キリン、減塩料理に塩味を加えるスプーンとボウルを発売 | ゴトマネージャー360

キリンホールディングス:減塩食品の塩分を刺激で約1.5倍に高めるスプーン・ボウル。

キリンホールディングス株式会社(キリン)と明治大学総合数理科学部境界メディア学科研究室(宮下研究室)の宮下豊明博士は、塩味を約1.5倍に改善する独自の誘電ブースターを開発しました。低ナトリウム食品を食べ、機器を開発する。 この技術を組み合わせたスプーンとボウルの形をした「電気塩」。

キリンは、Noruto Company, Limited (Noruto) および The Orangepage Inc. (Orangepage) と共に、このデバイスに減塩ミールキットを提供することで食事の満足度を評価するための実証実験を 9 月に開始します。

「私たちの目標は、デバイスを発売することです。 この装置で2023年の「電気塩」。 私たちは、人々がより楽しく生きられる社会の実現を目指します。

社会問題「塩分過多」

日本人の1日の塩分摂取量は、20歳以上で男性10.9g、女性9.3gであり、食事摂取基準からすると非常に多いことが知られています。健康への意識の高まりにより、日本で減塩・無塩食品の市場が拡大し続けてから何年が経ちますか。 2015 年から 2020 年の 5 年間で約 26% の成長を遂げ、2020 年の売上高は 1,413 億円(当社調べ※5)と予測されています。 減塩食を実践している人の約 63% が、難しいと感じたためにそうするつもりであることがわかりました。 そのうち約80%が減塩食品の味に不満を持っています。 人々が低ナトリウム食を続けている場合. それは健康問題を改善し、低ナトリウムおよび無塩製品の市場を拡大する可能性があります.

明治大学キリン研究室と宮下豊明博士との社会課題解決のための共同研究。

このような社会的課題に対応するため、2019年より宮下豊明先生の研究室とテクノロジーの活用に関する研究を行ってきました。 人体に影響を与えない微弱な電流を用いて人工感覚で食物の味を変化させる「誘電味」。 この研究の結果から、減塩食品の風味を高める独自の電気波形を開発しました。 そして、減塩・減塩した人を対象とした臨床試験では、減塩食での塩分感が約1.5倍になることが世界で初めて確認されました。

お客様のニーズを考慮したデバイスの進化

私たちのアンケートではラーメンとみそ汁が1位と2位で「減塩志向者の食事はあっさり味よりも濃い味を好む」との結果でした。 ラーメンなどの「ご褒美フード」は、減塩、ピリッとした味、風味豊かなスープへの需要が高く、毎日食べ慣れているが味に不満があるため、食べることを控えています。

これにより、これらの塩分を減らして食事をより美味しくするための顧客の忍耐力がなくなります. ラーメンやスープを食べるのにぴったりな「誘電塩漬けスプーン」「誘電塩漬け丼」を開発しました。

新開発の「誘電塩漬けスプーン」と「誘電塩漬けボウル」はさらに進化し、キリンと宮下豊明博士の研究室で開発された電気刺激波形技術を搭載し、ワンド型のソーシャルアクションデバイスとして紹介されています。

誘電塩漬けスプーン

特性: スプーンハンドルの電源スイッチをONにして、お好みの強さ(4段階)に調節してください。 選択後 スプーンの使い方は通常のスプーンと同じです。 食材に微弱な電流を流して、スプーンの先のような効果を生み出します。

可能な用途: スプーンラーメンの代わりに 具だくさんのスープやカレーに その他食事全般

誘電塩漬けボウル

特性: ボウル側面のライトスイッチをONにして、お好みの強さ(4段階)に調節してください。 ボウルは通常のボウルと同じように使用してください。 ボウルの底に手を置きます。 握ると茶碗に微弱電流が流れて出来上がり。

可能な用途: みそ汁やスープを食べるとき ラーメンやうどんの取り皿として。

キリンスプーンで塩味をプラス

Tajima Setsuko

「情熱的な旅行ファン。ゾンビのスペシャリスト。ゲーマー。内向的。熱心なビール忍者。音楽愛好家。完全なウェブ中毒者。筋金入りのトラブルメーカー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。