台風「Hin Thorn No」 日中はフライトとフェリーを運休

台風「Hin Thorn No」 日中はフライトとフェリーを運休

台風Hin Thorn Budが上陸に近づいており、中国東部の都市はフェリーの接続を一時停止し、学校を閉鎖するようになっています。 一方、日本は9月4日にフライトをキャンセルしました。

上海はフェリーサービスの停止を発表しました。 そして救出のために50万人以上の警察が動員されました。 温州などの危険な地域の人々の交通誘導をサポートするのに役立ちます

中国気象局は 9 月 4 日に黄色レベルの台風警報を発令し、浙江省北東部、上海、台湾で大雨を警告し、船舶に陸揚げを命じ、禁止した。

台湾と韓国を襲った台風 Hin Thorn Bud は、時速 175 キロメートルの最大風速で台湾と韓国を襲いました。 今年は世界で最も強い嵐と評価されました。 香港天文台は、台風Hin Thorn Budが東シナ海を徐々に北上すると予想しています

日本は沖縄島の人々の避難を命じました。 南日本と他の近隣の島々は強い突風を引き起こし、洪水の危険性が高く、100以上の島間フライトがキャンセルされました. 九州台風ヒンナムナオ島の一部のフライトは、韓国半島に大雨をもたらすと予想されています。 そして洪水を引き起こす可能性があります

台湾では、新北、桃園、新竹の 600 人以上が避難所に避難したと伝えられています。 大雨と強風の後、苗栗県でも土砂崩れが報告され、約 100 本の木が伐採されました。 9月3日、台湾全土で約40便が欠航し、100隻以上の船舶が運休した。

Yamauchi Haruki

「フードプラクティショナー。情熱的な音楽ファン。認定された問題解決者。コミュニケーターになりたい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。