいたいです。ぜひ聴き込んでもらって、一緒に盛り上がっていただけたら嬉しいです。

▼続いてカップリング曲についてお話をうかがいたいのですが、この「WAVE」は6月9日に配信限定シングルとしてリリースした楽曲ですよね?

EXILE ÜSA:はい。この3人が正式メンバーになった2年前から温めてきた楽曲で、ずっとリリースのタイミングを見計らっていたんです。

▼煽りのラップ・パートは、ÜSAさんとTETSUYAさんが担当されていますよね?

EXILE ÜSA:ラップのフレーズはもともと入れたいと思っていたんですけど、自分たちでやるって発想はその時まだなかったんです。いろんな人をイメージしてみたんですけどなかなか決まらず、いっそのこと自分たちでやってみたらどうなんだろうと思い、お恥ずかしながらチャレンジさせていただきました。昨年の『DANCE EARTH FESTIVAL』を経験してみて、お客さんを声で煽ったり、僕らができることがもっとあるんじゃないかって気持ちもあったので挑戦してみました。
EXILE TETSUYA:今までリリースした曲の中で、ガヤとして参加したことはあったんですけど、今回は歌詞もあってディレクションもあった中でブースに入ったので緊張しました。でも、E-girlsの新体制発表ライヴの時に初めて大きな会場で歌ってみて、本当にヴォーカルって難しいなと思った反面、こんなに気持ちいいだってことにも気づかせていただきました。このチャレンジを続けていくなら、もっと練習しなきゃなと思いました。

▼MVで表現したかった世界観についても教えてください。

EXILE TETSUYA:これは「POPCORN」と間逆です。
Dream Shizuka:私もこのMVではずーっと笑ってます(笑)。
EXILE ÜSA:これだけ最初から最後まで3人でがっつり踊るMVも新鮮だったよね。
Dream Shizuka:そうですね。3人のシーンが多かったです。振りをぜんぶ覚えて、なぜか私がふたりに教えるという。不思議なことはありましたが…(笑)。
EXILE ÜSA:踊りを覚えるのはShizukaちゃんが一番早いんですよ。
EXILE TETSUYA:E-girlsで鍛えられてきたからね。

▼もう一方のカップリング曲「D.E.P!!!」は、DANCE EARTH PARTYのテーマ・ソングですよね?

EXILE ÜSA:はい。『DANCE EARTH FESTIVAL』はもちろんライヴで自己紹介になる登場曲が欲しかったので、僕たちのテーマ曲を作りました。「WAVE」の制作でマイクを持つことに味をしめてしまったので、この曲でも調子に乗っちゃいました(笑)。
EXILE TETSUYA:確かに「WAVE」以上にやっちゃいましたからね。しかもサビですから、だいぶでしゃばっちゃいました。この曲をライヴでやって失敗すると、今後は僕らがマイクを持つ場面が減っていくという、DANCE EARTH PARTYの岐路になる曲でもあります(笑)。ÜSAさんと僕は歌に集中しないといけないので、もしかしたら踊らないかもしれないですね。
Dream Shizuka:ダメですよ!(笑)。
EXILE ÜSA:踊りすぎもよくないしね(笑)。
Dream Shizuka:ダメですよ!!(笑)だって、ライヴの1曲目の曲なんですから。
EXILE TETSUYA:まだ一度もパフォーマンスしていない曲なので、早くやってみたいなってドキドキしています。
EXILE ÜSA:練習します。
EXILE TETSUYA:ÜSAさんは密かにボイトレに行ってるみたいですから。
EXILE ÜSA:バラすなよ!(笑)でも、それだけマジってことです。
Dream Shizuka:きっとライヴでも盛り上がると思います。
EXILE TETSUYA:プレッシャーだなぁ。サビは歌いやすいので、みなさん一緒に歌ってサポートしてください。

▼改めて、今作はどのようなシングルになったと実感していますか?

EXILE ÜSA:10月に開催する﹃DANCE EARTH FESTIVAL 2017』もそうですし、これから僕たちがいろんな場所に行ってライヴする時に、必ず盛り上がれる曲が詰め込めたと思います。ぜひこれを聴いて、みんなで弾けたり歌ったり踊ったりしてください。
EXILE TETSUYA:これを聴いてフェスに来てくださいって、名刺代わりのような1枚に仕上がっていると思います。2曲もMV撮れるなんて贅沢なことをさせてもらったので、MVもより多くの方に観ていただきたいです。この3曲で陰と陽のような正反対の表現ができたので、DANCE EARTH PARTYの新たな世界観も楽しんでもらえたらと思います。
Dream Shizuka:フェスはもちろん、これからいろいろなライヴ会場でみなさんとお会いした時に、必ず一緒になって盛り上がれる楽曲に仕上がっていると思うので、楽曲ごとの個性の違いも聴き込んでみてください。私もみなさんとこの楽曲たちで一緒に盛り上がれる瞬間を、楽しみにしながら過ごしていきたいと思っています。

▼10月14日(土)、15日(日)には、『DANCE EARTH FESTIVAL 2017』が2日間に渡って開催されます。以前のインタビューで「最高の1日だった」と感想をいただいた昨年の大成功を受けて、今年はどのようなイメージで企画したのでしょうか?

EXILE ÜSA:フェスに来てくださったみなさんが自由に踊ったり歌ったり、野外でのんびり過ごせた空気感をさらにパワーアップさせたいと思って、今年は2日間で企画しました。豪華なアーティストもブッキングしていますし、まちがいなく昨年よりもハッピー度は増していると思います。
EXILE TETSUYA:ここに来れば誰もが笑顔で音楽に身を委ねられる、そんな場所を作りたいと思っています。ぜひ子供さんも一緒に連れて、家族で楽しんでいただきたいです。
Dream Shizuka:昨年来ていただいた方にも、今年初めてお越しいただく方にも、このフェスを楽しみに日々過ごしていただけるような空間にしたいと思っています。せっかく2日間あるので、2日間とも違う楽しみ方をDANCE EARTH PARTYからもお届けしたいです。

▼LDHファミリーからは、EXILE THE SECOND(15日)、そしてGENERATIONS from EXILE TRIBE(14日)がヘッドライナーとして出演しますね。

EXILE TETSUYA:「EXILE THE SECONDメンバーも、ふたつ返事で「やりまーす」と言ってくれましたし、GENE RATIONSも最近アルバムをリリースして勢いついた状態で参加してくれるので、本当に嬉しいです。こうして仲間たちが応援してくれるのも、LDHファミリーの素晴らしいところだと思っています。

▼最後に、このシングルでDANCE EARTH PARTYのどんな一面を提示できたと実感していますか?

Dream Shizuka:「DANCE EARTH PARTYの活動は参加型なんだなっていうことを、今回のシングル制作で強く感じました。一方的に何かを表現して伝えるというスタンスではなくて、一緒になって楽しんでもらうことを大切にしているグループだっていうことを、各楽曲で感じていただけると思います。〈ダンスでアースでハッピーに。〉というテーマを、いろんな世界の色に変えて届けていきたいと思います。
EXILE ÜSA:僕らのライヴやフェスに来てくださったみなさんが弾けられる楽曲を詰め込めましたし、僕ら個人としては踊るダンサーから踊らすダンサーへという可能性を、この1枚に込めました。この作品にかかってます!。
EXILE TETSUYA:僕らがE.G.familyに入り、ShizukaちゃんもDANCE EARTH PARTYに専念すると宣言もしたこともあり、再出発の1枚だとも思っています。ちょっと僕らがでしゃばった部分もありますけど(笑)、今作ではDANCE EARTH PARTYの今まで見せていなかった部分を表現できたんじゃないかなと思います。この3曲を聴いて、フェスに来て、このCDを買ってよかったなと思っていただける内容に仕上がったと思います。


EVENT INFORMATION

『DANCE EARTH FESTIVAL 2017』
2017年10月14日(土)
2017年10月15日(日)
会場 幕張海浜公園特設エリア
時間 12:00開場 / 13:00開演
【ARTIST】
■10月14日(土)
DANCE EARTH PARTY/GENERATIONS from EXILE TRIBE/MINMI/The Pharcyde/FATLOOP/and MORE
■10月15日(日)
DANCE EARTH PARTY/EXILE THE SECOND/MOOMIN/Pele/selector HEMO/and MORE
【『DANCE EARTH FESTIVAL』公式HP】
danceearthfestival.com



RELEASE INFORMATION

10月開催の“DANCE EARTH FESTIVAL 2017”での歌唱が楽しみな楽曲が詰まったNEWシングル!!

2017.08.30 ON SALE
『POPCORN』/DANCE EARTH PARTY

■CD+DVD:¥2,160(税込)
【Disc-1 CD収録曲】
01. POPCORN
02. WAVE
03. D.E.P!!!
04. POPCORN (Instrumental)
05. WAVE (Instrumental)
06 D.E.P!!! (Instrumental)

【Disc-2 DVD収録曲】
01. POPCORN (Music Video)
02. WAVE (Music Video)

■CD:¥1,296(税込)
01. POPCORN
02. WAVE
03. D.E.P!!!
04. POPCORN (Instrumental)
05. WAVE (Instrumental)
06. D.E.P!!! (Instrumental)

  • マッスルスリム
  • 三愛システム

Copyright © 福岡フリーペーパーSTAR. All Rights Reserved.