ソニーはホンダと提携し、電気自動車を開発するためにソニーホンダモビリティ株式会社を設立

ソニーとホンダが電気自動車開発パートナーシップのための新会社を設立する計画を発表した後。 彼らは現在、会社をソニーホンダモビリティ株式会社と名付けました。ソニーはプレスリリースで、新会社は東京に拠点を置くと述べました。 2025年に電気自動車の生産と販売を開始する前の今年の日本。

ソニーとホンダの両方が50%の株式を保有しており、ホンダのチーフである水野康英が会長兼CEOに任命され、ソニーのEVPである川西泉が会長兼CEOに就任しています。

ソニーが以前に詳述したように、このパートナーシップは、ホンダの「現代の環境および安全技術、推進システムのタンク製造技術を開発する能力、およびホンダのアフターサービスを管理する経験」の統合になります。

同時に、ソニーは「ピクチャーテクノロジーセンシングシステムテレコミュニケーションシステムネットワーキングおよびエンターテインメントテクノロジー」をサポートします。

ホンダは現在、電気自動車の開発において競合他社に遅れをとっており、1台の電気自動車であるホンダEのみが発売されています。

今年初め、同社はGMとのパートナーシップを発表し、電気自動車を共同開発した。 2024年までに北米でホンダとアキュラのSUVを販売することを目標に、GMの世界クラスのアーキテクチャとUltiumバッテリー技術を使用しています。

ホンダも昨年、全モデルを電気自動車に転換する計画を発表した。 2040年までに燃料電池車を製造します。投資額は約400億ドルで、2030年までに30台の新しい電気自動車が発売されます。

一方、ソニーはすでに電気自動車の設計を実証しています。 1つのモデルだけでなく、Vision-SEVとVision-S02電気SUVの2つのバージョンがあります。

ソニーホンダモビリティがこれらすべての監督にどのように関与するかは不明です。 しかし、同社は近い将来、徐々に情報を公開する予定です。


ソース: 従事

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です