ネイティブスピーカーはいつもそれを間違って使用していますか? ? 多くの日本人がすみませんと書いています。

すみません(すみません)、またはごめんなさい、多くの人が知っているように、謝罪の一般的な表現ですが、一部の日本人でさえそれを誤って発音したようです!

Sirabeeは、すいません(suimasen)としてすすみません(suimasen)を書くことについて、10歳から60歳までの全国の1,000人の日本人の若者を調査しました。

すみませんはすいませんのより礼儀正しい形であり、謝罪にも使用されます。 もともとはす(sumu)から派生したすみませんは、漢字で使いませんと書かれていますが、すいませんは簡単な言い方で、より一般的には口頭言語で使用されます。 したがって、正しい単語はすみませんでなければなりません。

しかし、仕事の面では、すみませんとすいませんという言葉はよく知られていると考えられています。 これは、ビジネスでは使用されない用語です。 そのため、メールでお詫びしたい場合は、代わりにここ訳ありません(もしかけありません)を使用してお詫びする意思を表明してください。

超自然的

また、すみませんとすいませんは感情の弱い言葉です。 当然のことながら謝罪していると思っても、上司は真面目でなく、誠実でもないと思うかもしれません。 使用する単語を選択することが重要なので、対戦相手と状況を考慮することが重要です。

20歳の男性はインタビューで、「少し前に誤解してすいませんと言った。正直言ってすみませんとすいませんは同じ言葉だと思うし、すいませんは発音しやすい。だからすべてが間違っている」と付け加えた。しかしその後、首長は言葉を使わないように彼に警告しました。これにより、若い男は彼の使用にもっと注意を払いました。

著者は、間違いを犯す文章のいくつかは、そもそも間違っていると言ったためかもしれないと考えています。 たとえば、すいという言葉を書くときは、すいと書きます。 はい、タイ語のドットに似ています。 ほとんどの場合、誰も間違っていませんが、もっと書くのは間違っていることがよくありますね。 または、間違った言語で書かれているにもかかわらず、発音されたとおりに書く単語もあります。 ここでは注意する必要があります。 そうでなければ、それはあまり記憶されていないかもしれません^^

の内容のまとめ シラビー

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。