国連は2年間安全保障理事会のメンバーとして日本を選びます

日本、スイス、モザンビーク、マルタ、エクアドルは、新しい非常任理事国に選出された5カ国です。 各地域の割り当てに応じて、2023年と2024年の2年間の国連安全保障理事会の。 15カ国からのメンバーとの国連総会の後、新しいメンバーを選出するために投票します。 国連安全保障理事会(UNSC)の非常任理事国として回覧され、5カ国は来年1月1日に非常任理事国としての役割を開始し、以前の非常任理事国に取って代わります。 インド、ノルウェー、ケニア、メキシコ、アイルランド。12月31日に2年間の任期を終えます。

アフリカとアジア太平洋地域では、モザンビークは合計193人のメンバーから192票を獲得し、UNSCへの歴史的な参入を初めて実現しました。 日本は、国の歴史上12回目となる184票の支持を得ました。 ラテンアメリカとカリブ海のエクアドルは国の唯一の候補です。 スイスとマルタが選ばれている間、190の支持票を獲得しました。 西ヨーロッパと他の地域では、それぞれ187票と185票を支持しています。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。