トムチャンは良い形で爆発し、墜落し、第2ラウンドに落ち、ITFを破った–新鮮なニュース

2022年のITFワールドテニスツアー国際プロテニストーナメントは、世界ランキング「タイ-ITFテニスツアー」で4回目(男女プログラム)のポイントを獲得し、アイテムあたりの賞金総額は15,000米ドル、約520,500バーツ(合計30,000米ドル)です。 、約1,041,000バーツ)、チェンライ州管理機構テニススタジアムで2022年6月21日に、メインドロートーナメント全体が開催されます。 初日で最終予選

ニュースをフォロー、フォローをタップ、ライブニュース

女子シングルスカテゴリー、メインドロー、第1ラウンド、「マナオ」トムチャン・モムクントード、タイ代表ストライカー、フェッドカップ2020、25歳、ワールドハンド1421、力強さとプレー力を発揮し、エースを7回務めた「 8番目に人気のある「世界で1157歳の31歳の日本人バッター、高山千尋は、6-3と6-4の2セットを続け、この試合は合計1時間41分かかりました。 ラウンド、サラクティップ・ウンムアンを2-0、6-4、7-5で破った日本の長田アンリに会いましょう。

single man final selection Between Thai tennis player “Meng Por” Phawit teaches securities, 22, 1703 world hands, meets Chanchai Sukkuni, 25, 1699 world hands and 7th favorite in the qualifying round, he turns out the fight is Chan served up 11 aces 、1つのダブルフォールトを失い、チャンチャイは7つのエースを出し、3つのダブルフォールトを失い、メインドローでセット7-5と6-4の両方を獲得したのはPawitでした。最初のラウンドはオーストラリアのニキータボロンスキーに会います。

他のタイテニス選手の結果については、男子シングルス予選決勝で、プラチャ・イスロがジェームズ・ファン・ヘルゼーレを6-2、6-4で、ポル・ワタナクルがエリック・パドガム(オーストラリア)を6-1、6-3で破った。 -6(7-3)、6-7(5-7)、スーパータイブレーク10-2カンティナンスーティナンオパスがリシレディ(インド)に敗れた3-6、0-6クレジットチェアリンがブレイクバイルドン(オーストラリア)に敗れた6 -7(4-7)、1-6。

男子シングル、男子シングル、第1ラウンドでは、ポルフム・コバピタクテットがサン・ファジン(第6シード中国)に1-6、2-6チャンチャイ・スクトゥアン(ラッキー・ルクサー)がジア・チュイ(中国)に敗れた。 1-6、1-6

女子シングルス予選決勝:タナチャポーン・ヤングモードがスウィーチャヤ・ブーンリエンを6-3、6-1で破ったタサポーン・ナクロールがリノン・オクワキ(日本)を6-2、6-1でインラック・チッタコットがメハール・コーリ(インド)を6-1、6-1ビエラ・ディパームが破ったラダマナタウィワット6-2、6-2

女子シングルスのメンドロー、第1ラウンドでは、ファウィニー・ルアムラックがヴァンチェイタ・パタニア(インド)に4-6、6-7(5-7)で敗れた。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。