日本のビザを申請するチェックリストツアーで旅行する場合何を準備すればよいですか?!

日本が再び国を再開した後、世界中からの観光客を再び歓迎しました。 ツアーグループと一緒に旅行するだけでよい観光対策が調整されました。 そして、すべての観光客はビザを申請する必要があります。 この時点で、多くの人がドキュメントを準備する必要があるのか​​、それともどのように準備するのか疑問に思っています。 すべての旅行愛好家の快適さのために、P’Mushroom Mushroom Travelは、日本のビザの書類を準備するためのチェックリストを作成しました。 すでにツアーで旅行しているので、すべての書類を準備して準備しましょう。 提出する方が便利です。以下のチェックリストをご覧ください。

日本ビザ申請書類

1.パスポートは返却日から6ヶ月以上有効です。 切手用に2ページ以上の空白ページがあり、シェンゲンビザが添付された古いパスポートをお持ちの場合

2.写真サイズ2×2インチ、白い背景、鮮明な写真、編集されていない、生後6か月未満(2枚のカード)

3.ビザ申請、ビザ申請アンケート、3つの成年後見制度(キノコ旅行が提供されます)**詳細を記入する必要はありません。 パスポートのように名前に署名します

4.雇用証明書(英語のみ)

–会社の従業員または公務員の場合:役職/開始日/給与および休暇期間(1か月の書類の有効期間)を明記した証明書を関連組織に要求します。
–私的活動を行う場合:3か月以上の会社の登録証明書または商務省への商業登録を選択します。
–自営業者の場合:職業と収入を詳細に説明する手紙が必要です。
–学生の場合:教育機関からの証明書(文書の有効期間1か月)

5.声明:過去6か月間の普通預金口座で、ビザ申請日から最大30日間有効です。 銀行切手のみが必要です

6.自宅登録、本物の本、またはTorのコピーを作成する機能。 14地区または地区事務所へ

7.身分証明書のコピー

8.氏名変更証明書、結婚証明書、離婚証明書、死亡証明書など、元のステータスを示すその他の文書(該当する場合)、またはコピーを作成できます。 地区または郡の事務所で

**結婚登録がない場合は、関係を説明する手紙を英語で書く必要があります。結婚式の写真や身分証明書などの裏付けとなる書類がある場合は、大使館に添付してさらに調査することができます。

注-他の人が経費を支払う場合は、支払人から4〜8の書類を添付する必要があります。 と英語での関係を説明する手紙(スポンサーシップレター)/そして銀行からの銀行保証

すべてのドキュメントは、姓名を入力する必要があります。 **パスポートのみと同じ
書類の署名は、パスポートで署名されたものと同じである必要があります。
文書の真のコピーに署名することはできますが、文字に署名したり、取り消し線を引いたり、取り消し線を引いたりしないでください。

1〜18歳未満の旅行者の場合、次の追加の書類が必要です。

1.出生証明書のコピーまたは身分証明書のコピー

2.父親または母親が一緒に旅行している、またはまったく旅行していない場合、旅行していない人の両方子供が海外に旅行するための同意書を地区の事務所に提出する必要があります。

3. Mushroom Travel Companyから送信される3つの文書には、旅行者の父親、母親、および子供の署名が必要です。

日本のビザを申請する書類を準備するためのチェックリストをダウンロードする>> クリック
P’Mushroom Mushroom Travelで日本ツアーを予約する観光客のために、私たちのチームはコンサルティングと見積もりサービスを提供します。 提出を容易にするために日本のビザグループ訪問を申請する重要な書類を準備する必要があり、場合によっては大使館が追加の書類を要求することがあります。 ビザの処理には約5〜10日かかります。

この国の開国後に日本でツアーに行くことは追加の準備と書類の準備を必要とするかもしれませんが。 しかし、あなたが到着したとき、あなたは楽しい旅行が保証されます。 美しい景色を眺めながら出発日本ではもちろん、日本ツアーに行って忘れてください。

Yamauchi Haruki

「フードプラクティショナー。情熱的な音楽ファン。認定された問題解決者。コミュニケーターになりたい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。