台風ナンマドルが日本を襲い、甚大な被害をもたらした 60 人以上が負傷した。

昨日(9月18日)の午後、九州南西日本の島に上陸した台風ナンマドルの影響により、多くの地域で大雨と突風が発生しました。 そして、多くのフライトや旅客列車のキャンセルを引き起こしています。 停電は 30 万以上の家屋に影響を与えました。 そして、少なくとも60人が負傷したと言われています。

今朝(9 月 19 日)までに、今年の日本の台風シーズンの台風ナンマドルまたは台風 14 号。 本州最大の島である本州付近を東に向かい、大阪、京都方面に向かいます。 明日(9月20日)に東京に到着する予定です。

気象庁(JMA) 台風 Nanmadol は、時速 108 キロメートルの最大持続風を報告しました。 時速162キロメートルの突風

暴風雨の影響は、多くの地域に影響を与えると予想されます。 気象庁が警告した西から北へ、今後24時間、国の中央部の工業地帯である東海地方の降水量は400ミリメートルに達する可能性があります

気象庁はまた、低地での土砂崩れや洪水のリスクが高い地域の住民に警告を発しました。 川の増水に注意を呼びかけ、東京都と神奈川県の両方で洪水に注意するよう勧告を発表しました。

日本の当局は以前、暴風雨に見舞われやすい地域から 800 万人以上の人々に避難を命じていました。 その結果、多くの人がスタジアムやその他の場所で寝なければなりません。 当局が一時的な避難所として提供するもの

当初、台風ナンマドルによって多くの道路が浸水したため、60 人以上が負傷しました。 多くの建物で破損した交通標識と粉々になった窓。

当局者によると、340 万世帯を超える世帯があり、そのほとんどが九州にあります。 今朝から停電の影響。

在福岡総領事館 台風ナンマドルの影響と危険地域にいるタイ人への注意喚起のお知らせ 公式ニュースを注意深くフォローしてください。 緊急の場合は、総領事館に連絡できます。 サポート番号: 090 2585 3027 および 090 9572 1515

画像:写真提供:STR/JIJI PRESS/AFP

参照:

Hino Kou

「どこにでもいる動物の友達。コーヒーマニア。腹立たしいほど謙虚なソーシャルメディア愛好家。音楽中毒者。主催者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。