日本の小郡町では、野生のサルを狩り、生後10か月の子供を含む20人以上の村人を負傷させています。

日本の小郡町では、野生のサルを狩り、生後10か月の子供を含む20人以上の村人を負傷させています。

ニュースをフォロー、フォローをタップ、ライブニュース

7月20日 CNN 小郡の政策福岡県では、日本の九州の島で、彼らは彼らを怖がらせるために来た野生のサルを狩ります。 さまざまな家に侵入した後、住民を噛んだり引っ掻いたりした

野生の猿

小郡市は7月8日から約20人の村人が襲撃されたと述べた。 それらのほとんどは軽傷を負った。 最年少の犠牲者である生後10か月の少女は、片足をひっかかれました。 猿が1階の網戸から家に入った後。

NHKテレビは、火曜日の夜、サルが小学校を襲撃し、片方の腕と両手で10歳の少年を噛み、その後、他の2人を攻撃したと報じました。7月19日火曜日の夜と7月20日水曜日の朝、60代の女性と当時、80歳の子供は両方とも外にいました。

NHKは、同じ猿が家の前でドライクリーニングをしている男性も攻撃したと報告した。 そして、網戸を開けて窓から別の家に這い入った家の女性が、兄弟である2人の幼児の男の子を攻撃しました。

野生の猿

当局はサルの種を確認していませんが、この地域にはマカクが生息しているとのことです。 ニホンザルとしても知られています。 マカクは日本の多くの地域の公園で見られます。 多くの場合、訪問者から食べ物を追いかけます

警察はこの地域のパトロールを増やし、住民に窓を閉めるように促している。 作戦はマカクを狩り続けます。

小郡市役所のスポークスマンは、「小郡のほとんどは人が住んでおり、野生のサルが人を攻撃することは非常にまれです。

関連ニュース:
インドは投獄されました! サルは犬によってLukChoを殺したことに対する報復として250匹の犬を落としました。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。