マンチャヤは日本を破り、チェンライでのITFチャンピオンシップで2位になりました。

2022年ITF世界テニスツアー国際プロテニストーナメントは、チェンライ州行政機構のテニススタジアムで世界ランキング30,000米ドル、約989,100バーツのポイントを獲得します。

ニュースをフォロー、フォローをタップ、ライブニュース

2022年6月19日、タイのローンテニス協会の副会長であるThaweesakSilkul博士の最終ラウンドでした。 王室の後援の下、協会の2つの実行委員会であるChannarongJadnok氏とKritchaiNaey-ocha氏が授賞式を主宰しました。

独身女性決勝「マイ」マンチャヤ・サワンケオ、世界837番手シンブリ出身の19歳タイテニス選手、21歳日本のテニス選手佐藤奈穂が名簿と手で5位にランクインし、苦戦を強いられる。前日に女子ダブルス選手権で優勝したばかりの世界665位のマンチャヤは、一生懸命戦っているようだ。 しかし、手首と右肩に痛みがあると、ゲームが難しくなり、最大9つのダブルフォールトが失われ、最初のセットで症状をチェックするためにフィジオを呼び出す必要があります。試合終了まで痛みを強いられ、2-0で勝利した佐藤奈穂です。 、セット6-4、6-2は、別の女子シングルス選手権で優勝しました。 大会に1時間19分を費やした後、彼は2,352ドル、つまり約77,545バーツの賞金を受け取り、世界ランキングで10ポイントを獲得しました。 Mannchayaは、次点として$ 1,470、つまり約48,466バーツと6ポイントを受け取りました。

シングル男子タイプこれは、中国出身の20歳の世界で4番手と517番手である「オールドチャンピオン」のブー・ユンチャウゲートと、3番シードで554番手である今井真太郎との最後の決勝戦の再戦です。 28- 1歳の日本の世界は、最大16のエースを務めたシンタロウが1回の競技時間でセット7-5、6-4で2-0で勝利し、目をクリアする前は楽しかったように見えました。 賞金がUS$2,160、つまり約71,215バーツと15ポイントの10番目のプロチャンピオンであり、次点者はUS $ 1,272、つまり約41,938バーツと8ポイントを受け取りました。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。