ウクライナ戦争が続く中、金正恩は権力を握っている!

北朝鮮が日本の領空にミサイルを発射するのは2017年以来。

「北朝鮮がミサイルを発射した可能性が高い。 一刻も早くビルや地下に避難してください。 »

これは、日本政府が現地時間07:29または現地時間5:29に通知するメッセージです。

日本の防衛省はミサイルが中距離型であると主張している。

日本から約 3,000 km 離れた太平洋に墜落する前に、4,500 km の距離で発射されました。

ミサイル発射による犠牲者は報告されていませんが、日本人の間で広範囲にわたるパニックを引き起こしました。

岸田文夫首相は「暴力行為」と強く非難した。

そして、日本が隣国からのさらなる「挑発」と見なしているものに対応する方法を見つけるために、国家安全保障会議の会議を直ちに招集しました。

アナリストは、ミサイルの発射が緊張を高めることを目的としていたことに同意した. 日米が北朝鮮に目を向けたからだ。

キムは、米国、日本、韓国が彼に十分な注意を払っていないと考えている.

一部のオブザーバーは、ウクライナ戦争のニュースが世界の注目を集めたとさえ言っています。 これは、世界が北朝鮮の重要性を忘れているという印象をキムに与える可能性があります。

だからこそ、北朝鮮の要求は必ず守らなければならないということを世界が忘れないように、「ドラマ」を作り続けなければならない。

同日、北朝鮮の公式メディアも、ロシアによるウクライナの 4 つの地域の併合への支持を表明した。

国際社会がロシアに関心を持っているなら、北朝鮮が反米運動の一部であることを忘れてはならないということを国際社会に認識させるために、金正恩委員長がロシアの同盟国であることを示したいと考えていることを示している。 そして西洋世界

間違いなく、国連は北朝鮮の軍事力のそのような誇示を検討するために別の会議を召集しなければならないでしょう.

国際ルール違反の問題について、もう一度話さなければならないからです。

普遍的な原則は、国際規範に違反して行動することです。 これには、特定の国を狙ったミサイルの発射が含まれます。 または事前の通知なしに他の国の空域を通過するか、最初に相談してください

国際法違反になります。

このような行為があれば、戦争の危険が生じるからです。

ある国がこのようにミサイルを発射すると、他の国に攻撃を受けていることを認識させることができるからです.

これはこの国につながる可能性があります 同等に致命的な武器による対策または封鎖が必要です.

それは戦いが起こるチャンスを意味します。 どの国のミサイル実験の目的が何であれ、

北朝鮮の最新のミサイル発射は、7 日間で 5 回目です。

先週の土曜日、北朝鮮は日本の排他的経済水域の近くの水域に 2 つのミサイルを発射しました。

先月、北朝鮮は「核兵器を保有する国家」を宣言する法律を可決した

彼はまた、金正恩委員長がいかなる種類の非核化についても決して交渉しないと公式に発表した。

国連は、2006 年から 2017 年まで 6 回連続して北朝鮮に対する制裁を採択しました。

しかし、キムは気にしませんでした。 彼は、北朝鮮が国際舞台での障害を克服するのを助けるために、中国とロシアから非公式の経済支援を受けている。

多くのサークルは、キムがすぐに別の核実験を実施する準備をしていると信じています。 絶対確実です。

しかし一部のアナリストは、金委員長は10月16日に始まる中国共産党の総会の終結を待つのではないかと推測している。

北朝鮮の核実験のニュースによって、習近平が中国の最高指導者として再任されるという大きなニュースがかき消されることを望んでいない.

しかし、金氏は自分の事件を中国の政治運動と結び付けたくないのではないかと考える人もいる。

しかし、米国、日本、韓国は、北朝鮮が核開発を続けることを容認しません。

北朝鮮が最後のミサイルを発射するとすぐに、米国と韓国はすぐに「緊急」訓練を開始しました。

両国は演習のためにそれぞれ 4 機の戦闘機を派遣した。 戦争が勃発した場合に北朝鮮が対応しなければならない状況をシミュレートします。

これらすべてが、この地域における緊張の懸念すべきエスカレーションです。

ウクライナ内戦やハイパーインフレによる経済危機、新型コロナウイルスの感染拡大から立ち直れない状況など、世界が混乱しているからだ。

現在、「ピー・キム」が国際舞台で再び大混乱をもたらす行動を起こすのではないかという憶測に警鐘を鳴らす理由がある.

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です