国連はミャンマーの残虐行為を非難している米国とその同盟国は、法律や人権を気にしないことを強調している。

ロイター経由のMRTV/配布物

国連はミャンマーの残虐行為を非難している米国とその同盟国は、法律や人権を気にしないことを強調している。

世界は、ミャンマーでの民主化運動家の殺害を非難し続けています。 国連事務総長のアントニオ・グテーレスはこの事件を強く非難した。

国連の副スポークスマンであるファーハン・ハグは声明の中で、事務総長はすべての場合において死刑に反対していると述べた。 ミャンマーの軍事政権の残忍な行動を非難しました。 彼は、ウィンミン大統領とアウンサンスーチー国家顧問を含む拘留された囚人の即時釈放を求める請願を繰り返した。

国連人権高等弁務官のミシェル・バチェレは、世界的な訴えにもかかわらず、ミャンマー軍は基本的権利を無視してこれらの人々を処刑し続けていることに失望したとの声明で述べた。 この残忍で退行的な手続きの実行は、自国民に対する軍の継続的な弾圧の延長です。

「死刑執行は、人の生存権、自由、安全に対する残酷な違反です。 そして、裁判が公正であるという保証はありません」とバチェレは言いました。 すべての政治犯の即時釈放を要求することに加えて。 死刑の免除を復活させ、死刑の廃止につながる。

欧州連合、米国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、日本、韓国、ノルウェー、英国が共同声明を発表しました。 彼は死刑執行を非難すべき残虐行為として非難した。 さらに、ミャンマーの軍事政権が人権と法の支配を無視していることを説明します。

処刑されたビルマの過激派の家族は、死体を殺したり隠したりしたことで死刑を非難した。 彼らの家族には一言もなかったからです。 これは、ミャンマーの人々と国際社会の両方に対する敬意の欠如です。 故人の家族の1人が7月22日に彼らを訪問しました。 しかし、どちらもそれが彼らの最後の会合になるとは言われなかった。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です