中国が台湾を形成するために戻ってきた、日本は強い、3-0で敗れた、U18の戦い

2日目のアジアU18女子バレーボール選手権。 大会の結果、スコアボード、次の試合のプログラムをここでフォローしてください。

2022年6月7日にナコンパトム県のナコンパトム市営スポーツセンターで開催された第14回アジア選手権(2022年)の18歳未満の女子バレーボール大会は、2日目の大会です。 コンテストの結果は次のとおりです。

グループA 最初の試合でフィールドに入ったばかりの2018年から4位にランクされた最初のペアである韓国は、最初の試合でタイに敗れたウズベキスタンと出会い、この試合の結果、ホワイトソーマはかさばる3-0で勝ったものです設定。 25-9、25-15、25-12が最初の3ポイントを獲得して支配する

最初の試合で優勝したタイをホストしている間、オーストラリアを3-0セット25-18、25-16、25-9で継続的に破る素晴らしい仕事をしている間、カンチャナ・スリサイカエウは11ポイントでチームの最高得点を記録し、チームを2勝に導きました。 6ポイントでグループをリードするストレートゲーム

グループB カザフスタンは彼らの最初のゲームに勝つために戻ってきました。 勝利により、フィリピンは3-0セット26-24、25-19、25-15が支配する最初の3ポイントを集めます。 同様に、依然として優秀なディフェンディングチャンピオンである日本は、インドを3-0で下し、25-11、25-10、25-18で、2試合連続で勝利しました。

そして最後のペアは、最後のタイムアウトの前に台湾と会うためにコートで中国のライバルと戦っていました。最初のゲームに勝つために台湾を3-0で破り、25-16、25-20、25-9を設定したのは中国でした。

すべての結果の要約
グループA

韓国はウズベキスタンを3-0で下し、25-9、25-15、25-12をセットしました。
タイがオーストラリアを3-0で下したセット25-18、25-16、25-9

グループB
カザフスタンはフィリピンを3-0で下し、26-24、25-19、25-15をセットしました。
日本はインドを3-0セット25-11、25-10、25-18で破った。
中国は台湾を3-0で下し、25-16、25-20、25-9を設定しました。

ダッシュボード
グループA

1.タイは2勝、6ポイントで0敗
2.韓国は1勝3ポイントで0敗
3.イランは1勝、3ポイントで0敗
4.オーストラリアは0ポイントで0負け2を勝ち取りました
5.ウズベキスタンは0で勝ち、0ポイントで2を失った

グループB
1.日本は2勝6ポイントで0敗
2.カザフスタンは1勝、1敗、3ポイント
3.中国は1勝3ポイントで1敗
4.台湾は1勝3ポイントで1敗
5.インドは1勝、3ポイントで1敗
4.フィリピンは0ポイントで0負け2を勝ち取りました

次の会議スケジュール
2022年6月8日
グループB
09.00インドとカザフスタンの出会い

グループA
午前11時30分韓国とオーストラリアが出会う

グループB
14.00中国とフィリピンが出会う

グループA
午後4時30分イランとタイが出会う

グループB
19.00台湾と日本が出会う

バレーボールファンは、Facebook:AVC-Asian Volleyball ConfederationおよびYouTube:TVAChannelを介してライブ放送を視聴できます。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。