アジアでのソフトパワー「タイ」の機会。あなたは知っている必要があります、彼は私たちを知っています。

ソフトパワー運動を更新します。アジアでの「タイ」の機会。あなたはそれを知らなければなりません、私たちを知ってください。

興味深いことに、文化省のオープンフォーラムの事例 「アジアのソフトパワーと機会」 2022年7月7日のZOOMMeetingオンライン会議システムを通じて、映画・ビデオ部門など、ソフトパワーの推進に関連する任務を負っている機関の役員がいます。 文化省POPグループ戦略企画課・政策・戦略開発グループ外務部文化経済課が参加しました。

文化省の顧問であるWansiriMorakul、および政策と戦略の専門家であるNuanwanDarasawatと一緒に。 Thanayot Lohpatananon博士、Piya Pongsapithaksanti教授、Areephen Yama博士、Adisorn Semyam氏、Jatuporn Suwansukhum氏、SamanLaodamrongchai氏を含むアジア研究所チュラロンコン大学の教員。

の予選のまとめ ThanayotLohpattananon博士 (2022)次のように:

「トム博士」教授 ピヤ・フォンサピタクサンティ博士 たとえば、日本は文化的魅力の側面でソフトパワーです日本すでに製品が入手可能であることから、多くのソフトパワーは4Pのプロモーションの原則と同様の追加放送のようなものです。実際、タイは文化的なソフトパワー、特にエンターテインメントに重点を置いています。 日本のアーティストとして最初にそれを手に入れるために働くことを考えるべきです。 輸出戦略だけでなく、日本のアーティストは非常に大きな情熱を持っており、素材を手に入れるまで働きます。 日本がタイを多くのことで賞賛していても、世界中の視聴者が受け入れていること。 私たちの家でのBLドラマ、私たちは彼の場所でスペースを開きに行きました。 これは、私たちの仕事が彼の家で大ヒットしていないことを意味します。

トム博士のアイデアは、受け入れられるタイの作品の例を研究するだけでなく、他の全国的なイベントを研究し、その理由を分析することができるはずです。 ただし、フォローしてもそれ以上の改善にはつながらないため、フォローしないでください。

アリーフォン・ヤマ博士 ムスリム研究センターのアラブ アラブ諸国では、アラブ諸国にインド人労働者が多数いるため、ハリウッドのエンターテインメント、エジプトの映画/連載、インドの順で中毒になっているとアラブ人は見ています。 もう一つの強い国はトルコです。 アラブ人はそれを西と東の世界の混合物だと考えています。 タイはエンターテインメントメディアを国内に輸出することができました。 しかし、あなたは宗教と生き方におけるその特異性を理解する必要があります。 私たちの医療サービスなどのようなおもてなしのように。

JatupornSuwansukhum教授 説明 中国インド 小さな例を挙げましょう。かなりの数のインド人がタイにやって来ます。 彼はタイ旅行の雰囲気が好きです。 しかし、私たちが理解していないことの1つは、観光を宣伝するときです。私たちは常にパッタイやトムヤムグーンなどの食べ物をショーに持ち込みます。 ピサイではありません。 中国人は、私たちの家を撮影するためにやってきたカオハウスシリーズの足跡をたどって、タイに旅行に来ることがあります。 彼はシリーズのセットで写真を撮りに来たかったのですが、残念ながら、トレーダーは彼を壊しました。 中国はタイに夢中です。 ただし、注意が必要な対策があります。 エンターテインメントやソーシャルメディアのコンテンツコントロールです。 したがって、タイの娯楽インドや中国に行く場合は、ルールを勉強する必要があります。 福祉

SamanLaodamrongchai教授 上記のARCMセンターから台湾 人口2300万人の島と考えられていますが、それを購入する力は世界的にランク付けされています。 タイのような台湾人、私たちのシリーズ、私たちの俳優はそこで一般に知られています。 同時に、台湾はまだ私たちとの関係を築きたいと思っています。 頻繁な文化イベントに来てください一つの中国の政策では、彼との協力だけが妨げられています。 したがって、私たちは省レベルで協力しなければなりません。 省庁ではありませんが、それは問題ではありません私たちのオペレーターは彼に連絡することができます。 共同ショーを開催するために、サマンは、一つの中国の政策の下では、娯楽はデリケートな問題ではないと強調した。

著者の方へ権力の振興(ソフトパワー)に関連する使命を持っている機関は、映画・ビデオ部門です。 文化省POPグループ戦略企画課外務部文化経済課外務部・文化経済部は学者から情報を受け取り、ソフトパワーを活用して価値を開発できる国の動きを更新・更新する国。 彼らは皆、大きな意味を持ってさらに一歩前進することを目指しています。

Kuse Madoka

「トータルゲーマー。Twitterの先駆者。ベーコンのメイヴン。コーヒー好きになりたい。ビールの支持者。ウェブファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。