プーチン大統領が緊張を高める中、ドルは急騰


©ロイター。

ピーター・ナース

Investing.com – 米ドルは、水曜日のヨーロッパでの早期取引で上昇した。 ウラジーミル大統領のおかげで 20 年間で最高水準近くまで上昇 ロシアのプーチン大統領は、ウクライナ領土で緊張を高めています。 そしてトレーダーは、米国連邦準備制度理事会による大幅な利上げを待っています。

他の 6 つの通貨に対してドルを追跡する 03:00 ET (07:00 GMT) の時点で、ドルは 0.5% 高の 110.457 で取引されており、今月初めの 20 年ぶりの高値である 110.79 に近づきました。

ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、水曜日に録画されたビデオで、国の200万の強力な準備金の動員を発表した. 現在ロシアが占領しているウクライナの一部を併合する意向を確認した

プーチンも政治的対立をエスカレートさせた。 彼は、ウクライナでの勝利を守るために同国が核兵器を使用したことについて、軽度の脅迫を行った。 同時に、彼は西側諸国が「核恐喝」を使用していると非難した.

「ロシアの領土の完全性が脅かされている場合、私たちはそれを排除するためにあらゆる手段を使用します。これはまったくでっち上げではありません」とプーチン大統領は述べた。

ユーロは急落し、0.7% 下落して 0.9903 となり、9 月初旬以来の最低水準である 0.99 に近づきました。

連邦準備制度理事会が高インフレに対抗するために水曜日に少なくとも 75 ポイントを発表するとの広範な期待により、ドルは上昇しました。

金利が完全に引き上げられるという問題が完全に排除されるわけではありません。 なぜなら、先週は、インフレがまだ 40 年ぶりの最高水準に近いことを示しているからです。

INGのアナリストはメモで、「FRBが最近のジャクソンホールシンポジウムで示された緊縮策を引き下げる理由はないようであり、75ベーシスポイントへの『大幅な引き上げ』はドルを最高水準に近づけるだろう」と述べた。一年」。

こうした期待が米国債利回りを押し上げています。 一晩で 3.992% 上昇 これは 2007 年以来の最高水準であり、ベンチマークの米国財務省の債券利回りは 3.604% に上昇し、2011 年以来の最高となった

国債利回りの上昇が上昇圧力を加えたものの、円の安全な避難場所の地位が日本の通貨を助けたため、0.1%下落して143.64になりました。 円は今年、ドルに対して約 20% 下落しました。

木曜日に政治会議が開かれる。 特に緩和的な景気刺激策をそのまま維持する必要があります。 火曜日に発表されたデータによると、8 月は 2.8% 上昇し、ほぼ 8 年間で最も速い年間ジャンプを示しました。

プーチン大統領の意図に対する懸念が木曜日に再び利上げする可能性を上回ったため、0.4% 下落して 1.1338 となり、37 年ぶりの安値である 1.1351 に下落しました。

リスクに敏感な通貨は 0.5% 下落して 0.6658 になり、0.5% 上昇して 7.0509 となり、心理的に重要なレベルである 7 をわずかに上回りました。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。