マレーのコーチ武将「ヨンコーチ」が変わったときに非常に詳細

2022年、ウズベキスタンでのAFCジュニアサッカー選手権タイ代表チームの大会を主催し、「ヨン監督」ウォラウト・スリマカをヘッドコーチとして、ベトナムとの2対2の引き分けで最初の試合を開始しました。韓国を破ったマレーシアとの対戦で、オールドチャンピオン1-4はこのトーナメントの第1ラウンドの第2ゲームの状況を作り、次のラウンドに進むチャンスを作るために両方のチームが勝つために努力しなければなりません。

ちなみに、オーストラリア代表の元ミッドフィールダーだった、マレーシア出身の50歳のオーストラリア人コーチ、ブラッド・マロニー。 「タイはもう一つの強いチームです。今回のタイは、海外から輸入した9人の選手を含む過去2試合で見られたものとは異なりますが、彼のチームは増加するために困難なタスクを通過する必要があります。次のラウンドでのチャンス。

「韓国のようなディフェンディングチャンピオンとの非常に厳しい試合を経験しました。そして今、別の厳しい試合があなたを待っています。状況を簡単な試合ではないと評価しました。過去数か月に何度かタイに出くわしました。彼らは良いチームです。彼らはまた、彼らが海外から選手を連れてくるのを見てきました。それで、これがまた別のタフなゲームになることを期待してください。

タイ代表チームの9人の外国人選手は、Thanawat Tungjitthaworn(レスター・シティ、イングランド)、Yannick Nussbaum(BSC Young Boys、スイス)、Nicholas Kengkhetkit Mikkelson(Obi Odense、デンマーク)、Chayaphiphat Suphanphaj(Estroil、ポルトガル)、 Achitphon Kirirom(Augsboa)Mark、Germany)、Benjamin Davis(Oxford United、England)、Channarong Promsrikao(Union Adolf、Spain)、Jonathan Khemdi(OBi Odense、Denmark)、Sittichok Phaso(FC Ryukyu、Japan)。

23歳のユースサッカープログラム、アジア選手権2022、第1ラウンド、グループC、第2試合では、マレーシアは6月5日日曜日の22:00(タイ時間)にタイと対戦するためにフィールドに参加します。

ニュースをフォローする別の方法
@Siamsportに友達を追加する
友達追加

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。