スクープ: 2022 女子バレーボール世界選手権を観戦する前に知っておくべき 10 のこと

バレーボールの世界でもスポーツイベントでもオリンピックゲームは最高のスペクタクルと考えられています。 もう一つの大きなイベントは、オリンピックと同じように4年ごとに開催される「バレーボール世界選手権」です。 そして今年、そのショーが再び収束する時が来ました。

女子部門では、2022 年 9 月 23 日から 10 月 15 日までオランダと対戦します。 と ポーランド これは 2 つの国の共催であり、誰もが知っている女子世界バレーボール選手権に関する 10 の興味深い事実を確実に収集します。 レースをより楽しく観戦できるように

バレーボールワールドカップとはバレーボール世界選手権のことです。

多くの人はバレーボールをしっかりとフォローしていません。 バレーボールプログラムの名前には混乱があるかもしれません。 英語にはバレーボールワールドカップとバレーボールワールドチャンピオンシップの両方があるからです。

ワールドカップに親しむことから、バレーボール世界選手権がワールドカップだと理解している人も多いのですが、実はこれは誤解です。 バレーボールの世界選手権について話すとき、それは世界選手権を意味するからです。 ワールドカップは後に組織された別の大会です。

バレーボール世界選手権は、バレーボールで最も古いイベントです。

バレーボール世界選手権 1952年に初めて開催され、ソビエト連邦が主催した、70歳の最も古いバレーボールイベントです。

第1回大会の参加チームはわずか8チームで、ほとんどがヨーロッパのチームでした。 only india ヨーロッパのチームではなく、アジアから唯一のチーム。 そして最高得点を獲得したのは、世界選手権で初めて優勝したホストチームのソビエト連邦です。

世界選手権のタイトルを最も多く保持している国

女子バレーボールの強国だった旧ソ連。 7回の決勝戦のうち5回まで世界選手権で優勝できるのは誰? 連合(5回)、日本(3回)、キューバ(3回)、中国(2回)、ロシア(2回)。

決勝戦が最も多い国

1978年から、世界バレーボール選手権大会は試合方式から大会形式を調整。 最も多くのポイントを獲得した人がチャンピオンです。 負け組制に切り替えて決勝進出 11回の大会中、決勝進出回数が最多の5チームは中国。

決勝で最も悲痛な国

ブラジルと中国は 3 つの決勝で最も多く負けた 2 つのチームですが、ブラジルは 3 つの決勝すべてに進出し、毎回負けているため、より哀れです。 一度も世界選手権で優勝したことがない

最も多くの女子バレーボール世界選手権を開催した国.

バレーボール世界選手権は 18 回開催され、中国、ブルガリア、フランス、ドイツ、イタリア、メキシコ、ペルー、チェコスロバキアの 11 か国で開催され、2 回以上開催されたのはブラジル (2 回)、旧ソ連 ( 3回)と開催回数の多かった日本は5回。

2022 年の女子バレーボール世界選手権は、初めて 2 つの国で開催されます。

通常、各トーナメントは国が主催します。 しかし、主にトーナメントの開催コストを削減したいという要望から、多くの国からの共催のリクエストの波が年々増加し始めました.

また、単一の国をホストする可能性がない小さな国に、より多くの機会を提供します。 バレーボールのすべては、イタリアとブルガリアが共催した 2018 男子バレーボール世界選手権から始まりました。 しかし、2022年のバレーボール世界選手権は、女子チームがオランダとポーランドによって共催されるのは初めてです。

コンテストに参加した国と競争するための選択システム

女子バレーボール世界選手権 国際バレーボール連盟が主催するイベントと見なされます。 大会に参加する 24 か国で参加チームの数が最も多いチームは、次のように競争するために選択されました。

オランダ人ホスト

主催国ポーランド

セルビアの元チャンピオン

ドミニカ共和国北中米ゾーン選手権(NORCECA)

北中米プエルトリコ準優勝 (NORCECA)

イタリア欧州選手権 (CEV)

トルコ、3 位、ヨーロッパ (CEV) * セルビアを代表する権利があります

中国、アジアゾーン(AVC)の第1チーム

日本、第2チーム、アジアゾーン(AVC)

ブラジル南米選手権 (CSV)

コロンビア、南米準優勝 (CSV)

カメルーン、アフリカ ゾーナル チャンピオンシップ (CAVB)

ケニア、第二アフリカ地域 (CAVB)

残りの 11 チームは、2021 年末に次のグローバル ランキングでトーナメントの出場資格を得た国で審査されます: 米国、ドイツ、ベルギー、韓国、ブルガリア、カナダ、タイ、アルゼンチン、チェコ共和国、カザフスタン。 ザフスタンと最後の国は、ロシアに代わって競争する権利を持つクロアチアです。 ウクライナ侵攻のため、国際バレーボール連盟から追放された

過去のタイガールチームの作品

タイはバレーボール世界選手権に 1998 年、2002 年、2010 年、2014 年、2018 年の 5 回すべて出場資格があり、タイの女子の最高順位は 1998 年、2010 年、2018 年で 2014 年と同じ 13 位です。一緒に17位しか作れない

このコンテストで注目する国

今年のワールドカップで優勝する可能性がある国を選ぶ場合、次のように決定しました。

お気に入り 1 イタリア バレーボール ネイションズ リーグ 2022 のオーナーであるイタリアのチームにスーパースターのポーラ イグアヌがいた場合、チャンピオンシップに勝つためにイタリアの名前をチームから削除することを敢えてする人は誰もいないでしょう。

2番目に好きなセルビア 現在も左翼を主武器とする元チャンピオン、ティヤナ・ボスコビッチは重要な戦力。

3位 アメリカ 多くのスターが東京オリンピック後に代表からの引退を表明しているが. しかし、強力なチームシステムと、アメリカをもう1つの必須チームにするための幅広いアスリートリソースの選択があります.

上記の 3 チームに加えて、中国とブラジルという 2 つの巨大な国もあり、今年は調子が良くない可能性があります。 しかし、チャンピオンシップを勝ち取るために介入する権利を持つチームでもあるかもしれません。

Hino Kou

「どこにでもいる動物の友達。コーヒーマニア。腹立たしいほど謙虚なソーシャルメディア愛好家。音楽中毒者。主催者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。