ひとりしゃぶしゃぶ、すき焼き、関西レシピ7月11日、個人用の壺とは別にお召し上がりいただけます– THE STANDARD

1分。 リリー

  • HITORI SHABUは、しゃぶしゃぶとすき焼きを別々に食べたい人にアピールします。 関西の伝統的な味わいが特徴です。 最高品質の原材料の使用

しゃぶしゃぶとすき焼きを一人で、またはグループで密かに食べたい方は、パーソナルポット&オーセンティックヒドゥンジェムスタイルの高級しゃぶしゃぶとすき焼きレストランHITORISHABUをお見逃しなく。 7月11日オープンの準備ができました

MAGUROグループの新しい日本食レストラン「ひとりしゃぶしゃぶ」は、しゃぶしゃぶとすき焼きを別々に食べたい人を喜ばせたいと考えています。 関西ならではの伝統的な味わいが特徴。 北日本の秋田産の秋田A5牛肉(1セットあたり1,290バーツ)など、日本とフランスから輸入した牛肉を使用しています。 鹿児島産和牛(1セット1,290バーツ)または九州産ハーフ和牛である九州F1(1セット890バーツ)。 またはフランスのシャロル産のシャロレー牛(1セットあたり480バーツ)。 上質な肉で、柔らかく、風味豊かですが、お手頃価格です。

しかし、ここの肉を食べない人には、スペイン産のプレミアムブラックポークの特別な品種であるイベリコ豚(1セットあたり580バーツ)を使用しています。 三角部分と首の頂上には黒ブタ。 マダイ、ハマチ、アマエビなどのシーフード料理(1セット600バーツ)もあります。 セットにはコシヒカリライスが付いています。 日本一の米やうどんのほか、新鮮な野菜や抹茶などのスイーツもご用意しております。

肉を食べない人には、イベリコ豚を使用してください(1セットあたり580バーツ)。

HITORI SHABUは、G階のサイアムパラゴンにあります。詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 www.facebook.com/hitorishabu または行:@hitorishabu


Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。