安倍晋三:それから今まで| Buntham Rachitpinyolert

それは一緒にアジア人であることを意味することができますこれにより、日本の当局はASEAN地域の人々の意見に特別な注意を払う可能性があります。 そして、あなたが尋ねれば 経済概念 レーガノミクスであろうとタクシノミクスであろうと、現在および過去の支配者の名前をノミクスに組み込む最も一般的なタイプは何ですか?

グーグルで検索しようとすると、1回目の検索回数は以下のようになります。 アベノミクス また、アベノミクスの分野は金融政策をカバーしていると思います。 財政政策と経済構造の再設計それは他の多くのノミクススタイルのアイデアよりも広い政治的範囲を持っており、アベノミクスの概念は多くの人々によって保持される可能性が高いと思います。

ですから、安倍晋三前首相の死が議論に値する重要な出来事であることは不思議ではありません。 日本の将来の政治的および経済的影響の影響、教訓および影響。

  • 放射線 日本政府の現在の政策を考えると、
  1. 経済成長政策 これは、消費税率を低く抑え、インフレ政策の目標を2%に抑える財政・金融政策による経済刺激策で構成されており、アベノミクス政策は引き続き引き続き有効です。 米国およびアジア地域との自由貿易措置
  2. 所得の平等と富を強調する政策全国の日本人のために賃金を上げるための方策で構成されています。 特にCOVID-19に関連するセクターで。 中小企業へのさまざまな支援策を含む、すべての所得グループの人々の間での所得の分配に向けた財政および予算政策
  3. 国の安定と繁栄に最初に焦点を当てる政策 サプライチェーンの影響に敏感な産業の生産拠点を移転するための措置があります。 他国、特に中国との貿易を監視する代わりに、日本に生産拠点を設立するために戻った

日本政府の現在の政策が 安倍さんのアイデアがたくさん混ざっています。 それは経済成長に向けた政策であるか中小企業のための様々な支援策と国の安定と繁栄に焦点を当てた政策。

日本経済を米国やヨーロッパと同様の成長に戻すというアベノミクスの使命は達成されていないが、それは残っている。日本経済が世界の舞台でその地位を取り戻すことを期待します。 取り付けることもできます

アベノミクスを日本経済に導入しなければ、依存を含む日本経済の失われた10年流動性の罠とデフレ アベノミクスがまだ適用されていなかった2012年以前のように、それはまだ一般の人々の心の中にあります。

  • 政治的および経済的影響のさまざまな影響

まず第一に、長期的には日本経済は残っていると言わざるを得ません特徴特定のセグメントのニッチ市場におけるサービスおよびテクノロジーセクターただし、安倍晋三の離脱は、短中期的に打撃を与えるチャンスがあります。揮発性 次のように

日本評議会に安倍がいなかったとき 麻生太郎の元財務相の政治的極は、庶民院での投票にこれまで以上に大きな影響を与えるでしょう。この政治的極では、アベノミクスをあまり支持していません。 したがって、日本銀行や日銀のより緩和的な金融政策である可能性があります。

そのような方針を強調するアベノミクスの最初の矢印から。 岸田文雄首相はアベノミクスのファーストアローを全面的に支持しているが、集中力を低下させるはずである。

また、参議院選挙の結果、自民党が圧倒的多数で勝利した。 選挙のわずか2日前の安倍晋三前首相の死の一部は、公明党との総投票数を全体の3分の2以上にした。 彼は両方の国会議事堂の望ましい議題を通過することができ、2022年7月11日月曜日に日経225指数に約2%上昇しました。

しかし、第9条の憲法改正決議を可決することができる日本の参議院と衆議院での投票で。 平和主義憲法カテゴリー 予算と軍隊の増加について自動的にアベノミクスの最初の矢を保護する可能性または将来減少するように思われる低料金の政策と相まって。 安倍前首相の死により

岸田文雄首相を含め、平等の問題はここでのアベノミクスの最初の矢と同じくらいです。 これにより、日銀は将来、イールドカーブのコントロール政策を緩和し、将来的に主要金利を引き上げる可能性が高くなる可能性があります。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。