アーモンドミルクはミルクとどう違うのですか? そして体の利益のために飲む方法

アーモンドミルクは、ミルクと豆乳に次いで日本で2番目に人気のある飲み物です。 多くの人がミルクとアーモンドミルクは似ていると思いますが、実際には違います。 2種類のミルクの違いを見てみましょう。 そして、日本の栄養士のアドバイスに従って、健康上の利点のためにアーモンドミルクを飲む方法。

ミルクとアーモンドミルクの違い

アーモンドミルクには、ミルクとは異なる成分が含まれています。 約3%のアーモンドパウダーと1/6から1/5のミルクしか含まれていません。 アーモンド繊維 便の量を増やし、排泄システムをうまく機能させます体から老廃物を取り除き、輝く肌をもたらします ビタミンE これは、老化を遅らせるのに役立つ抗酸化物質であり、冠状動脈性心臓病の高血圧を防ぎます。悪玉コレステロール値を下げ、そばかすや傷などを防ぎます。 しかし、ミルク混合物の1/6から1/5しかないため、アーモンドミルクはタンパク質とカルシウムを体に加えるための飲み物ではありません。

日本の栄養士が推奨する健康効果のためにアーモンドミルクを飲む方法。

アーモンドミルク

アーモンドミルクは低カロリーの飲み物(約1/4倍)ですが、 ビタミンEが豊富 (アーモンドミルク200mlに対して約10ミリグラム)。体重をコントロールしたり減量したりする人や、美しさを気にする人に適しています。 厚生労働省の2020年の食事基準によると、男性は1日あたり6〜7 mgのビタミンEを摂取し、女性は1日あたり5.5〜6mgのビタミンEを摂取することが推奨されています。 したがって、1日あたりわずか120〜150 mlのアーモンドのミルクを飲むと、繊維含有量が高いため(アーモンドミルク200 mlあたり2.5グラムの繊維)、毎日の必要に応じて必要な量のビタミンEが体に供給されます。 、飲み過ぎないように注意してください。 過剰に飲むと腹痛につながる可能性があるからです。

アーモンドミルクは日本人の間で非常に人気のある飲み物です。 香りが良く、飲みやすく、安価で、健康と美容に良い栄養素が含まれているためです。 家で簡単にアーモンドミルクを買うことができます。 ただし、購入する場合は、糖度の高いアーモンドミルクは避けてください。

の内容のまとめ melos.media

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。