叔父は安倍を撃った母親が大学に行くお金がないまま子供を残して教会に1億円を寄付したことを明らかにする

ロイター経由共同通信

叔父は安倍を撃った母親が大学に行くお金がないまま子供を残して教会に1億円を寄付したことを明らかにする

元首相の安倍晋三を暗殺した銃撃者、山上哲也さん(41)の母親からの寄付に関する情報。 まだ継続的に明らかにされている、最新の共同通信社が報じた。 彼の叔父が出てきて、山上さんの母親が集めたお金をすべて統一教会に1億円または2600万バーツ以上持ってきたと言った。

山神さんの叔父は大阪での記者会見で記者団に、山上さんの父親が1984年に自殺した後、1991年に山上さんの母親が教会に加わったと語った。 家族の不動産売却によりさらに4000万円が寄付された。

2002年の破産後、山上さんの母親は教会に寄付を続けました。 しかし、少数ではあるが、山上さんの77歳の叔父は、山上さんの母親を長年財政的に支えてきたと言った。 山神の母は教会の重要な信者の一人であると信じていました。 そして、彼女は彼女の心の制御下にあります。

統一教会は、5000万円を寄付で返還したと主張し、山神の母親が組織にどれだけ寄付したかについての記録はないと主張している。 しかし、山上さんのおじは、教会は責任を避けようとしたと言った。

山神の叔父はまた、家族の経済的問題が続いたと言った。 その結果、山上はお金がなかったので大学を中退しなければならなかった。 しかし、彼は父親のようにとても頭がいい。 そして彼も一生懸命働いています。 叔父の気持ちにそれを追加することに加えて、彼は良い思い出しかありませんでした。 孫について

大学卒業後、山上は消防士になりたいと思っています。 山上は2005年に海上自衛隊に加わり、兄妹が生命保険の恩恵を受けられることを願い、自殺未遂をした。

山神の叔父は、甥が海上自衛隊に、自分の人生と家族のために自殺未遂をしたと語ったと語った。 山神の母がこの叔父の家で休んでいる間に統一教会によって破壊された。 彼女は非常に疲れていて調査に協力していたので、しかし彼は彼女がまだ統一教会と接触しているかどうか確信がありませんでした。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。