「チエンマイFC」のコーチの表彰台には、右腕の「石井」ラブリラム「福田純」が座る。

日本のコーチである福田淳は、2022年から23年のタイリーグ2シーズンに、ディプロマ、コーチング、UEFA Aライセンス、3度のチャンピオンを獲得してチエンマイFCのヘッドコーチに就任しました。 昨シーズンのタイでは、生まれて初めて北上しました。

45歳の日本人コーチである福田純は、AFCAライセンスよりも難しいレベルのUEFAAライセンスでコーチング資格を持っています。 彼は2013年に国のトップにあるFCウランバートルでコーチとしてのキャリアをスタートさせました。 2014年から2017年までのモンゴルは、チームを2015年のリーグチャンピオンシップで2位、2015年と2017年のサッカーカップで2位に導き、2018年にラオストヨタFCを担当し、チームをラオス首相に導きました。 リーグチャンピオンシップ3。連続年プラス2019年に1つのダブルチャンピオン

その後、2020年にサムットプラカンシティのユースチームのマネージャーに就任し、翌年まで初めてタイを訪れました。 ブリーラム・ユナイテッドのナショナルコーチである石井正忠のアシスタントコーチを務め、軍の高音域を獲得する役割を果たします。 陸軍のヘッドコーチとしてデビューする前の2021年から22年のシーズンの「ライトニングキャッスル」。 「タイガーランナー」2022-23シーズンのチエンマイFCがついに

ニュースをフォローする別の方法
@Siamsportに友達を追加する
友達追加

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。