福岡求人情報誌STAR(スター)。音楽や映画などのエンタメ情報や、読者インスタ情報なども掲載。福岡中洲求人を中心に、天神エリア求人や熊本エリア求人・キャバクラ求人・チャット求人・ホスト求人・BAR求人などを掲載

インタビュー!

アーティストのインタビューをご紹介

Dream Ami、待望の1stアルバム『Re: Dream』をリリース!

Dream Ami、待望の1stアルバム『Re: Dream』をリリース!

RELEASE INFORMATION
Dream Ami 初のソロアルバム『Re: Dream』をリリース!
『Re: Dream』/Dream Ami

2017.10.4 ON SALE
アカデミー賞を獲得したディズニー映画『ズートピア』日本版主題歌の「トライ・エヴリシング」、LINE MUSIC4月度邦楽第1位を獲得した「はやく逢いたい」(映画『ひるなかの流星』主題歌)など話題の楽曲を多数収録。アルバムリード曲「Re: Dream」、スウェーデンでレコーディングとMV撮影を行った「XOXO」はDream Amiが作詞を担当!さらに「Follow Me(Dream Ami version)」を収録!!11月9日からは初の単独ツアーも決定!!

[CD+DVD+BOOK(写真集)] ¥6,264(税込)※数量限定生産盤
[CD+DVD] ¥4,104(税込)
[CD] ¥3,240(税込)

【CD 収録内容】
01. はやく逢いたい / 02. Re: Dream / 03. トライ・エヴリシング (Dream Ami version) / 04. Can't Help Falling In Love ~ 愛さずにいられない ~ / 05. ♡Song / 06. エデンの園 / 07. XOXO / 08. Surf on the Summer / 09. JUMP! / 10. ドレスを脱いだシンデレラ / 11. Follow Me (Dream Ami version) / 12. マジックタイム / 13. Lovefool - 好きだって言って - / 14. Change my life / 15. Alright! / 16. 君のとなり / 17. サイテーなスタート

【DVD 収録内容】
01. ドレスを脱いだシンデレラ (Video Clip) / 02. トライ・エヴリシング (Dream Ami version/Video Clip) / 03. Lovefool -好きだって言って- (Video Clip) / 04. はやく逢いたい (Video Clip) / 05. 君のとなり (Video Clip) / 06. Re: Dream (Video Cilp) / 07. XOXO (Video Cilp) / 08. Dream Ami Document Movie

LIVE INFORMATION
『Dream Ami 1st. Live Tour 2017 ♡ Re: Dream』 初の単独ソロ・ツアー開催決定‼
11月29日(水)福岡サンパレス 開場17:30/開演18:30
福岡:全席指定¥7,500(税別) ※6歳以上有料、5歳以下入場不可
一般発売:10/15(日)~ / お問い合わせ:キョードー西日本 TEL.092-714-0159 (平日 10:00~19:00/土曜 10:00~17:00)

【Dream Ami 公式HP】
ami-ldh.jp/

●待望の1stアルバム『Re: Dream』は、どのような想いで制作を始めたのでしょうか?

Dream Ami「シングルを5枚リリースしてからのアルバムだったので、盛りだくさんな内容にできるとは思っていました。今までリリースした楽曲を振り返ってみても、ジャンルも歌っている内容も幅が広いので、アルバムでも私の多面性を感じてもらえたらと思いながら制作しました。リリースのタイミング的にもE-girlsを卒業してから制作が始まった作品でもあるので、また新たにここからスタートを切るような気持ちでアルバムを作っていきました。あとは、今までリリースしてきたシングル曲でもそうだったように、自分に正直に自分の中にある世界を表現したいという気持ちも大切に制作しました」

●ここからは新曲と新録曲について解説をお願いします。まずはタイトル曲でもある「Re: Dream」について。

Dream Ami「アルバムのタイトルを『Re: Dream』としたのは、自分がデビューしてアーティスト活動を続けてきた約15年間、夢を諦めない気持ちや、Dreamという言葉自体にアイデンティティを感じて活動してきたので、このタイトルにしました。E-girlsを卒業してソロとしてがんばっていこうという決意を元に、新たな夢を見つけて目標に向かって進んでいきたいという自分の決意表明を込めたタイトルでもあります。そして、リード曲ではそんな私の気持ちを歌詞につづりました」

●歌詞の中で特に気に入ってるフレーズはありますか?

Dream Ami「自分の経験を元に書いた歌詞なので、どこを切り取っても自分の過去を思い出しますし、だからこそ自分の気持ちを歌詞にできたと思っています。特に1番の始まりの〈もぅやだ コレ何回繰り返せばいいの?〉という歌詞は、自分らしいと思います。普段はネガティヴな思考が先に出てくるタイプなので(笑)。〈どうせさ〉とか、私の口癖みたいな歌詞も入っていたりします」

●MVはどんな仕上がりになりそうですか?

Dream Ami「ソロでこんなにも踊っているMVは、今回が初めてだと思います。Dream Ami史上もっともコミカルなMVにもなっていると思いますし、ダンスも楽しんでいただきたいです。何回も着替えたり、いろんなシーンや遊び心が散りばめられているので、そういったところも楽しんで観ていただきたいです」

●同じく新曲「XOXO」もAmiさん作詞曲ですが、どのような想いで制作していった楽曲なのでしょうか?

Dream Ami「デモ曲を聴いた時、今まで自分が歌ったことのないリズムで、悲し気で艶のあるトラックだと思ったので、恋愛における切なさや悲しみを歌詞にして曲に乗せたいと思って書き始めました。今まで失恋曲は書いたことがなかったので、この曲も挑戦でした。失恋曲っていろいろな切り口があると思うのですが、今回は日常の中でふと思い出してしまうような失恋をテーマに書きました」

●レコーディングはスウェーデンで行ったそうですね?

Dream Ami「はい。初めての海外レコーディングで、この曲をプロデュースしてくださった方に直接録っていただきました。いつもと環境が違うこともあって、自分の中では新鮮なレコーディングでした」

●今作を締めくくる新曲「サイテーなスタート」は、どのような想いで制作していった楽曲なのでしょうか?

Dream Ami「Dreamの「ダーリン」を書いていただいた、作詞家で作曲家の磯貝サイモンさんと作らせていただいた曲です。以前からお世話になっている方なのですが、最近は自分がやっているレギュラー・ラジオでギターを教えてもらっていて、お会いする機会も多いです。サイモンさんの音楽性にも魅力を感じていたので、一緒に楽曲制作をさせていただきたいと思って私からお願いしました。11月から初めてのソロ・ツアー『Dream Ami 1st Live Tour 2017 ♡ Re: Dream』を開催することもアルバムの制作中に決まっていたので、この曲はツアーを意識してファンのみなさんへの想いを歌にしました」

●続いて、新録曲「Follow Me -Dream Ami Version-」は、Amiさんにとってとても大きな曲だと思いますが、どのような想いでDream Ami Versionを収録することになったのでしょうか?

Dream Ami「E-girlsにとってもそうでしたが、「Follow Me」は自分にとっても道を切り拓いてくれた曲だと思っています。アーティスト人生ががらりと変わった曲でもあるので、E-girlsを卒業して歌えなくなると考えたら、何だかぽっかりと心に穴が開いたような感覚に陥りました。なので、E-girlsを卒業してもDream Amiの「Follow Me」としてまた一緒に歩んでいけるように、新たにバージョン違いで歌わせていただきました」

●こうして全体を振り返って来ましたが、Dream Amiとして初となるアルバムを完成させて今どんな気持ちですか?

Dream Ami「今までグループでやってきた制作とは違って、今回はタイトルやアートワークを決めるのも自分ですし、海外レコーディングやMVに関しても、ひとつひとつ自分で考えて進めていかなきゃいけなかった分の苦労はありますが、もちろん制作に関わっていただいたスタッフさんを始め多くの方々の協力があって作れたアルバムです。だからこそ、Dream Amiを100%詰め込めたアルバムに仕上がったんだと思っています。大変だった分、思い入れが強いですし、ひとりでも多くの人に気に入ってもらえるアルバムになって欲しいです」

●今作のアートワークなどビジュアル面でこだわった部分、表現したかったことを教えてください。
Dream Ami「今までシングル作品もすべてピンクの世界にこだわってきました。自分がピンク好きなだけなんですけど(笑)、ピンクが持つ魅力っていうのも感じています。なので、今回のアルバムのアートワークもピンクにしたいと思ってお願いしました」

●今作で、Dream Amiとしてのどんな一面を提示できたと感じていますか?

Dream Ami「私のことを知ってくださっている方も、E-girlsのAmiというイメージが強いと思います。もちろんポップで笑顔の明るいDream Amiも私のイメージですが、それとは違ったパーソナルな一面もこのアルバムで表現できたと思います」

●今作リリース以降、11月からは初のソロ・ツアー『Dream Ami 1st Live Tour 2017 ♡ Re: Dream』がスタートします。現在はどんな気持ちですか?

Dream Amiデビューの頃から考えると、アルバムすら出せるとは思っていなかったのに、ツアーまでできるなんて想像もできなかったです。いまだに現実味がないのですが、なかなかできない経験をさせてもらえていることはまちがいないので、このツアーでさらにファンのみなさんとの距離を縮めていきたいです。今後のDream Amiをみなさんと一緒に作っていけるようなライヴにしたいと思っています。このアルバムに収録されている曲たちが、どういう風に成長していくのかもこのツアーにかかっているので、しっかり準備をしてツアーを迎えたいです」

●最後に、初となる渾身のソロ・アルバムをどのように聴いて欲しいですか?

Dream Ami「いろんな角度からの表現があって、曲の振り幅もあるアルバムになっていると思います。アルバムのアートワークを含めて細かいところまでこだわって作ったアルバムなので、聴くだけではなく視覚的にも楽しんでいただきたいです。MVも7曲分も収録しているので、余すことなく楽しんでください」



  • マッスルスリム
  • 三愛システム

Copyright © 福岡フリーペーパーSTAR. All Rights Reserved.