フロンティアは世界で最も強力なスーパーコンピューターとして君臨し、1 Exaflop/sの壁を打ち破りました。

2022年6月のTOP500世界スーパーコンピューターランキング(年に2回、6月と11月に開催)新しいチャンピオンによって大きな変化がありました。 American Oak Ridge National Laboratory(ORNL)のFrontierスーパーコンピューターは、1.102 Exaflop/sのパフォーマンスで初めてExaflopバリアを通過した世界初のスーパーコンピューターでもあります。

フロンティアは、米国エネルギー省によって2019年以降に発表された3台のスーパーコンピューターの1つです(他の2台、オーロラとエルキャピタンはまだ完成していません)。3台はすべてCray(現在はHPE)によって開発されました。

フロンティアは、AMDEpyc64CプロセッサとAMDInstinctMI250xアクセラレータを使用し、HPE Slingshot Networkで接続されたオールAMDアプローチを採用しており、システムコアの総数は8,730,112コア、パフォーマンスは1.1 Exaflopで、ほぼ2位になっています。 合わせて2〜8位より強い

2位は、2年間チャンピオンシップを保持し、442ペタフロップス/秒のパフォーマンスを備えたArm富士通A64FXプロセッサを使用している日本のチャンピオンである富岳です。

3位はフィンランドのLUMIで、フロンティアと同じHPE Cray Ex 235aプラットフォーム(AMD Eypc + Instinct)に基づいていますが、合計コア数が約110万コアと少なく、151のパフォーマンスがあります。

4位は、IBMが建設し、オークリッジ国立研究所が所有するサミット前のチャンピオンです。 TOP500

米国エネルギー省には、すべてのIntelテクノロジーを使用する2台の保留中のマシン、Auroraがまだあるため、世界で最も強力なスーパーコンピューターのリストは、今後1〜2年で数回変更される可能性があります。 2022年末に予定されており、ElCapitanはAMDテクノロジーを使用しています。 どちらも約2Exaflop/sのパフォーマンス目標を持っています。

ソース – Top500AMDHPE

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。