中国を逃れた日本の技術サプライヤー、iPhoneの製造・販売業者である村田製作所がタイに参入し、2023年10月に新工場を開設。

日経アジア通信社は2022年1月10日、村田製作所やその他の技術プロバイダーである日本が中国への依存を減らしていると報じた。 米国と中国の間の激化する紛争のため

iPhone用スペアパーツの世界最大のコンデンサメーカーおよびディストリビューターである村田製作所による。 2021年11月、村田製作所の中島規巨社長が2023年10月にタイに新工場を開設すると発表した。 日経アジアへのインタビューによると、新工場は最終的に上海近郊の無錫に拡張され、村田製作所は家電用の多層セラミックコンデンサを製造します。

収益シェアの半分以上を中国に依存している村田製作所は、時間の経過とともに減少すると予想されています。 同社は将来の成長のためにインド太平洋に目を向けています。 これは、米中競争の中で地政学的リスクに対処しようとしているJapanInc.の例です。

村田会長は、「ワシントンが中国での技術を禁止するなど、私たちの手に負えない出来事のリスクがある。サプライチェーンを多様化することが重要だ」と述べ、アップルのような主要顧客も中国国外に広がっていると付け加えた。 。 村田製作所はかつて、両国間の永続的な経済関係の象徴でした。 アジア最大の経済しかし、米国と中国の間の貿易格差には、中島規巨のようなビジネスリーダーが心配している。

村田製作所は貿易戦争に対応しただけではありませんでした。 長期的な人口動態の傾向も考慮されます。

「今日最も人口の多い国は中国かもしれませんが、2030年にはインドになります。 そしてアフリカ」と村田製作所の議長は述べ、これらの経済は中国や米国と一致するだろうと付け加えた。 またはわからないしかし、それは両方の状況に対応できるはずです。

しかし、2020年6月に会長に就任した中島規巨は、京都を拠点とする会社を地元の電子機器メーカーからアップルの主要サプライヤーに変えたとされています。 彼は家族の創設者を除けば最初の起業家です。

一方、中島規巨氏によると、同社は無線信号を受信するためのフィルターなどのスマートデバイスを提供している。 信号伝送用の信号補強用増幅器。 着信信号と発信信号を同時に処理するデュプレクサ。 Apple iPhone、Samsung Galaxy、HuaweiNoteなどのスマートフォンで使用します。 中国のスマートフォンに搭載され、米国が最大の最終市場に出荷されました。

これらのコンポーネントは、異なる方法で設計する必要があります。 各スマートフォンブランドのオペレーティングシステムに合わせて同じ機能を実行しても、貿易戦争のため、技術移転の障壁各ブランドは独自の設計とオペレーティングシステムを開発しました。 これは、部品サプライヤーもそれに応じて、その過程で製品を調整する必要があることを意味します。 難しい作業である全体的な作業負荷を増やす

村田製作所にとって、サプライチェーンの課題は米国と中国の分離だけではありません。 チップ不足は日本での自動車生産を停止させ、電子部品の需要も落ち込んでいます。

村田氏自身も、パワーマネジメントICの不足により、動力工具電池や自動車用Wi-Fiモジュールなどの供給に苦戦している。 トランシーバーICと村田製作所社長は、今年はチップ不足が緩和されると予想しています。

地政学的な不確実性の中でサプライチェーンを調整している日本のハイテク企業は村田製作所だけではありません。日本の大手チップメーカーであるレネサスエレクトロニクスは、中国への出荷が禁止される可能性があることを懸念しています。 総売上高の22%を占める市場である米中貿易戦争により、ルネサスは米国の事業に依存してきました。 アナログ半導体製造の主な事業。 音、画像、動き、温度などのアナログ信号をデジタル信号に変換する米国は、テキサスインスツルメンツとアナログデバイセズが主導するアナログ半導体製造の世界的中心地です。

2021年、ルネサスはダイアログセミコンダクターを買収しました。 60億ドルのためのイギリスの。 技術基盤をヨーロッパに拡大しようこれにより、ヨーロッパの技術を使用して中国にチップを供給することが可能になりました。

ルネサスの柴田英利CEOは、欧米の才能と技術に手を差し伸べることの重要性を強調しています。 2021年12月にSEMIが主催した業界イベントでのスピーチで、2010年に日立三菱電機とNEC半導体事業が合併して設立された東京を拠点とする企業は、過去5年間の一連の米国買収を通じて技術基盤を多様化しました。 Dialogの買収により、ヨーロッパの人材ギャップも埋められました。

世界最大のチップメーカーの1つである東京エレクトロン地理的成長経路の多様化を目指す別の企業として、東京エレクトロンの川井敏樹CEOがSEMIに登場し、ヨーロッパの大手企業との緊密な関係を通じてリーダーシップを強化するという同社の戦略を概説しました。 最近発表された協力を強調する中国のチップデバイスメーカーからのエスカレートする課題の中で、ベルギーの研究機関であるImecとオランダの会社であるASMLがあります。 リソグラフィーマシンの大手メーカーは、最先端のチップ製造装置を開発しています

米国、中国、日本と同様に、ヨーロッパは現在、中国と台湾の間の緊張の中で供給が途絶えるリスクを減らすために、現地のチップ生産を増やしようとしています。 ヨーロッパはかつて主要なチップ生産地域でしたが。 現在、世界の生産量のわずか10%を占めています。 ヨーロッパは、2030年までに世界シェアを少なくとも20%に増やしたいと考えています。

チップデバイスの製造業者は、半導体の供給を制限するためにこれらの国々が講じた措置の恩恵を受けることができます。 東京エレクトロンの制作はほぼすべて日本で行われています。 売上の80%以上は海外からのものですが。

参照 : https://asia.nikkei.com/Spotlight/Supply-Chain/Murata-s-Thailand-move-heralds-Japan-tech-shift-from-China

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。