ほとんどのアジア株はプラスの取引を開始 東京は輸出株を獲得 – Hoonsmart

HoonSmart.com>>ほとんどのアジアの株式市場はプラス ダウ・ジョーンズ工業株平均は 400 Bps 下落、東京は円安に支えられた

今朝の東京証券取引所は、強い輸出買いで上昇した。 数日間の強い上昇の後、円がドルに対して弱まった後。

下落を主導したプライム株の中には、精密機器がありました。 電気機械器具のグループ

タイ時間午前9時27分
円は 1 ドル 133.58 円です。
日本の日経 225 株式市場は 27,776.29 で、181.56、+0.66% 上昇しました。

今朝のほとんどのアジア株式市場は上昇した。 米国下院議長のナンシー・ペロシ氏が台湾を訪問した後、米国と中国の間の政治的緊張が高まっています。 中国は台湾海峡で演習を行うことで対応した。

ユーラシア・グループのアナリストは、中国の作戦は戦争への準備ではなく合図であると述べた。

一部の市場はすでに米中紛争のニュースを受け取っていますが. しかし、彼らは長期的に両国の経済が分離するリスクを懸念しており、それは大きな影響を与える可能性があります。 長引くインフレのように、サプライチェーンが適応しなければならないとき

HSI 香港証券取引所は 19,815.12 で、125.91、+0.64% 上昇しました。
中国の SSE 株価指数は 3,200.5 ポイントで、14.23、-0.45% 上昇しました。
韓国の KOSPI 証券取引所は 2,451.43 で、11.81、+0.48% 上昇しました。
台湾株の TAIEX 指数は 14,731.41 で、15.82、-0.11% 下落した。

8 月納品の WTI 原油は 0.11 ドル、または 0.117% 上昇し、1 バレル 94.53 ドルで取引されました。 また、今朝のアジアの原油価格:9 月納品の北海ブレント原油は 0.01 ドル(0.01%)上昇し、1 バレル 100.55 ドルで取引されています。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。