アムネスティが日本で最初の死刑を発表これは生存権の無視です。

アムネスティは、日本での1年ぶりの死刑執行は、生存権を無視していると述べています。 それはすぐに死刑を一時停止します。 懲役刑に置き換えられました


ジャーナリストによると、2022年7月27日、報道によると、日本は2008年に他人をナイフで刺した加藤知宏氏を絞首刑に処し、7人を処刑した。 国際日本は、加藤知宏を吊るすことは生存権を無視していると見られていると言います。 彼が犯した犯罪を無視した場合、彼は国家によって残酷な、非人道的な、または品位を傷つける方法で扱われるべきではありません。

「加藤知宏は2度目の死刑判決を求めています。 上訴時の死刑執行は、死刑判決を受けた者の権利を保護するために明確に確立された国際的措置の違反です。 日本当局は直ちに死刑執行を停止しなければなりません。 これは死刑廃止に向けた第一歩です。 そして、すべての死刑判決を懲役刑に置き換えます」と秀明は繰り返した。

しかし、2021年12月21日、岸田文雄首相は彼の政府の下で最初の死刑執行を命じました。 岸田文雄が2021年10月に就任して以来、朋弘の絞首刑は2度目の死刑執行である。

過去と現在のさまざまな政府死刑は重大な犯罪に使用されるだけではありません。 しかし、政治家や政治的敵に反対する国家に同意しない人々にも適用されます。マイノリティや民族グループの権利侵害を暴露するために出てきたメディアや性的に多様な人々など。

たとえば、ミャンマーの軍事政権での最新の事件は、テロ犯罪のために4人の政治活動家を処刑しました。 1980年代後半以来初めて実行され、公式に確認された死刑は、軍がその力に挑戦する勇気のある人を絶えず抑圧し、脅迫し、脅迫するためのツールになりました。

したがって、アムネスティは例外なくすべての場合に死刑に反対している。 犯罪の種類に関係なく、有罪か無罪か、または当局が死刑執行の方法を使用するかどうかに関係なく、死刑は生存権を侵害し、残酷な罰であり、非人道的で品位を傷つけます。 そして、多くの国際研究は、死刑が関係がないことを明確に示しています。 犯罪の増加または減少に伴い

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。