「Dr.カイ」は、タイのエアロビクスジムがすべてのユースカテゴリーで競争できることを喜んでいます

「Dr.カイ」は、タイのエアロビクスジムがすべてのユースカテゴリーで競争できることを喜んでいます

有酸素体操競技 9 月 4 日にチョンブリ県パタヤのイースタン スポーツ センター体育館で開催される第 7 回アジア選手権は、タイの選手がすべてのカテゴリで競うユース競技の決勝戦です。 このリストは、政府貯蓄銀行、タイ国立スポーツ開発基金スポーツ局が後援しています。

混合ペア(混合ダブルス) 12~14 歳、金メダル、韓国 (1) 18,900 ポイント / 銀メダル、カンボジア 17,500 ポイント / 銅メダル、韓国 (2) 17,450 ポイント、タイチームは 4 位 (17,050 ポイント) /ミックスペア(混合ダブルス) 15~17歳 金メダル ベトナム 19,550点/韓国(1)18,950点 銅メダル 韓国(2)ベトナム 18,800点 銀メダル 韓国(1)タイチームランクイン7位

トリオ (3 人チーム)、12 ~ 14 歳、金メダル、韓国 (2) 18,850 ポイント / 銀メダル、韓国 (1) 17,400 ポイント / 銅メダル、カンボジア 17,350 ポイント、タイチームは 4 位 (17,050 ポイント) 15~17歳トリオ 金メダル 韓国 19,200点 銀メダル ベトナム 18,600点 銅メダル 日本 18,100点

男子シングルス ポピュラー世代 予選ラウンド9戦、決勝進出者6名、1位はキム・ハジン選手(韓国世界王者)21.200点、2位ファン・テジア選手(ベトナム)19.250点、3位チャノクポン・チアム選手Sukjai 19.150 ポイント、残りの 3 つのファイナリストは日本、インド、モンゴルです。

女子シングル 人気の部 6レース 決勝進出4名、結果は1位チャン・ハウィ(ベトナム)19.550点、2位チャウィサ・インタクル18.975点、3位キム・ヒョジ(韓国)18,800点ステッチ

タイ代表チームのマネージャー「Dr.カイ」クスマン・プラサーツリは、若者と若者にはまだ時間が必要であることを明らかにしました。 ですが、公開版では全種類決勝に進出することができ、満足のいく結果となりました。 世界王者とアジア王者との決勝戦、疲れていることは認めるが、やれる。 特に、カンボジアでのSEAゲームズと中国でのアジアゲームズに対するアスリートのコミットメントと熱意について
最終日である9月5日なので 各種決勝 タイ代表選手 各種ファイナリスト 午前10時から午後3時30分まで 競技開始 興味のある方は無料で見学できます。 オリエンタル スポーツ センター ジム、パタヤ、チョンブリ県

Hino Kou

「どこにでもいる動物の友達。コーヒーマニア。腹立たしいほど謙虚なソーシャルメディア愛好家。音楽中毒者。主催者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。