便秘を予防し、緩和するための日本のヤマノイモのレシピ-ANNGLE TH

サツマイモは日本人が食べたい根菜の一種です。 さつまいもは、築100年以上の徳之島で多くの人が毎日食べる野菜のひとつと言われています。 善玉菌の一種であるビフィズス菌は、サツマイモを定期的に大量に食べる人の腸内で発見されています。 この細菌は、健康な腸内環境を維持し、体の免疫システムを高めるのに役立ちます。 便秘の予防と緩和に役立つサツマイモの利点を発見してください。 そして、日本の便秘を予防し、和らげるのに役立つサツマイモ食品のメニュー。

便秘の予防と緩和におけるサツマイモの利点

100グラムのサツマイモには3グラムの繊維が含まれています。日本のサツマイモの繊維は、腸内の善玉菌の数を増やし、便のかさを増やすことで便秘を防ぐのに役立ちます。 日本のジャガイモは、生のジャガイモを切り開いたときに目立ちやすい濃厚なペーストであるヤラピンも豊富に含まれています。 日本人はヤラピンを抽出し、下剤として使用しました。 彼らは食物繊維と協力して便秘を予防し、緩和するのを助けます。

便秘の予防と緩和に役立つサツマイモの食べ方

日本の厚生労働省は、日本人が男性の場合は1日あたり20グラム、女性の場合は1日あたり18グラムの健康な繊維を摂取することを推奨しています。 最近の報告によると、日本人は1日あたり平均約14グラムの繊維を消費しています。 サツマイモは、1日あたり200グラム、つまり頭のあたりで、適切な排泄に必要な量の繊維を体に与えるのに十分です。ただし、サツマイモの比率は、不溶性繊維と可溶性繊維の2つです。1。不溶性繊維が増加します。スツールボリューム。 そして、可溶性食物繊維は腸内の大量の糞便を柔らかくし、それらの排泄を促進します。 したがって、便秘を予防し、緩和するためにサツマイモを食べる効果的な方法は、水溶性繊維を多く含む野菜や果物と一緒に日本のサツマイモを食べることです。 便秘の予防と緩和に役立つメニューは次のとおりです。

ゴボウとこんにゃくさつまいもの味噌汁

食物繊維に加えて、十分な水を飲むことは便秘を防ぎそして和らげるのを助けることができます。 味噌汁は、水分と食物繊維の両方を体内に取り込むのに適しています。 サツマイモの皮は食物繊維と薬用物質が豊富です。 味噌汁で炊くと、皮をつけたまま食べやすくなります。 さらに、こんにゃくの根とこんにゃくは水溶性食物繊維が豊富で、排便を改善します。

さつまいもとヨーグルトのサラダ

日本のジャガイモは食物繊維が豊富です。 そして、ヨーグルトは乳酸菌が豊富です。 これは、便秘を防ぎ、緩和しながら、腸の環境を調整するのに役立ちます。 サツマイモはヨーグルトのタルト味によく合います。 これにより、このメニューはすべての年齢の家族の間でお気に入りになります。

さつまいもとアボカドチーズ

アボカドは水溶性食物繊維が豊富な野菜です。 茹でたヤマノイモとアボカドを食べやすい大きさに切ることで、ヤマノイモと一緒に食べると体が排泄しやすくなります。 チーズとマヨネーズをふりかけます。 摂氏200度で約10分焼きます。さつまいもとチーズで焼いた日本のアボカドは美味しくて便利です。 ただし、チーズが苦手な場合は、調理したサツマイモとアボカドだけを食べることができます。

日本のヤマノイモ繊維は、便秘の予防と緩和に役立つだけでなく、血糖値を上げる働きもします。 血中のコレステロールの量を減らすのに役立ちます。 特にリンゴの5倍のビタミンCの量のおかげで免疫システムを強化するのを助けることによって異なる利点はありません

の内容のまとめ おいもやnews.yahoo

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。