スポーツニュース:2022年6月11日

U-18の女の子を平手打ちして世界選手権のチケットを獲得

ナコンパトム県のナコンパトム市営スポーツセンターで開催された、第14回アジア選手権(2022年)の18歳未満の女子バレーボール大会。 タイ代表チームは、韓国、イラン、ウズベキスタン、オーストラリアとともにグループAに所属しています。 タイ女子バレーボール軍による、過去2試合でコートに出場し、連続で勝利し、準決勝への通過を保証するためにあと1ポイントを必要とし、最後の試合でバレーボール世界選手権にすぐに参加するためのチケットが保証されています。 2番目のゲームでプレーし、最初のゲームでも優勝したイランに会うために女の子がフィールドに入る結果は、このゲームが両方とも楽しい戦いを楽しんだことを示しました。 タイの女の子が3-1セットを獲得する前に25-17、18-25、25-20、25-17ワリサラシタラートは21ポイントで最高得点を獲得しました。タイの女の子は3試合に参加し、9フルで連続して勝ちましたポイント、トップエース群衆のリーダーは、最終ラウンドでプレーするためのチケットをタイに勝ち取る準備ができています。 19世界選手権2023歳未満の女子バレーボールもファイナリストです。 2009年以来8年連続(2年連続)のタイ代表ユース世界選手権

「カシディス」は日本のブラックITFを争う

国際プロテニストーナメントITFワールドテニスツアー2022は、世界ランキング「タイ-ITFテニスツアー」でポイントを獲得します。2回目(男子および女子プログラム)は、合計25,000米ドルまたは約821,750バーツ(男子-女子50,000米ドルまたはテニススタジアムで約1,643,500バーツ)。 2022年6月10日、Chiang Rai Provincial Administrative Organizationは、ダブルスのカテゴリーで準決勝に進出しました。 男子ダブルス部門では、タイ代表テニス選手2名の「ブーム」カシディットサクシードと「歌」ユッタナチャロエンポールが男子チーム部門で第31回東南アジア競技大会金メダルを獲得した。 中国の打者プ・ユン・チャウ・ケテとマレーシアのクリスチャン・ディディエ・チンがスーパータイブレークのために戦うことを目指してプレーオフに向かいます。 そして、2対1、6対2、1対6、スーパータイブレーク12対10でわずかに勝つために、最高のフォワードスラッシャーと戦おうとしている若いタイ人男性のペアであり、カシディットとユタナのペアは決勝に飛びました。ユキ、モジヅキ、マコに会う。2人の若い日本人ストライカー、オシに3回目のプログラムマニュアルは、プログラムの最初のガイドである台湾のチューユエチョウと中国のサンファジンを1-6、6-3、スーパードロー10-4。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。