「Pinplean」が第14回LTATアジア選手権で優勝

タイ出身の13歳のテニス選手、ナトラダ・サクルウォンタナは、韓国のオ・ジユンを2-1で下し、女子シングルス選手権で優勝した。 「LTATアジア14歳以下2022年」テニストーナメント

若いモデル14歳未満のテニストーナメントアジアグレード2のポイントを集める「LTATアジア14歳以下2022年」2022年7月8日に国立テニス開発センタームアントンターニーで3回目が最終日、ローンのディレクターであるタニサンヤウコス氏王室の後援を受けているタイテニス協会と青少年育成会長がアスリートに賞を贈る

女子シングルス部門「ピンプレーン」決勝のハイライトタイ出身の13歳のテニススター、ナトラダ・サクルウォンタナは、アジアで1位、45位で、韓国のテニス選手、オ・ジユンに大打撃を与えた。 。韓国人、プログラムの2番目の手とアジアの67番目の手は3セットになり、ナトラダは2-1、セット6-1、3-6、6-2で勝ちました。

最終結果としては、他のペア、男子シングルス、イーサン・マシュー・ゴー(シンガポール)が新井健太(日本)を6-3、6-0で下した/男子ダブルスの町田忠也(日本)とメティカ・ノウラン・ウィクラマシン(スリランカ)がイーサン・マシュー・ゴー(シンガポール)とアレン・レオン(シンガポール)を7-5、6-3 /女子ダブルスのイ・スギョン(韓国)とオ・ジユン(韓国)がパク・グリ(韓国)とパク・スンジョン(南)を破った韓国)6-4、6-2。

ニュースをフォローする別の方法
@Siamsportに友達を追加する
友達追加

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です