プロメイが第16代王者を獲得、日本シニアは賞金1600万円

ホアヒン出身の 56 歳のスウィング レジェンド プロ マイ プラユット マクサンは、日本で開催されたジャパン シニア オープン ゴルフ チャンピオンシップで 16 回目のジャパン シニア ツアー チャンピオンシップを獲得し、再びタイでその名を馳せました。 2022 年 9 月 18 日、日本のタラオ カントリー クラブで 276

ニュースをフォロー、フォロー、ライブニュースをタップ

このイベントは、9 月 15 日から 18 日まで開催される日本シニア ゴルフ ツアーの主要なイベントの 1 つで、賞金総額 8,000 万円 (2,023 万 2000 バーツ) を獲得します。 2回戦をリード そして試合開始前に、2位の藤田浩之選手を一挙に追い上げた。 タイのスイングが絶好調になる前に 最終ラウンドでさらに2アンダー70を追加し、合計12アンダー276で優勝。 賞金1600万円(約404万6400バーツ)が予定されており、日本で16人目のタイのスイングチャンピオンでもある。

2位は藤田博之が合計8アンダー280打、3位は金本隆史が合計6アンダー282打となった。日本シニアゴルフツアーの次戦は第61回PGAシニア選手権大会 住友商事ザ・サミットカップは茨城のサミットゴルフクラブで開催されました。 10月6日~9日で賞金総額5,000万円が当たる!

Tamashiro Masumi

「ゾンビ学者。不屈のツイッター実践者。献身的な思想家。読者。一般的な主催者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。