「Cereso」は49番を着て「Chowwat」を立ち上げ、彼は自分自身を証明したいと思っています

「Cereso」は49番を着て「Chowwat」を立ち上げ、彼は自分自身を証明したいと思っています

日本の有名なJリーグチームであるセレッソ大阪は、タイ代表チーム「ザ・ラビット」のミッドフィールダーである「インツ」チャオワット・ウィラチャットを立ち上げ、期間中のローン契約でチームに加わった。 新しいJリーグエージェンシーのジャージ番号49を着用

以前、チャオワットはセレッソアンダー23に所属し、2018年にJリーグ3でプレーした後、BGに戻りました。 チームを率いてタイリーグを2シーズン連続で制覇し、今回はチャオワットが初めてJリーグでプレーできるようになります。

チャオワットは嬉しいと言って戻ってきました。私は最善を尽くします。 自分自身を改善し、チームを可能な限り支援することに焦点を当てます。 それを聞いたとき、彼はショックを受けました。 彼が戻ってきてまた自分を証明したかったので、はいと言いました。今回は私の態度が改善しました。 ピッチの内外クラブで主人公として成長するために戻るまで、日本の専門文化を理解する

タイ代表のミッドフィールダーは、これからのチャンスに備えて、今度は可能な限り迅速かつ最善の適応を試みると付け加えた。 Jリーグはトップレベルのリーグです。 タイの選手たちは、改善のためにプレーすることを夢見ています。 ローン契約であっても自分を証明したいが、自分を証明しようとする経験を生かしてさらに成長していきます。

「4年前に学んだのは、プレーのスタイル、体型、ボールのスピードで、4年前と比べて大きく変わった。この復帰により、ゲームの姿勢が良くなった」とチャオワットは締めくくった。

セレッソ大阪サッカー部会長の森島寛晃氏は、4年前に一緒に仕事をしたことで、チョウワットは決意のある人物と見なされていたと語った。 常に作業を追跡します。 再びチームに参加したいと思っていたので、チャオワットが戻ってきて自分を証明したいと思ったので、チームとタイ代表チームにとって大きな強みになることを願っています。 よく世話をしようとします

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です