世界エアロビクス会長、タイを称賛 世界体操選手権の継続開催を目指す

世界エアロビクス会長、タイを称賛 世界体操選手権の継続開催を目指す

パタヤ市副市長のクリシュナ ブーンサワッド氏は、9 月 3 日、チョンブリ県パタヤのイースタン スポーツ センター体育館で開催された第 7 回アジア選手権の開会式で、世界エアロビック体操日本代表の北川弥二氏と共に共同議長を務めました。

この大会には、カンボジア、香港、インドネシア、インド、日本、韓国、ケキスタン、モンゴル、ベトナム、タイなど、大会に参加する10か国から選手が集まり、トリオ(3人)、混合ペア(混合ダブルス)、グループが参加します。とダンスの種類(タイで最初に組織された)、合計400人。

北川弥二氏は、タイ体操協会を称賛しました 美しい競技会場を組織し、笑顔を作り、10カ国のアスリートを称え、感動を与え、タイが日本と韓国に続いてエアロビック体操世界選手権を主催することを提案しました.

タイ体操協会の副会長であるクスマン・プラセルツリ博士は、このアスリートは、世界チャンピオンの卒業証書を持っているベトナムと韓国と対戦するSEAゲームでの新星と金メダルの組み合わせです. これにより、アスリートを国際レベルで完全に育成するための継続的なアイデアが生まれました。 世界選手権部門 すべてのカテゴリーは、各年齢層で少なくとも 3 人に 1 人を目指しており、カンボジアで開催される来年の SEA Games の金メダル獲得に向けて自信をつけたいと考えています。

大会初日の結果は、女子シングルスの予選から6名が決勝に進出し、ザリ・タカハシ(日本)18.75点/フアン・ティ・イェンニ(ベトナム)18.50点/キムのようだ。ジユン (韓国) 17.75 ポイント / パンロス ワトン 17.850 ポイント / ソヘン ネム (カンボジア) 17.200 ポイント マジダ ケイジャン (インド) 16.050 ポイント

ヤング男子シングルス、男子シングルス、予選ラウンド、好成績の6人も決勝進出、構成はチョン・ソンチャン(韓国)18.050点/プアン・チアナム(ベトナム)18.350点/イタナ・コータロウ(日本)16.850点/ナタキット・ティラサソン 16,200点/バットブヤン・シンバット(モンゴル)15,850点/クリスチャン・カレブ・ヴィシュヌ(インド)15,200点

男子エイジグループのカテゴリー、出場資格、上位 4 人のファイナリストには、Cho Yechan (韓国) 17.150 ポイント / Nontawat Petchnok 16.975 ポイント / Rendy Warrenian Makha Naf (インドネシア) 16.000 ポイントと Shingun Amkalan (モンゴル) 14.550 ポイントが含まれます。

女性の年齢グループ 決勝に進出したのは 4 人で、構成は Xiao Do Yeon (韓国) 17.600 ポイント / Chananthida Chairakpridamit 16.000 ポイント / Anjory Pangkambam (インド) 15.450 ポイント、Lana Ukai (キルギスタン) 15.200 ポイントです。

9 月 4 日に決勝大会が行われるためです。 年齢グループ、混合ダブルス、12-14 歳 / ヤング混合ダブルス 15-17 歳 / トリオ、12-14 歳および 15-17 歳の若者、ユース チーム グループ、15-17 歳の 5 人 / チーム グループ 8人、エアロビクスダンス、一般部門での競技もあります。 すべてのカテゴリの予選イベントも。

Hino Kou

「どこにでもいる動物の友達。コーヒーマニア。腹立たしいほど謙虚なソーシャルメディア愛好家。音楽中毒者。主催者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。