大石は「しゃぶしゃぶby大石」の事業ポートフォリオを強化し、プレミアムしゃぶしゃぶに乗り込む電車に乗ることで違いを生む。

しゃぶしゃぶやすき焼きなどの日本料理今でもタイ人に人気のメニューとされています。 その結果、大石は日本のケータリング事業のポートフォリオを強化することを決定し、高級なしゃぶ愛好家をターゲットにした「SHABUByOISHI」を立ち上げました。

最初の2つの支店、ファッションアイランド(ラミントラ)-セントラルプラザグランドラマ9から始まり、当初はオープンサービスに固定されていました。

「最近、ハイブリッド日本食レストランOISHIBIZTOROをオープンした後。 最近、大石は成長の機会を創出することに引き続き注力しています。 ポートフォリオを継続的に強化し、「SHABU By OISHI」という名前の新しい日本食レストランブランドを立ち上げ、NongnuchBuranasettakulのマネージングディレクター大石グループパブリックカンパニーリミテッドまたは大石は言った


関連ニュース:


新しいブランドは、異なるエキサイティングなひねりを加えたアラカルトメニューとセットメニューの両方を提供しています。

これは、現在、日本食が大石グループのしゃぶしゃぶとすき焼きであることを意味します。 それはからカバーします

  • プレミアムグループは、栄(SAKAE)アラカルトサービス1支店、
  • プレミアムマスグループは、Shabu By OISHI(SHABU By OISHI)、アラカルトサービス、2支店
  • マスグループはしゃぶし(しゃぶしBy OISHI)で、162店のビュッフェを提供しています。

大石は2021年から2065年の第2四半期の業績を発表したばかりです。総売上高は3,011百万バーツで、昨年の同じ四半期に比べて27.1%増加しました。 飲料事業の売上高は17億4900万バーツ(23.5%増)、食品事業の売上高は12億6200万バーツ(32.4%増)に分かれています。

純利益合計は2億6500万バーツで、前年同期から89.4%増加しました。


フォローするチャンネル 標準的な富

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。