カシディットが日本を破り、ATP タイ テニスに敗れる

世界ランキングでポイントを獲得した2022年ATPチャレンジャーツアー男子国際プロテニストーナメント「タイ・テニス・ツアー」(チャレンジャー50)は、テニス開発センターで総額37,520米ドル、約1,350,700バーツの賞金を獲得.Chat Muang Thong Thani, Nonthaburi 2022年9月6日、男子シングルスの部で県大会1回戦(32名)でした。

ニュースをフォロー、フォロー、ライブニュースをタップ

成功したタイのテニス プレーヤー「ブーム」カシディット (21 歳、バンコク、世界ハンド 616) は、26 歳の日本人テニスプレーヤー、世界ハンド 592、大志誠 (Oshi Makoto) と出会います。どちらも予選ラウンドから参加します。 結果は、彼らが 3 セットで戦ったことを示し、カシディットが残念ながら 1-2 セット 5-7、6-3、3-6 で敗れる前に、競争を 2 時間 24 分に短縮し、越智誠が 2 位に進んだことを示しました。 2回目または16回戦は、2位で世界2位のモナコのバレンティン・バシュロと世界380位のモナコのアキラ・サンティジャンの間で勝者に直面しました。

他の男子シングルスに関しては、世界で 1522 番目の手である 26 歳のタイのテニス選手、”Nat” Prachya Isro が、ワイルド カードまたは特権でトーナメントに参加する機会を得ました。 世界ランク432位、バンコク・オープン・チャレンジャー・スタジアム2のオーナーである20歳のフランス人アーサー・カスーと戦おうとしたが、若きフランス人の決定的なフォームを打ち負かすことができず、0 – 2で敗れた。セット5 -7と1-6は敗退したルールの下で、アーサー・カゾスはインドの第8シードのプラネス・グネスヴァランと世界番号329に対して第2ラウンドに進みました.

その他の試合結果は男子シングルス1回戦(32)デニス・イストミン(ウズベキスタン)がデン・スウィーニー(7位オーストラリア)を6-2、6-3で下し、ビリー・ハリス(第4シードのイギリス)がベンジャミン・ロック(ジンバブエ)を6-3で下した。 , 7-6(4) 清水裕太 (日本) がニコラ・クーン (第 5 シードのドイツ) を破り、6-1, 6-2 ビビット・スカエフ (カザフスタン) がエフゲニー・ドンスコイを 7-6(4), 7-6(4) オマール・ジェシカに破った。 (オーストラリア)がアジタイ(ニュージーランド)に6-2 5-7 7-6(6)で勝利

Tamashiro Masumi

「ゾンビ学者。不屈のツイッター実践者。献身的な思想家。読者。一般的な主催者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。