インドネシアがトマス杯決勝で日本、決闘、インドを破る

若いインドネシアのバドミントンチームも素晴らしい仕事をしています。 彼らは2022年のトーマスカップに日本に3-2で勝利し、インドと対戦します。インドもまた、初めて決勝まで歴史を築きました。 デンマークを3-2で破った後

ノンタブリー、ムアントンタニ、インパクトアリーナでのバトル「トータルエナジーBWFトーマス-ユーバーカップ決勝2022」でのバドミントン世界男子および女子選手権5月13日金曜日、これはランニングバック決勝の競技場です。

トマス杯男子チーム、準決勝、ディフェンディングチャンピオンのインドネシア、日本との対戦

男子シングルスの最初のペアであるインドネシアのアンソニー・シニスカ・ギンティングは、世界で5位にランクされ、日本の桃田賢斗を2対1で破りました。 、21-12は81分かかり、インドネシアは1-0でリードします。

インドネシアがトマス杯決勝で日本、決闘、インドを破る

マッチ2男子ダブルス1組インドネシアのモハメド・アッサンとケルビン・サンジャヤ・スカルモジョが保木卓朗と小林裕子を破った。 2-0ペア

マッチ3、男子シングルス、中古、世界ナンバー20西本拳太、世界ナンバー8ジョナタン・クリスティーを破り、2-0マッチ22-20、21-13、58分経過、日本は1-2ペアで続いた。

インドネシアがトマス杯決勝で日本、決闘、インドを破る

男子ダブルスでは、インドネシアのファルハ・アルフィアンとムハンマド・リヤル・アドリアントがセカンドシードで渡辺勇大と甲賀晃に敗れた。 日本は2-2ペアで結ばれています。

マッチ5、男子シングルス、サードハンド、インドネシアの世界ナンバー24のセザール・ハイレン・ルスタヴィトが、日本の世界ナンバー48の奈良岡光大井を2-0で下し、44分で試合に臨み、インドネシアは3-2で敗れ、2人とも先制15回目のトーマス杯のタイトルを守るために。

インドネシアがトマス杯決勝で日本、決闘、インドを破る

トマス杯男子準決勝での別試合の結果は、デンマーク対インド

男子シングルスの最初の試合は、デンマークの世界1位である世界1位のViktor Aselsenが、インドの9シードのLakjar Senを2-0で下し、21-13、21-13で49分を費やしました。 デンマークが1-0ペアでリード

男子ダブルスでは、インドの8シードのSavisirathRangiReddyとShiratShettyが9シードのKimAstrupとMatthiasChristiansenに勝ちました。 1-1引き分け。

インドネシアがトマス杯決勝で日本、決闘、インドを破る

マッチ3、男子シングルス、2番手、世界3位のアンダースアントンセンは、インド世界1位のカダンビシカンと1対2で敗れ、18-21、21-12、15-21でした。 試合には80分かかり、インドは2-1でリードしました。

男子ダブルスでは、アンドレス・ラスムッセンと2番目にシードされたフレドリック・ソガードが世界で1,341位にランクインし、世界第45位のクリシャカラカとヴィシュヌワハルパンジャラを破りました。 プレー、デンマークは2-2の引き分けを追いかけます。

マッチ5、男子シングルス、サードハンド、HSプロノイ、インドワールド23ハンド、13位のエラスムスガメケを破り、2-1ゲーム、13-21、21-9、21-12マッチは73分続きます。

試合のまとめ、インドは日本を3-2で下し、史上初めて決勝まで成功を収めました。

インドネシアがトマス杯決勝で日本、決闘、インドを破る
インドネシアがトマス杯決勝で日本、決闘、インドを破る
インドネシアがトマス杯決勝で日本、決闘、インドを破る

ニュースをフォローする別の方法
@Siamsportに友達を追加する
友達追加

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。