「認知症」予防に日本人がすすめる3つの食べ物

高齢化が進む現代において、日本人が身体の健康に加えて最も重視するのは脳の健康であり、高齢者の6人に1人が認知症に罹患しているという報告もあります。 将来の子供たちに負担をかけたくないという理由から、日本人は40歳以降、身体と脳の健康にもっと注意を払うようになりました. 日本の脳科学者があなたに勧める食べ物を見つけてください。 物忘れや認知症の予防に

日本は「認知症」を予防するために3つの食品を推奨しています

  1. 亜鉛が豊富な食品

5つの主要な食品グループに加えて、亜鉛は体にとって不可欠な栄養素です. 亜鉛は体内の300種類以上の酵素の構成要素であり、細胞の成長と形質転換に重要な役割を果たし、さまざまな機能を実行するため. 脳の海馬 記憶に関与する海馬は、大量のミネラル亜鉛を必要とします。 体にこのミネラルが不足すると、記憶力が低下します。 そして認知症を引き起こす可能性があります

亜鉛が豊富な食品には、牛肉、カキ、ウナギなどがあります。 しかし、現実には、これらの食品を毎日食べることはできません。 したがって、毎日のおやつとして食べることができるアーモンド、カシューナッツ、クルミは、亜鉛が豊富なもう1つの食料源です.

  1. 砂糖の代わりにフラクトオリゴ糖を食べましょう。

お菓子や砂糖を含む食品、GI値の高い食品を食べると、血糖値が急激に上下します。 これにより、脳内のエネルギーが不足し、集中力の欠如と過敏症が引き起こされます。 一方、血糖値の急激な上昇と下降を引き起こさない低グリセミック指数食品は、脳機能を改善することができます.

フラクトオリゴ糖はグリセミック指数が低い。 消化酵素によって消化されず、体内に吸収されないこの糖は、大腸に直接届けられます。 この砂糖は体に甘味を与え、ストレスを和らげる効果のあるベータエンドルフィンというホルモンを分泌するよう脳に信号を送ります。 体と心をリラックスさせます。 しかし、通常の砂糖は血糖値を急速に上下させ、脳に悪影響を及ぼします. フラクトオリゴ糖は、体をリラックスさせ、幸せにし、長期的には脳にプラスの効果をもたらす代替品です. このタイプの砂糖は玉ねぎやバナナに豊富に含まれています。 スーパーマーケットなどで広く販売されています。

  1. 毎日繊維を食べる 25 女性のためのgと 38 グラム男性

体内に摂取された食物繊維は、腸内の善玉菌のエサとなります。 腸内環境を整え、腸と脳がつながっていることを日本人は実感しています。 腸の調子が良ければ、脳の状態も良し。 腸内環境が悪いと、脳からセロトニンが少ない幸福ホルモンが分泌され、脳内の状態が破壊されます。 女性は 1 日 25 グラム、男性は 38 グラムの食物繊維を含む果物や野菜を食べると、認知症の予防に役立ちます。

体も心も脳も健康であることは、私たち高齢者を幸せにし、将来の子供たちに負担をかけません。 この記事を読んだ後は、定期的に脳の健康に良い食品を食べて、脳の健康を維持することをお勧めします.

Tajima Setsuko

「情熱的な旅行ファン。ゾンビのスペシャリスト。ゲーマー。内向的。熱心なビール忍者。音楽愛好家。完全なウェブ中毒者。筋金入りのトラブルメーカー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。